ViMarket

ViMarket

Created using Figma
Created using Figma

最後の更新

2018/01/24

ViMarketは、ユーザーが仮想現実(VR)体験を作成して共有できる3Dマーケットプレイスで、グローバルな電子商取引のエコシステムで必要とされる画期的な進歩を約束します。 ViMarketが利用しているVR技術は、オンラインゲームで利用され、インターネットに接続されたデバイスのいずれかから購入しながら、買い物客に前例のない自信と価値を提供します。 ViMarketは独自のエディタを使用して、プロフェッショナルな経験やトレーニングに関係なく、インタラクティブで実写的なVRシミュレーションを作成することができます。現在、ViMarketの主な焦点は不動産と内装の分野です。しかし、まもなく、ファッション、自動車、そして最終的にはすべての電子商取引分野を含むことが期待されています。
リスク:高
ICO
2018/02/14
2018/03/19
100% 完成した
資金調達 - データなし
116
キャップ 250 000 000.00 USD
past
  • 1 VIT
    =
    1 USD
Pre-ICO
2018/01/09
2018/02/13
100% 完成した
資金調達 - データなし
116
キャップ 250 000 000.00 USD
past
  • 1 VIT
    =
    1 USD
Pre-Sale
2017/11/27
2018/01/07
100% 完成した
資金調達 - データなし
116
キャップ 250 000 000.00 USD
past
  • 1 VIT
    =
    1 USD
トークンの詳細
許容通貨
ETH
会社の詳細
登録国
United Kingdom
追加の詳細
プラットフォーム
Ethereum
カテゴリー
プラットフォーム, エンターテインメント, 小売

約 ViMarket

ViMarketについて

ViMarketとその小売マーケティングの混乱!

ViMarket UK Ltdは、特殊なサービス会社として、3Dコンテンツ制作、仮想、拡張現実感、人工知能、機械学習における高度な技術の進歩を探究した結果です。 ViMarketは、StationとCitizen Builderツールを使用して、従来の2D小売りブラウジング体験を臨場感あふれるVRに変えることで、人類の購買意思決定と抱負を視覚化します。世界の消費者小売業の将来についての私たちの洞察は、ウィッシュリストの仮想化とショッピングカート放棄の挑戦を攻撃しながら、商人スポンサーへの関与と露出を最大限にし、年間損失は6.4兆ドルとなります。

特徴

ViMarketのデジタル通貨であるViTokensを使用すると、現実の納品を受ける前に仮想所有権を体験することができます。

%name%ロードマップ

  • 2015年1月

  • VIMarketはロンドンに設立されました。
  • 2015年3月

  • #W3DC - 3Dコンテンツの作成、キャプチャ、およびクラウドソースによる開発への最初の実験。
  • 2015年8月

  • Games Developer Conferenceで世界初の世界的な開発者の挑戦を成功させた後、5000人の3D開発者のコ​​ミュニティを獲得しました。
  • 2016年1月

  • 開発者の挑戦に基づいて設計された開発者およびマーケティング関連会社の大使プログラムを開始しました。
  • 続きを読む
  • 2016年8月

  • 5,000人のユーザーモデリングコミュニティの3Dエディタツールを起動し、Merchant Partnersの3Dオブジェクトを作成してレンダリングしました。
  • 2017年1月

  • ViMarketビジネスの技術的および商業的実現可能性と、ViTokenおよびブロックチェーン開発の存続可能性を含む関連技術リスクの実現可能性調査を開始しました。
  • 2017年2月

  • VIMarketは駅ビルダー開発を開始します。
  • 2017年6月

  • フィージビリティスタディを完了し、デベロッパー、マーチャント、消費者ロードマップを含むViMarketの3年間の製品開発ロードマップと投資ロードマップを開始する。
  • 2017年8月

  • 40万人の3Dモデラーコミュニティ。 ViMarketは、ステーションビルダー、ルーム構成ソフトウェアのアルファフェーズの完了により、商業化計画を開始します。
  • 2017年10月

