Manx

Manx

Created using Figma
Created using Figma
MacroChainコンピューティングとネットワーキングシステム。 MANX ICOのビジョンは、個人および小企業が高セキュリティ、安価、効率的、スケーラブル、および分散プラットフォーム上にブロッキングアプリケーションを開発および配置することを許可されている分散アプリケーションのプラットフォームとしての何百万ものユーザーです。
To be announced
トークンの詳細
許容通貨
ETH, BTC, USD, FIAT
会社の詳細
登録国
Singapore
追加の詳細
KYC
はい
カテゴリー
プラットフォーム

約 Manx

MANX(MacroChain Computing and Networking System)は、ポストアグリゲート暗号化と高性能マルチチェーンの相乗効果をサポートしながら、価値集約型閉ループトークンエコノミーを促進する分散サービスプラットフォームです。 MANXプロジェクトは、第3世代のパブリックチェーンアーキテクチャに基づいて、分散アプリケーション用のブロックチェーンエコシステムを構築することを目的としています。
MANXは、さまざまなインターネットサービスに分散サービスを提供するためのスーパーサーバーです。 MANXは拡張可能なマルチチェーンアーキテクチャを採用し、コアの高性能メインチェーンに基づいてそれを構築します。さまざまなアプリケーションシナリオがさまざまな階層サブチェーンに適用可能であることを認識し、分散アプリケーションでサブチェーンのトークンエコノミクスのための閉ループ動作環境を構築できるようにします。したがって、MANXはさまざまな分散型アプリケーションのニーズを満たすためにインターネットバックエンドとして機能します。 MANXによって採用された反量子セキュリティメカニズムは、分権化と量子コンピューティングの時代に、何十年にもわたる公的チェーンシステムの実行を保証することができます。
私たちの見解では、blockchain 3.0に至る道はたくさんあります。最も基本的な要素は、安全で効率的な低トランザクションコストのパブリックチェーンです。このパブリックチェーンでは、主流のパブリックチェーンやさまざまなアライアンスチェーン、プライベートチェーンへのクロスチェーンオペレーションを実現することができます。 MANXの開発は3段階に分けられます。第一段階では、メインチェーンはMANXコンセンサスを利用します。これは非同期と同期のデュアルモデルコンセンサスエンジンです。高性能や一貫性など、有望な機能があります。何万ものノードで10000 TPSのスループットを達成できます。厳密なフォークアカウンタビリティ保証は、悪意のある行為者の行動を抑制します。 MANXコンセンサスアルゴリズムは、パブリックステークスオブステークのブロックチェーンの拡張に非常に適しています。

%name%ロードマップ

  • 2018/04-2018/08

  • Preparation, including team-building (Technology, Management and Advisory) and fund-raising (June to August – private placement;
    September – public offering; September to October – MANX trades on exchange)
  • 2018/08-2019/02

  • Create parallel development teams for developing main chain, multi-chain, state channel, post-quantum encryption and MANX
    Framework.
  • 2019/03

  • Milestone 1: MANX main chain Testnet goes live.
  • 2019/03-2020/01

  • Phase One. Assemble MANX components. MANX Framework enables rapid development of DAPPs for SME by developers.
  • 続きを読む
  • 2020/02

  • Milestone 2: MANX Framework complete, functional testing.
  • 2020/03-2020/09

  • Phase Two. Enhanced features developed for MANX. The development of post-quantum cryptography, State Channel,
    Cross-Chain Mechanism modules complete.
  • 2020/10

  • Milestone 3: Complete post-quantum cryptography, State Channel and Cross-Chain Mechanism modules. Go live on the main chain.
  • 2020/11-2021/04

  • MANX public chain goes live, Genesis Block is created. MANX DAPPs boarding on chain. All MANX design features are completed.
  • 2021/05

  • Public chain goes live.

