NEAR Protocol

NEAR Protocol

Created using Figma
Created using Figma
ローエンドデバイスをターゲットとする分散コンピューティングプラットフォーム。 NEARは、モバイルデバイスでのシームレスな主流の使用とのギャップを埋めるのに十分な速さでdAppをサポートする、スケーラビリティの高い基本プロトコルです。
To be announced
追加の詳細
カテゴリー
プラットフォーム

約 NEAR Protocol

NEARプロトコルは、モバイル業界初の現代世界、業界で実績のあるシャーディング設計、およびエンドユーザーと開発者の経験に対する優先順位をまとめたものです。何百万ものモバイルデバイスをネットワークに接続し、合意を実行するための証人を選択する新しい方法(「Thresholded Proof of Stake」と呼ばれる)を使用することで、NEARははるかに分散したブロックチェーンを実現します。

このプロトコルは、ネットワークの状態とトランザクションの処理の両方を断片化し、ノード数に応じて容量を直線的に増やし、分散型アプリケーションに将来性のあるプラットフォームを提供します。現在、他のプロトコル上に分散型アプリケーションを構築している早期導入者もいますが、非常に小さなコミュニティです。

市場投入戦略は、現在これらのアプリケーションを構築しておらず、現在のプラットフォームの問題点に直接対処することによって、ブロックチェーンプラットフォームの可能性に気付いていない開発者を追いかけることです。     ;           
1.ビジネスモデル大企業は市場を独占しており、新規参入企業のビジネスモデルを制限しています。             
2.プラットフォームリスク。 TwitterとFacebookは以前にプラットフォームを閉鎖した。 Google CloudとAWSはサービスを拒否したか、競合する製品を発表しました。他のプラットフォームは大企業に買収され、閉鎖されています。      
  3データの責任GDPRのような規制と継続的なハッキングの脅威は、顧客とユーザーのデータの保護を責任とします。   
4.スケーリングと可用性。多くのプラットフォームはアプリケーションをスケールアップするためのサービスを提供しますが、それらはまだ構成が複雑で、使用法が透過的ではありません。        

歴史的に、最も成功している開発者プラットフォームはエンドユーザーとつながるチャンネルも提供してきました。現在のブロックチェーンソリューションは、ユーザーが自分たちの時間を費やすところでネイティブに運営されていないため、ユーザー獲得チャネルを提供する能力が非常に限られています。 moでネイティブに実行されるため、NEARプロトコル

特徴

将来性のあるプロトコルは、状態と処理の両方を断片化しなければなりません。プラットフォームを大幅に採用すると、チェーン上のすべての情報を保存したり(すべての履歴を除けば)、すべてのトランザクションを検証したりすることができるマシンは1つもなくなります。ブロックチェーンコミュニティでの最近のシャーディング研究の多くは、トランザクションをシャード内カテゴリとクロスシャードカテゴリに分離し、前者を最適化し、後者をはるかに遅い解決策を提供します。 NEARプロトコルは、トランザクションがデフォルトで複数の断片に接触することを前提としています。これは任意のスマートコントラクトにとって一般的な動作です。 NEARプロトコルは、一連のマップ/シャッフルステップとしてトランザクションを効果的に実行し、マップが多数のノードで並列に処理され、シャッフルステップがシャード間でトランザクションを移動させることによって、Map Reduceと同様のアプローチを使用します。たとえば、大量の支払いを処理するスマートコントラクトでは、最初にすべてのアカウントの借方を1回の並列マップステップで借方に記入し、次にネットワーク全体で適用する必要があるクレジットに関する情報をシャッフルし、マップステップ非常にエンジニアリングが複雑であるために実際の実装は非常に少ないものの、map、shuffle、およびreduce操作を介して効果的なアトミッククロスシャードトランザクションを実行することは、よく研究されているトピックです。 MemSQLは、実稼働環境において、アグリゲーターノードごとにシャッフルを使用して、何千ものアトミッククロスシャードトランザクションを継続的に提供します。チームの初期の中核的なMemSQLエンジニア3人を持つことは、アトミッククロスシャードマップの実用的な実装を構築することをNEARにユニークに位置付け、規模の小さいトランザクション

アクティビティ

フォロワー:
25 346
VERY HIGH
ツイート:
1 767
VERY HIGH
偽のユーザーが検出された:
2.00%
30日間の成長:
873
アレクサ

