Leap With Alice

Leap With Alice

Created using Figma
Created using Figma

最後の更新

2018/06/04

Leap With Aliceは、エンゲージメントを生み出し、学習を築き、そして教師にインセンティブを与えるプラットフォームです。 Leap With Aliceは時代遅れの教育システムの革命を組織し、強化された教育コンテンツの作成、購入、販売のためのプラットフォームとインタラクションを提供します。拡張現実感を使用することによって、私たちは古い教育形態を実現します。ブロックチェーンテクノロジとAR LWAを組み合わせることで、各ユーザーのコンテンツ、データ、および資金が安全に保管される安全なエコシステムを使用して、高品質のコンテンツの作成を促進します。簡単なドラッグアンドドロップツールとテンプレートは、インタラクティブコンテンツの生成、エンゲージメントの向上、および教育水準の向上に必要なリソースを教師に提供します。
Pre-sale
2018/05/01
2018/10/01
100% 完成した
資金調達 - データなし
past
トークンの詳細
ティッカー
ALICE
許容通貨
ETH
会社の詳細
登録国
Switzerland
追加の詳細
プラットフォーム
Ethereum
カテゴリー
プラットフォーム, 暗号化性, バーチャルリアリティ, 教育, エンターテインメント

約 Leap With Alice

アリスとの飛躍について  

今日の教育環境の時代遅れのインフラストラクチャでは、新しくエキサイティングな技術を教室に導入することができませんでした。教師と生徒には、最大限の可能性を引き出すために必要なツールが欠けています。ユニークな能力(失読症など)を持つ学生が無視されることは壊滅的に普通になりました。私たちの社会の深く影響力のあるメンバーは、しばしば過小評価されている教育者の時間と努力で、乗り越えるのに苦労しています。教育制度を取り巻く欠点については公然と議論されていますが、解決策はほとんどありません。

将来の教室を作るのに必要な資料はすぐに手に入ります。教室での活動の基本的なルーチンを粉砕して、私たちの教育用具はインタラクティブな学習経験になる毎日のための機会を与えます。 Leap With Alice、LLC(LWA)は、無料の教育ツールとピアツーピアの交換を提供し、教育コンテンツを作成、購入、販売することができます。 Leap With Aliceは、教師一人ひとりの生徒の好奇心を高め、より高いレベルの教育を奨励しながら、十分に個人的なレベルで生徒をつなげ、関与させるためのリソースです。

Leap With Aliceは、教室を職場環境から、教師と生徒が互いに繁栄できる没入型体験に変えます。拡張現実感は、インタラクティブで深く魅力的なコンテンツを生成するためのリソースを教師に提供します。私たちの周りの既存の世界を取り、その上に新しい情報を重ねる。 Leap With Aliceは、効果的なコンテンツをすばやく作成する方法に関するテンプレートとガイドを提供します。簡単なドラッグアンドドロップ機能を使用して、教育者は日常の授業計画を活気づけることができます。

特徴

Alice  Visionで飛躍  

“教育は、世界を変えるために使用できる最も強力な武器です。” - ネルソンマンデラ

現代の教育を中断し、何十年にもわたって続いてきた問題を解決することで、Leap With Aliceは教師にこれまで以上に強力なツールを提供します。ブロックチェーンテクノロジと拡張現実を最大限に活用した教室を作成することで、Leap With Aliceは可能な限り最も効果的で個別化された学習体験を構築します。すべての生徒は自分の本当の可能性を実現するために必要なパーソナライズされたツールを持っています。私たちの青少年の将来に彼らが果たす記念碑的な役割に対して教師が認識され、代償を払われる社会。 「子供を置き去りにしない」などのイニシアチブ意欲的な意図を持って、Leap With Aliceは、はるかに高い効率ではるかに大きな規模でこれらのビジョンを無償で達成するためのツールを教育者と学生に提供します。

%name%ロードマップ

  • Phase I (2017)

  • In 2017, ALICE was born and hit the ground running. In Q2 of 2017, the University of Central Florida Reading Clinic used Leap With Alice to study the effects of AR on engagement in the classroom. Not long after, Alice partnered with SharkTank’s Trobo “The Storytelling Robot” - plushy robot friends wirelessly connected to your iPad or iPhone. Q4, 2017 was the release of the LWA Demo, showcasing LWA technology - which resulted in a $10,000 donation from the OTAB fund. In addition, during this same quarter, we engaged the blockchain for our security protocol and started our ICO (crypto) journey.(See Roadmap for more details)
  • Phase II (2018)

  • Phase II is the beginning of ALICE’s expedition into educational institutions. Early 2018 will see ALICE conduct a pre-ICO sale and the main initial coin offering (ICO). Afterward, ALICE will continue to cultivate partnerships with various learning institutions - augmenting The Montessori School lesson plans. To close 2018, the ALICE token will be integrated into multiple exchange networks, deepening its connection to all of the capabilities that blockchain startup technologies have to offer.(See Roadmap for more details)
  • Phase III (2019)

  • Phase III will be defined by ALICE’s ability to conquer the e-learning marketplace and expand throughout developed nations; permanently ingraining Leap With Alice as an integral part of the new era of education. In 2019, the ALICE platform will provide complete functionality for all teachers to enhance everyday lesson plans while receiving the recognition and compensation they deserve.(See Roadmap for more details)
  • Phase IV (2020 & Beyond)