アクティビティ

メンバー:
831
LOW
30日間の成長:
-6

Manx チーム

検証済み 0%

注意。確認されていないメンバーは実際にチームのメンバーではないというリスクがあります

Jack Chiu
Co-Founder / Head of Technology
未確認
Yawei Cui
Co-Founder
未確認
Sam Levine
Head of Technology Development
未確認
Peter Dolch
Chief Architect
未確認
Yong Jiang
Head of DAPPs
未確認
Beichen Huang
Super Server Chief Architect, Head of Development...
未確認
Yang Tang
Head of Network Security
未確認
Michelle Tianqi Zhan...
Head of Communications & Community
未確認
Peyton He
Head of Engineering Management
未確認
Yan Zhu
Head of Cross-Border Finance
未確認
Maggie Li
Head of Marketing
未確認
Lynn Xianglin Liu
Head of Agency Relationship Management
未確認
Cheeye Guo
Chief Representative to China
未確認
Igal Hecht
Head of Productions
未確認

顧問

検証済み 0%

注意。確認されていないメンバーは実際にチームのメンバーではないというリスクがあります

Eric S. Maskin
Economic Advisor
未確認
Vladan Vuletić
Technology Advisor
未確認
Randall Davis
Technology Advisor
未確認
Peter Du
Cryptocurrency Advisor
未確認
Noam Levenson
Business Advisor
未確認
Lior Messika
Strategy Advisor
未確認
Mathew Pukalo
Research Advisor
未確認

Manx 最後のニュース

N/A
5.0 15
ICO プロフィール ビジョン アクティビティ 潜在的な 製品 チーム

%name%レビュー

icoscoring.com
ICO review website

High competition in the field of scalable blockchains. MANX is relatively late in the game with quite a few projects launching their mainnets in the next few months. After the growth of the throughput of the largest cryptocurrencies (sharding, plasma and other technologies) the attention to the later-introduced scalable blockchains may fall.

Currently, the quantum computers are far from adoption so the core product of MANX might not be demanded by the market. Currently, the project is on a concept stage. The Testnet is only expected in March 2019. The public chain launch is only expected in May 2021.

A Distributed Application running on a subchain can have its own token, building a closed loop token economy. When it is necessary to convert a token into fiat currency, it can be exchanged with MANX. MANX can then be exchanged for fiat currency or BTC, ETH and other mainstream currencies through the decentralized exchange provided by MANX itself. The token value added is unclear. MANX aims to sell 30% of its tokens for $30M hard cap. Therefore, the company valuation will be equal to $100M. The valuation seems too high. At the current market conditions, the projects of a cap over $100M are in the list of 60 largest projects. Vesting policy has not been revealed yet. The use of proceeds is not given.

The core team consists of 17 people. Most of them have a technical background and previously worked at various tech companies in China. Both of the co-founders hold PhD degrees in Information Security and Media Studies respectively. Most of the team studied at MIT at different times. Overall, the team looks solid and has previous entrepreneurial experience. The team is scattered around USA, Canada, and China.

 

続きを読む
MoNoico
続きを読む
MoNoico
続きを読む
  • 情報の更新には時差がある可能性があるため、各ICOプロジェクトに関する正確な情報は、公式Webサイトまたはその他の通信チャネルを通じて検証する必要があります。
  • この情報は、ICO資金への投資に関する提案やアドバイスではありません。関連情報を自分で徹底的に調査し、ICOの参加を決定してください。
  • このコンテンツに関して修正すべき問題や問題があると思われる場合、またはご自身のICOプロジェクトをリストに載せたい場合は、電子メールでご連絡ください。
免責事項とリスクに関する警告をお読みください。 免責事項とリスクの警告を表示します。
    

免責事項&リスクの警告     

このオファーは、オファーと他の一般に公開されている情報によってのみ提供される情報に基づいています。トークンの販売または交換のイベントは、ICOholderとは全く無関係であり、ICOholderはそれに関与していません(技術サポートやプロモーションを含む)。 ICOholderとの関係がない人物からのトークンの売り上げは、顧客が全体のトークンセクター内で行われている活動を追跡するのを助けるためにのみ表示されます。この情報は、あなたが頼りにするべきアドバイスにはなりません。弊社サイトのコンテンツに基づいて、行動を取る、または控える前に、プロフェッショナルまたはスペシャリストの助言を得るか、またはお客様のデューデリジェンスを実施する必要があります。トークンの取得に関してコントリビュータによって入力された条件は、トークンの発行者とトークンの発行者であり、ICOholderはそのようなトークンの販売者ではありません。 ICOholderは、トークンの販売に関して第三者が行ったいかなる表明についても法的責任を負いません。また、契約違反の申し立ては、ここに記載されたトークン発行会社に対して直接行われなければなりません。     

このトークン販売の性質、妥当性または合法性について懸念がある場合は、 [email protected] までご連絡ください。あなたの懸念事項に関する詳細情報と一緒に。

Planning an ICO? We can help with a wide range of support for all stages of your ICO