ランク:
246 304
HIGH
デルタ:
-149 847

NEAR Protocol チーム

検証済み 0%

注意。確認されていないメンバーは実際にチームのメンバーではないというリスクがあります

Alexander Skidanov
Team Member
未確認
Illia Polosukhin
Team Member
未確認
Evgeny Kuzyakov
Team Member
未確認
Dr Maksym Zavershyns...
Team Member
未確認
David “Pieguy” Stolp
Team Member
未確認
Bowen Wang
Team Member
未確認
Erik Trautman
Team Member
未確認
Aliaksandr Hudzilin
Team Member
未確認
N/A
5.0 8
ICO プロフィール ビジョン アクティビティ 潜在的な 製品 チーム

%name%レビュー

Crypto Calibur
76
Near Protocol can be seen as a potentially promising project. The product itself is especially interesting due to the fact that it targets a big market segment of low-end devices (such as mobile phones). These low-end devices have not received much attention of prior projects up until now, and thus Near Protocol is seeing an opportunity in the space. Moreover, it aims to tackle the common problems of scalability and decentralization in the space to be capable of creating an environment in which dApps can be run by low-end devices.
Near Protocol is an infrastructure project and competitor benchmark valuations are quite high which might indicate an attractive return on investment if the project is seeking for a reasonable fundraising amount. Unfortunately not all key information is given at this stage, and thus it is not able to evaluate the projects’ business model and the token sale details.
In regards of the proposed technology, the project is claiming to provide a better sharding solution than Ziliqa (more here) while simultaneously having a ledger that is more decentralized due to mobile devices as network nodes. Up until now unfortunately no code has been publicized nor technical papers published in which all of this has been outlined. The development roadmap has also been constructed very ambitiously if one compares it to other projects in the space. This ambition comes probably from a very talented team of software engineers with extensive career histories at top companies and various achievements. Blockchain development has not been their main focus over the last years, but they have been working already on sharding solutions for MemSQL, which is used by big companies like Goldman Sachs, Uber, Comcast and many others.In conclusion, the Near Protocol project is definitely one to keep an eye on. As additional information are going to be released in the future, one will be able to evaluate the project better from an investment perspective. It will also be interesting to see if the team can indeed catch up with the ambitious roadmap and if business & marketing matters will not come too short. A team full of developers might be beneficial for the tech but can simultaneously be disadvantageous for the general project since other areas such as business development, marketing and community development are in danger to be neglected.
続きを読む
GAGARIN
続きを読む
TL;DR
88
What I like:
What I dislike:
Overall, I love it. An award winning team came up with a sharding solution which on paper looks comparable to Ethereum 2.0, raised $12 million and already have a public testnet – pretty impressive. There’s still a lot of work ahead of the team, which is yet to put out a proper whitepaper, release a roadmap, information about a public sale, ecosystem partners, detailed plans for adoption and so on.
But they do have a very well funded team of smart people that are constantly releasing new code and engaging the developer community. With the mainnet scheduled by end of this year, they will be ahead of Ethereum 2.0 and neck to neck with their competition. Exciting times ahead, I will keep my eyes on this one.
続きを読む
  • 情報の更新には時差がある可能性があるため、各ICOプロジェクトに関する正確な情報は、公式Webサイトまたはその他の通信チャネルを通じて検証する必要があります。
  • この情報は、ICO資金への投資に関する提案やアドバイスではありません。関連情報を自分で徹底的に調査し、ICOの参加を決定してください。
  • このコンテンツに関して修正すべき問題や問題があると思われる場合、またはご自身のICOプロジェクトをリストに載せたい場合は、電子メールでご連絡ください。
免責事項とリスクに関する警告をお読みください。 免責事項とリスクの警告を表示します。
    

免責事項&リスクの警告     

このオファーは、オファーと他の一般に公開されている情報によってのみ提供される情報に基づいています。トークンの販売または交換のイベントは、ICOholderとは全く無関係であり、ICOholderはそれに関与していません(技術サポートやプロモーションを含む)。 ICOholderとの関係がない人物からのトークンの売り上げは、顧客が全体のトークンセクター内で行われている活動を追跡するのを助けるためにのみ表示されます。この情報は、あなたが頼りにするべきアドバイスにはなりません。弊社サイトのコンテンツに基づいて、行動を取る、または控える前に、プロフェッショナルまたはスペシャリストの助言を得るか、またはお客様のデューデリジェンスを実施する必要があります。トークンの取得に関してコントリビュータによって入力された条件は、トークンの発行者とトークンの発行者であり、ICOholderはそのようなトークンの販売者ではありません。 ICOholderは、トークンの販売に関して第三者が行ったいかなる表明についても法的責任を負いません。また、契約違反の申し立ては、ここに記載されたトークン発行会社に対して直接行われなければなりません。     

このトークン販売の性質、妥当性または合法性について懸念がある場合は、 [email protected] までご連絡ください。あなたの懸念事項に関する詳細情報と一緒に。

Planning an ICO? We can help with a wide range of support for all stages of your ICO