  • VITokenの販売は、友人や家族の日付、事前販売、ICOで発表されました。
  • 2017年11月

  • フェーズ2 VIMarketはViTokenのPre-ICOを開始します。
  • 2017年12月

  • フェーズ3 VIMarket ICO。
  • 2018年

  • 駅、国家、およびビワレレットの発射。その後のICO。

アクティビティ

アクティビティ:
518
VERY HIGH
値する:
252
HIGH
投稿:
844
HIGH
ビュー:
8 981
HIGH
ユーザー:
247
MEDIUM

ViMarket チーム

検証済み 14%

注意。確認されていないメンバーは実際にチームのメンバーではないというリスクがあります

Prudence McNellis
Marketing Visionary
未確認
Guy Robert
Technical Visionary
未確認
Laurent Velazquez
Creative Visionary
未確認
Richard Westbrook
Development Visionary
検証済み
Simeon Mladenov
Development Visionary
未確認
Kseniia Ovchynnykova
Community Visionary
未確認
Sergey Kuznetov
Development Visionary
未確認

顧問

検証済み 0%

注意。確認されていないメンバーは実際にチームのメンバーではないというリスクがあります

54 ICOs

$325 664 333

David Drake
Founder - LDJ Capital Inc
未確認
Will Fang
Advisor
未確認
Joe Daniels
Advisor
未確認
Matt Hagger
Advisor
未確認
Keith Kaplan
Advisor
未確認

4 ICO

$22 500 000

Feroz Sanaulla
Advisor
未確認
Younghoon Lee
Advisor
未確認

ViMarket インタビュー

Richard Westbrook
As a team member, сan you tell us about your role in the project? What do you think about idea? Thank you!)
I'm involved in defining processes and technical roadmaps for ViMarket. I have extensive experience with the development of 3D products, previously being part of a team that developed and ran the World’s first 3D developer challenge at GDC.
3.08
risky+
5.0 7
ICO プロフィール ビジョン アクティビティ 潜在的な 製品 チーム

%name%レビュー

Samson Owiti
Cryptotrader, Crypto investor, Blockchain business expert

This is a propriety technology that enables the community of citizens to create their own lives virtually through the purchase of virtual 3D assets.

PROS:
1. Technology oriented as it utilizes new technology through the creation of immersive
experiences
2. Allows the users to create and share virtual reality(VR) experience using any device that is
connected to internet hence easy to use
3. The Ethereum based VI Token enables the consumers to acquire virtual goods and services from
VI market
4. The ecosystem created enables the customers to visualize their lives and aspirations
5. High professional team
6. Detailed whitepaper

CONS:
1. Lack of proper contact between the merchants and the customers
2. The promotional channels missing
3. The VI Token exchange with other crypto currencies is not well elaborated

SUGGESTIONS:
1. Allow for the exchange of the crypto currencies with other local currencies to encourage even
the local citizens
2. The users contact is minimal. Create an easy channel where the users can easily access the
available goods
3. Clearly highlight the promotional channels of the goods and services to fasten the customers
decision making

NOTE:
The technological advancement aided by ICO has led in the prosperity of different project through the
use of the crypto currencies. I would like to invest in this project as it is backed up by ICO geared
towards easening the way citizens can acquire beneficial assets at a reduced cost

続きを読む
icoscoring.com
ICO review website

High-level competition on the market by leading technology companies - despite the fact that there are no ViMarket analogues yet, the market players have all the resources for replicating such business model, if its market acceptance will be fully confirmed. It should be noted that there are a lot of strong players in each target segment of ViMarket: Houzz in interior design, mark.space and inVRsion in e-commerce. Currently, there are no confirmed agreements with potential clients.

