SmartCams

SmartCams

Created using Figma
Created using Figma
smartcamsプロジェクトは、金融分野の最先端技術と、ビデオ監視およびビデオ分析システムの世界市場における科学主導型および高需要型製品の製造を組み合わせたものです。 smartcamsプロジェクトの根底にあるのは、現在5年間その製品を販売している既存の成功した会社です。トークンセールスの目的は、既存の生産を拡大し、新製品を開発するための資金を集めることです。
ICO
2019/02/15
2019/03/14
100% 完成した
資金調達 - データなし
past
Pre Sale
2019/01/15
2019/02/14
100% 完成した
資金調達 - データなし
past
トークンの詳細
ティッカー
SMCT
トークン配布
• 10% — Bonuses at early stages
• 10%- Will be the team’s share that will be freezed
for a period of one year. The team is motivated
towards increasing the token value and
successfully implementing the project. So, token
holders and the team share the same interests.
• 10% — Will go into the project’s reserve
fund. The funds will be used to maintain the
token liquidity, protect against token price
manipulation and unforeseen expenses.
• 5% — Will be used for bounty rewards
• 65% — Goes to token holders.
追加の詳細
カテゴリー
プラットフォーム

約 SmartCams

Video analytics is a technology that uses computer vision techniques to automatically obtain various data based on analysis of the sequence of images coming from video cameras in real time or from archival records. In the world today, video analytics is in the stage of active global development. Computing power is rapidly growing and becoming cheaper. This has opened new opportunities for video content processing technologies. It is becoming ever easier to use more complex algorithms and neural networks for recognition of patterns or even entire chains of actions. Video analytics tools are used not only in the field of security but also in marketing. Marketing specialists now have new tools to measure customer loyalty. Video surveillance systems can be useful in counting the number of visitors, analyzing their movement in the store, identifying customer interests in shop windows and goods, determining the length of queues at ticket offices, etc. The next stage of development will be identification of customers through analysis of video data received from a CCTV system. This would enable sellers make personal offers to their customers and analyze their behavior. Application of the described systems will make shop to work more efficiently.

The SmartCams team plans to use the funds raised to expand its existing production and R&D (research and development) unit to achieve higher production of new products. The tokens issued through crowdfunding will be used as coupons granting the holders the right to obtain licenses to expand the functionalities of SmartCams products. Video image analyzing systems are very popular. However, they are available only to major companies and government agencies due to high cost. There are no complex solutions in the market that are available to small businesses — solutions that combine both security and analytical functions. Today, cost optimization and a deeper understanding of customer needs have become business priorities. That is why the development of a cheap, boxed retail solution that solves this problem has become a pressing issue.

SmartCams market strategy is based on two marketing approaches – «Unique Selling Proposal» and «Better at same price». Newly developed innovative products are positioned as a Unique Selling Proposition (USP). Current highdemand products are sold at the level of prices and conditions that are similar to competitive products, while the quality of the product is higher. The high quality is due to the high level of elaboration, execution and functionality of products in comparison with the current offers from Asian manufacturers that are dominating the market. These quality criteria have been confirmed by marketing research.

The project team includes experts with over 10 years of experience in the video surveillance and video analytics industry. The team has developed and implemented more than 100 security systems in the real sector. Our customers include both the private and the government sectors. The team brings to the industry a solid understanding of the technical and marketing component of the video surveillance market.

特徴

- smartcamsプロジェクトの根底にあるのは、5年間その製品を販売している既存の成功した会社です。 

- SmartCams製品ポートフォリオは多様化しています

- プロジェクトチームには、ビデオ監視およびビデオ分析業界で10年以上の経験を持つ専門家が含まれています。

技術情報

トークンは、SmartCams製品の機能を拡張するためにライセンスを購入する権利を所有者に与えるクーポンです。ライセンスの数、したがってトークンは制限されています。プロジェクトが実施された後、トークンはSmartCamsライセンスの権利を取得する唯一の手段として機能します。エンドユーザーがライセンスを取得すると、同額のトークンが現在の価格でトークン所有者から交換され、焼かれます。

アクティビティ

SmartCams チーム

検証済み 0%

注意。確認されていないメンバーは実際にチームのメンバーではないというリスクがあります

Evgeniy Petrov
CEO / Founder
未確認
N/A
5.0 9
ICO プロフィール ビジョン アクティビティ 潜在的な 製品 チーム
  • 情報の更新には時差がある可能性があるため、各ICOプロジェクトに関する正確な情報は、公式Webサイトまたはその他の通信チャネルを通じて検証する必要があります。
  • この情報は、ICO資金への投資に関する提案やアドバイスではありません。関連情報を自分で徹底的に調査し、ICOの参加を決定してください。
  • このコンテンツに関して修正すべき問題や問題があると思われる場合、またはご自身のICOプロジェクトをリストに載せたい場合は、電子メールでご連絡ください。
免責事項とリスクに関する警告をお読みください。 免責事項とリスクの警告を表示します。
    

免責事項&リスクの警告     

このオファーは、オファーと他の一般に公開されている情報によってのみ提供される情報に基づいています。トークンの販売または交換のイベントは、ICOholderとは全く無関係であり、ICOholderはそれに関与していません(技術サポートやプロモーションを含む)。 ICOholderとの関係がない人物からのトークンの売り上げは、顧客が全体のトークンセクター内で行われている活動を追跡するのを助けるためにのみ表示されます。この情報は、あなたが頼りにするべきアドバイスにはなりません。弊社サイトのコンテンツに基づいて、行動を取る、または控える前に、プロフェッショナルまたはスペシャリストの助言を得るか、またはお客様のデューデリジェンスを実施する必要があります。トークンの取得に関してコントリビュータによって入力された条件は、トークンの発行者とトークンの発行者であり、ICOholderはそのようなトークンの販売者ではありません。 ICOholderは、トークンの販売に関して第三者が行ったいかなる表明についても法的責任を負いません。また、契約違反の申し立ては、ここに記載されたトークン発行会社に対して直接行われなければなりません。     

このトークン販売の性質、妥当性または合法性について懸念がある場合は、 [email protected] までご連絡ください。あなたの懸念事項に関する詳細情報と一緒に。

Planning an ICO? We can help with a wide range of support for all stages of your ICO