OmegaOne

OmegaOne

Created using Figma
Created using Figma
オメガワンは、これらのサービスへのアクセスを提供するために、Ethereumトークン(「OMT」)の周りに構築された暗号経済モデルを使用し、OMTのより高い残高が優先流動性処理および割引取引へのアクセスを可能にする。
リスク:高
Token Sale
8月, 2018
9月, 2018
100% 完成した
資金調達 - データなし
ゴール 116 600 000.00 USD
past
トークンの詳細
ティッカー
OMT
会社の詳細
登録国
United States
追加の詳細
KYC
はい
カテゴリー
プラットフォーム

約 OmegaOne

オメガワンについて

ブロックチェーンには、安全で効率的、分散化されたデジタルネイティブのグローバル金融システムが生まれています。それは世界的な力の動力学を再構築し、そして明日の世界に根本的に影響を与えるでしょう。私たちの使命は、この新しい金融システムの誕生を促進し、それを公益のために形作ることです。

信頼と安全を生み出すために中央集権的な権力を必要とせずに純粋なデジタル空間で不足を生み出すという問題を解決することによって、ブロックチェーンは、より透明で効率的な金融業界のほとんどの機能を自動化する価値の分散市場を可能にしましたそして安全な方法。 Omega Oneは、これらのネイティブデジタル資産市場の投資アーキテクチャを構築し、新しい金融システムの基盤としての存続可能性を向上させ、その新しいシステムをより良い社会的成果に向けて形作るのに役立ちます。

特徴

- 分権化された
メンバーの資金は、ブロックチェーン上の分散型スマート契約で引き続き支配されます。
- 液体
システムは、複数の取引所にまたがる流動性を集約し、
- 低コスト
スマートな実行と注文ルーティングは、流動性のコストを削減することができます
- 安全
非保持スマートな契約ウォレットシステムは、メンバーがカウンターパーティのリスクを交換することに晒されていないことを意味< / p>

技術情報

技術的な詳細:&nbsp; Omega Oneは、メンバーの注文に一致するプライベート交換を含む自動取引実行サービスであり、取引エンジンを介して公共取引所に比類のない流動性をオフロードし、複数のブロックチェーンに直接固定します。 - UI / API:Web、モバイル、APIの取引UIやAPIを問わず、メンバーは分散されたOmegaウォレットに資金を追加したり回収したり、注文の開始と監視、マルチアクセスポートフォリオ分析、報告、税金およびその他の会計機能。 - Omega Wallet:ポートフォリオ管理Omegaウォレットは、ERC20トークンの全範囲を含むトークンと暗号資産を保持します。 - オメガプライベート交換:ダークプールマッチング交換は、注文をOmega Private Exchangeの既存注文と照合しようとします。 - オメガトレーディングエンジン:流動性収穫取引エンジンの仕事は、市場の流動性を見つけ出し、できるだけ安価に取引を行い、取引所の既存の親注文を埋めるそれらの取引から得たものです。 ソースコード:&nbsp; コードは使用できません。 開発者の証拠:&nbsp; パブリックチーム

アクティビティ

OmegaOne チーム

検証済み 0%

注意。確認されていないメンバーは実際にチームのメンバーではないというリスクがあります

Alan Keegan
CEO
未確認
Alex Gordon
Brander - CTO
未確認
Mark David Bakacs
Chief Strategy Officer
未確認
Jon West
Chief Trading Officer
未確認
Amanda Gutterman
Chief Marketing Officer
未確認
Rick Dudley
Blockchain architect
未確認
Karl Floersch
Smart Contract Engineer
未確認
Megan Knab
Operations Lead
未確認
Max Novendstern
Finance Lead
未確認

顧問

検証済み 0%

注意。確認されていないメンバーは実際にチームのメンバーではないというリスクがあります

Ron Garrett
Advisors, Operations
未確認
2.66
risky
5.0 19
ICO プロフィール ビジョン アクティビティ 潜在的な 製品 チーム

%name%レビュー

Crypto Briefing
62%
With roots in both Wall Street and blockchain technology, support from Morgan Stanley’s former CEO and a working partnership with ConsenSys, we couldn’t ask for a better team to deliver the innovative trading platform that they’ve promised.
Still, the marketing efforts from the team leave a lot to be desired. With little communication outside Telegram or any significant community development amongst investors, the dearth of activity is one of the project’s major weak points.
The competition posed by other decentralized exchanges that offer similar features is fierce. If the platform doesn’t catch on with institutional investors, it will lose a significant edge over other contenders.
Despite the apparent weaknesses, the Omega One ICO holds promise. With the ICO postponed until Q2 2018, the team still has a chance to build hype and grow the community.
As the ICO is still at an early stage, we are still waiting on more information before making a decision on whether or not we plan to contribute to the Omega One ICO. We will update this report as well as our final verdict once this information becomes available.
For now, keep an eye on this one!
続きを読む
Midgard Research
Omega one has an all-star team, and it has advisors from large financial Wall Street institutions. They are currently working on the product and plan to launch it in summer of 2018 prior to their ICO. The market is very competitive, but Omega One is oriented toward big players and toward creating a decentralized exchange. It is hoped that in the future this exchange can replace the centralized exchanges.
The hardcap is expected to be really huge (over $100mln) and Omega One has already attracted most of it from institutional investors. The team says "we will be postponing our token sale until our technology is available to users, in 2018." So, we are still not aware of final fundraising goal and other tokemetrics, also there is a chance that crowd-sale will be cancelled. So, we come out with 7 out of 10 with the mark "keep watching" till we find out all the details of ICO.
続きを読む
  • 情報の更新には時差がある可能性があるため、各ICOプロジェクトに関する正確な情報は、公式Webサイトまたはその他の通信チャネルを通じて検証する必要があります。
  • この情報は、ICO資金への投資に関する提案やアドバイスではありません。関連情報を自分で徹底的に調査し、ICOの参加を決定してください。
  • このコンテンツに関して修正すべき問題や問題があると思われる場合、またはご自身のICOプロジェクトをリストに載せたい場合は、電子メールでご連絡ください。
免責事項とリスクに関する警告をお読みください。 免責事項とリスクの警告を表示します。
    

免責事項&amp;リスクの警告     

このオファーは、オファーと他の一般に公開されている情報によってのみ提供される情報に基づいています。トークンの販売または交換のイベントは、ICOholderとは全く無関係であり、ICOholderはそれに関与していません(技術サポートやプロモーションを含む)。 ICOholderとの関係がない人物からのトークンの売り上げは、顧客が全体のトークンセクター内で行われている活動を追跡するのを助けるためにのみ表示されます。この情報は、あなたが頼りにするべきアドバイスにはなりません。弊社サイトのコンテンツに基づいて、行動を取る、または控える前に、プロフェッショナルまたはスペシャリストの助言を得るか、またはお客様のデューデリジェンスを実施する必要があります。トークンの取得に関してコントリビュータによって入力された条件は、トークンの発行者とトークンの発行者であり、ICOholderはそのようなトークンの販売者ではありません。 ICOholderは、トークンの販売に関して第三者が行ったいかなる表明についても法的責任を負いません。また、契約違反の申し立ては、ここに記載されたトークン発行会社に対して直接行われなければなりません。     

このトークン販売の性質、妥当性または合法性について懸念がある場合は、 [email protected] までご連絡ください。あなたの懸念事項に関する詳細情報と一緒に。

Planning an ICO? We can help with a wide range of support for all stages of your ICO