Most solutions are only conceptually developed, i.e. there is no MVP. To the number of functioning, services can be attributed only ViMarket editor. The concept of the product is rather unintuitive, there is a need to work on integrating the service into the existing Internet space in order to make the transition to the platform logical for the user. The product development roadmap is devoid of useful information and noted timelines are stretched over a long period of time. There's no competitive landscape analysis in WP. There is a risk that it will not be possible to establish relations with corporate clients, who by their presence on the platform create the bulk of the value of the service. Use of blockchain technology doesn't have any positive impact on operational and economic components of the project. ViMarket will be launching their own proprietary and secure exchange. There is no mechanism for returning funds to investors. The company does not provide any forecasts of its financial activities (estimating revenue, net income and free cash flow for future periods) The system of huge discounts (30-60%) to the base token price creates a risk of premature exit from the investment of a significant part of the investors (especially those who entered the project at the stage of open preliminary sales) and, as a result, the risk of token price collapse. Judging by the hard cap, the potential size of this ICO round seems to be too high relative to the size of comparable venture capital transactions in the early stages of project development: according to the Pitchbook report, the median size of the Round A rounds in the US venture market in the end of 2017 promises to be 6 million USD. Apparently, the project had no experience of attracting the funds of "qualified" venture investors.

The absence among the team members of a sufficient number of specialists with experience in blockchain development. Team remenuration (16% of the tokens.) should Not Be Linked to KPIs Performance. Team has been developing ViMarket since 2015, but couldn't achieve stable traction and raised venture capital for the next stage of development (Round A).

続きを読む
icotokennews.com
reviews

From the facts that have been shared through the company’s whitepaper and from its novel concept, this 3D asset marketplace ticks all the right boxes to become a rock-solid investment. The company’s team has done a good amount of planning and has rich experience under its belt. Further, there are no red flags as such and the entire investment plan looks so promising.

Because of this, it is possibly a great idea to get some VIC tokens before the sale ends. If, however, you have a few doubts regarding how the value of this token will move in the coming time, then it makes sense to go through ViMarket’s whitepaper without wasting any more time.

続きを読む
bitcoinexchangeguide.com
reviews

Vimarket seems like a very solid investment. The company has a good planning and already has some experience. There are no visible red flags and it looks like your investment will generate profits with time. Because of this, it could be a good idea to invest in this company.

If you are still unsure, be sure to read the whitepaper of the company to know more details before you invest to be sure that you are making the best possible investment before deciding how to act about the Vimarket’s ICO

続きを読む
  • 情報の更新には時差がある可能性があるため、各ICOプロジェクトに関する正確な情報は、公式Webサイトまたはその他の通信チャネルを通じて検証する必要があります。
  • この情報は、ICO資金への投資に関する提案やアドバイスではありません。関連情報を自分で徹底的に調査し、ICOの参加を決定してください。
  • このコンテンツに関して修正すべき問題や問題があると思われる場合、またはご自身のICOプロジェクトをリストに載せたい場合は、電子メールでご連絡ください。
免責事項とリスクに関する警告をお読みください。 免責事項とリスクの警告を表示します。
    

免責事項&リスクの警告     

このオファーは、オファーと他の一般に公開されている情報によってのみ提供される情報に基づいています。トークンの販売または交換のイベントは、ICOholderとは全く無関係であり、ICOholderはそれに関与していません(技術サポートやプロモーションを含む)。 ICOholderとの関係がない人物からのトークンの売り上げは、顧客が全体のトークンセクター内で行われている活動を追跡するのを助けるためにのみ表示されます。この情報は、あなたが頼りにするべきアドバイスにはなりません。弊社サイトのコンテンツに基づいて、行動を取る、または控える前に、プロフェッショナルまたはスペシャリストの助言を得るか、またはお客様のデューデリジェンスを実施する必要があります。トークンの取得に関してコントリビュータによって入力された条件は、トークンの発行者とトークンの発行者であり、ICOholderはそのようなトークンの販売者ではありません。 ICOholderは、トークンの販売に関して第三者が行ったいかなる表明についても法的責任を負いません。また、契約違反の申し立ては、ここに記載されたトークン発行会社に対して直接行われなければなりません。     

このトークン販売の性質、妥当性または合法性について懸念がある場合は、 [email protected] までご連絡ください。あなたの懸念事項に関する詳細情報と一緒に。

Planning an ICO? We can help with a wide range of support for all stages of your ICO