REANIMATOR

REANIMATOR

Created using Figma
Created using Figma

最後の更新

2018/05/05

ブロックシネマの新時代 REANIMATORチームは、CRYPTOMOVIEと呼ばれる画期的なボックスオフィスプラットフォームを構築しています。これは、最初にブロックチェイン技術を世界の映画業界に導入し、興行収入詐欺を排除します。 CRYPTOMOVIEプラットフォームは完全に透過的であり、オンラインおよびオフライン映画のチケット販売の既存のサービスに比べて多くの利点があります。 私たちの目標は、仲介者を排除し、CRYPTOMOVIEプラットフォームを映画業界のすべてのビジネスに簡単に利用できるようにすることです。 CRYPTOMOVIEアプリでは、世界中のすべての映画や映画館のチケットをRNMトークンや金額を払って購入することができます。 CRYPTOMOVIEは、映画制作会社と一般市民が、国、都市、および映画館チェーンで評価された映画の販売枚数を監視できるようにします。
リスク:高
2018/06/05
2018/09/05
100% 完成した
$224 000
硬質キャップ
キャップ
22% キャップ 完成した
キャップ 980 000.00 USD
硬質キャップ 1 960 000.00 USD
past
ICO SALE LAST ROUND
5月, 2018
6月, 2018
100% 完成した
$1 000 000
ゴール
キャップ
100% ゴール 完成した
ゴール 1 000 000.00 USD
キャップ 100 000.00 USD
past
  • 1 RNM
    =
    0.2 USD
トークンの詳細
ティッカー
RNM
会社の詳細
登録国
Russia
追加の詳細
プラットフォーム
Ethereum
カテゴリー
メディア

約 REANIMATOR

12年間の映画製作と配信の経験と、プロの開発チームとブロックチェーンのスペシャリストが、既存のライバルよりもはるかに優れた革新的なプラットフォームを作り上げるのに役立ちます。 CRYPTOMOVIEのベータ版をテストするために、2017年11月〜12月に事前販売中に調達した資金を使用して、LAMの映画会社が制作したオリジナルのSFフィルムrnrを使用します。

制作は本格的で、映画は2018年にリリースされる予定です。CRYPTOMOVIEプラットフォームの効率性をテストする以外に、ロンドンのILMスタジオの礼儀正しいプロット・ツイストと驚くべき特殊効果が含まれますスターウォーズとアイアンマンのフランチャイズを担当していました。

特徴

エストニアのヘッジファンドCRISSEは、REANIMATOR ICOとCRYPTOMOVIEブロックチェーンプラットフォームの開発を担当しています。 CRISSEによると、ロシアの映画制作会社のLAMは、EUの12の映画館でCRYPTOMOVIE MVPをテストし、中国の国営企業China Filmに5年間のライセンスを販売するためにSF SFスリラーのREANIMATORを制作する予定ですグループ。脚本はAlan Klaudisによって書かれ、Ruslan Magomadovは指揮をとる。

技術情報

Within the CRYPTOMOVIE platform, the system's own token  RNM - will serve as the only means of payment. Moviegoers will be able to purchase RNM tokens on the platform using the in-built instant digital currency exchange API offering the best available rates. RNM tokens will also be available at digital exchanges, and users will be able to transfer them directly into their individual CRYPTOMOVIE wallets in their user accounts on the platform. For those users who are not yet familiar with cryptocurrencies, there will be an easy option to buy RNM with fiat money through an outside service offering free market rates. 

Tickets for any film will be available for purchase online for RNM tokens:

  1. a) at the CRYPTOMOVIE website with payment in RNM
  2. b) via the CRYPTOMOVIE mobile app with payment in RNM, by credit card, or using an electronic wallet.

For each movie ticket purchase paid for with RNM, the buyer will be rewarded with RNM tokens, which can be exchanged for fiat money at digital exchanges or used to buy more movie tickets.