  • Phase IV will expand ALICE’s reach from developed nations to those that are lacking the tools to engage the platform. The Leap With Alice Global Initiative Fund will bring ALICE to every corner of the globe; further building partnerships on the way to make ALICE the new AR Educational standard (tool) for e-learning, worldwide.(See Roadmap for more details)

アクティビティ

Leap With Alice チーム

検証済み 38%

注意。確認されていないメンバーは実際にチームのメンバーではないというリスクがあります

Caesar Medel
CEO & Co-Founder
検証済み
Alfonso Morales
COO & Co-Founder
検証済み
Manuel Betancourt
CDO & Co-Founder
検証済み
Gilbert “Zack” Piero...
CCO & Co-Founder
検証済み
Kenneth Medel
CMO
検証済み
Marc McDonald
CPO
検証済み
Karen Nelson
Montessori Owner/Partner
未確認
John Scorsone
Project Management & Operations
未確認
Dr. Trey Vasquez
UCF Research/Education Prof.
未確認
Dave Edyburn
UCF Dean of Research
未確認
Jim Lewis
Business Intelligence/Strategy
未確認
RC Williams
Community Leadership
未確認
Justin Scott
ML/AI/UI/UX
未確認
Susan O’Hearn
Community Intel
未確認
Julianna Ormond
Community Leadership
未確認
Silvia Leporati
Dyslexia/Education Specialist
未確認

顧問

検証済み 0%

注意。確認されていないメンバーは実際にチームのメンバーではないというリスクがあります

Alan Shafer
Business Consultant
未確認

元メンバー

Manuel Floody
CBDO & Co-Founder
Caleb Crow
Chief Project Officer
Zack Pierola
Business Development Lead
Lawrence Link
Crypto Consultant

Leap With Alice インタビュー

Caesar Medel
As a team member, сan you tell us about your role in the ICO project? What do you think about idea?
As CEO and Co-Founder, I’m ready to tackle the global education crisis. Augmented Reality will change everything. Get ready to expireance the Educator’s Creative Tool of tomorrow: ALICE
Alfonso Morales
As a team member, сan you tell us about your role in the ICO project? What do you think about idea?
As founder and COO of Leap With Alice my main responsibility is to ensure company operations. It is my passion and focus to create a platform for educators and students alike. One that will reimagine what education can and should be.
Manuel Betancourt
As a team member, сan you tell us about your role in the ICO project? What do you think about idea?
As Chief Design Officer and a co-founder of Leap With Alice creating a look, a feel, and a voice to the brand is my specialty. One that calls out to students, teachers, and anyone wanting to join this education evolution. The designs created connects them to the company and products that we create, so that we all leap together.
Gilbert “Zack” Pierola
As a team member, сan you tell us about your role in the ICO project? What do you think about idea?
Being one of the founders, I conceive and execute marketing strategies and programs to increase the profitability of new and existing markets and technologies. Responsible for gathering, analyzing, and utilizing market research. Also manages advertising and marketing communications activities.
Caleb Crow
As a team member, сan you tell us about your role in the ICO project? What do you think about idea?
The CPO is not only responsible for ensuring all departments are working towards a common goal, but acts as a liaison between departments.
Kenneth Medel
As a team member, сan you tell us about your role in the ICO project? What do you think about idea?
Marketing
Marc McDonald
As a team member, сan you tell us about your role in the ICO project? What do you think about idea?
Pioneering the leap in creative education that teachers and students have long been waiting for, Leap With Alice is a revolutionary tool for passionate educators - serving as every “Teacher’s Aide”.
3.80
stable
5.0 9
ICO プロフィール ビジョン アクティビティ 潜在的な 製品 チーム
  • 情報の更新には時差がある可能性があるため、各ICOプロジェクトに関する正確な情報は、公式Webサイトまたはその他の通信チャネルを通じて検証する必要があります。
  • この情報は、ICO資金への投資に関する提案やアドバイスではありません。関連情報を自分で徹底的に調査し、ICOの参加を決定してください。
  • このコンテンツに関して修正すべき問題や問題があると思われる場合、またはご自身のICOプロジェクトをリストに載せたい場合は、電子メールでご連絡ください。
免責事項とリスクに関する警告をお読みください。 免責事項とリスクの警告を表示します。
    

免責事項&リスクの警告     

このオファーは、オファーと他の一般に公開されている情報によってのみ提供される情報に基づいています。トークンの販売または交換のイベントは、ICOholderとは全く無関係であり、ICOholderはそれに関与していません(技術サポートやプロモーションを含む)。 ICOholderとの関係がない人物からのトークンの売り上げは、顧客が全体のトークンセクター内で行われている活動を追跡するのを助けるためにのみ表示されます。この情報は、あなたが頼りにするべきアドバイスにはなりません。弊社サイトのコンテンツに基づいて、行動を取る、または控える前に、プロフェッショナルまたはスペシャリストの助言を得るか、またはお客様のデューデリジェンスを実施する必要があります。トークンの取得に関してコントリビュータによって入力された条件は、トークンの発行者とトークンの発行者であり、ICOholderはそのようなトークンの販売者ではありません。 ICOholderは、トークンの販売に関して第三者が行ったいかなる表明についても法的責任を負いません。また、契約違反の申し立ては、ここに記載されたトークン発行会社に対して直接行われなければなりません。     

このトークン販売の性質、妥当性または合法性について懸念がある場合は、 [email protected] までご連絡ください。あなたの懸念事項に関する詳細情報と一緒に。

Planning an ICO? We can help with a wide range of support for all stages of your ICO