 Whenever a user chooses to buy cinema tickets for fiat cash directly at a cinema,  the online CRYPTOMOVIE system (integrated with the API of the cinema's ticket counter) will automatically record the transaction data (including the price, date, movie title, and cinema name) on the film's unique blockchain address. This way, all the date on the number and price of sold tickets will be permanently stored on the CRYPTOMOVIE blockchain without any risk of falsification.

Whenever a user purchases a movie ticket online paying with RNM, CRYPTOMOVIE will automatically transmit the transaction information using an encrypted channel to the online data center of the movie theater in question, where the user can choose to obtain a classic paper ticket by presenting the QR code or simply show the QR code upon entering. 

In case of large queues at the ticket counter or when paying for tickets with RNM is not possible, customers will be able to used dedicated ticket terminals installed in cinemas, paying with RNM or fiat money. Such terminals will be installed by the movie theater management or by independent entrepreneurs in exchange for a 0.1% fee on each ticket sale.

Here is a brief summary: information on the number of sold tickets for each film becomes impossible  to falsify, since it is stored on the CRYPTOMOVIE blockchain platform. Thus, the owners of distribution rights for the film are protected from fraud and can be sure to receive a revenue that exactly corresponds to the actual number of sold tickets (in accordance with the revenue sharing agreements signed with each cinema chain).

 The release of REANIMATOR is planned for December 2018 in Russia, the CIS, Europe, and China. The MVP ticket sale system using the CRYPTOMOVIE technology will be tested during pilot showings of REANIMATOR in 12 EU cinemas in May 2019.

%name%ロードマップ

  • RoadMap ICO REANIMATOR

  • https://reanimator.io/roadmap

アクティビティ

REANIMATOR チーム

検証済み 33%

注意。確認されていないメンバーは実際にチームのメンバーではないというリスクがあります

Sergey Petriga
Lead cinematographer
未確認
Alan Klaudis
Screenwriter, producer, president of the CRISSE He...
検証済み

2 ICO

$1 224 000

Vsevolod Lukovsky
Head of the CRYPTOMOVIE development department.
未確認

元メンバー

Ruslan Magomadov
Director
3.32
risky+
5.0 10
ICO プロフィール ビジョン アクティビティ 潜在的な 製品 チーム
  • 情報の更新には時差がある可能性があるため、各ICOプロジェクトに関する正確な情報は、公式Webサイトまたはその他の通信チャネルを通じて検証する必要があります。
  • この情報は、ICO資金への投資に関する提案やアドバイスではありません。関連情報を自分で徹底的に調査し、ICOの参加を決定してください。
  • このコンテンツに関して修正すべき問題や問題があると思われる場合、またはご自身のICOプロジェクトをリストに載せたい場合は、電子メールでご連絡ください。
免責事項とリスクに関する警告をお読みください。 免責事項とリスクの警告を表示します。
    

免責事項&リスクの警告     

このオファーは、オファーと他の一般に公開されている情報によってのみ提供される情報に基づいています。トークンの販売または交換のイベントは、ICOholderとは全く無関係であり、ICOholderはそれに関与していません(技術サポートやプロモーションを含む)。 ICOholderとの関係がない人物からのトークンの売り上げは、顧客が全体のトークンセクター内で行われている活動を追跡するのを助けるためにのみ表示されます。この情報は、あなたが頼りにするべきアドバイスにはなりません。弊社サイトのコンテンツに基づいて、行動を取る、または控える前に、プロフェッショナルまたはスペシャリストの助言を得るか、またはお客様のデューデリジェンスを実施する必要があります。トークンの取得に関してコントリビュータによって入力された条件は、トークンの発行者とトークンの発行者であり、ICOholderはそのようなトークンの販売者ではありません。 ICOholderは、トークンの販売に関して第三者が行ったいかなる表明についても法的責任を負いません。また、契約違反の申し立ては、ここに記載されたトークン発行会社に対して直接行われなければなりません。     

このトークン販売の性質、妥当性または合法性について懸念がある場合は、 [email protected] までご連絡ください。あなたの懸念事項に関する詳細情報と一緒に。

Planning an ICO? We can help with a wide range of support for all stages of your ICO