Cream Capital

Cream Capital

Created using Figma
Created using Figma
世界で最も安定した暗号侵害。 Cream CashはEthereumブロックチェイン技術を使用して構築された暗号である。毎日の取引に頻繁に使用されることを意図して、トークンの現在の時価総額に応じてトークンの総供給量が変動します。 1つのクリーム・キャッシュは、常に1米ドルに相当します。
リスク:非常に高い
2017/12/21
2018/01/21
100% 完成した
資金調達 - データなし
past

特徴

Cream CashはEthereumプラットフォームのコンセンサスを継承します。

あなたと同期したデビットカードを使用してクリームキャッシュを使用する 財布。

Cream CashはCream Assetを通じてオンラインで交換できます 管理プラットフォームまたはキャンプサイトを利用したオンサイト。

 

 

技術情報

Cream CashはEthereumブロックチェーンテクノロジを使用して作成された暗号化機能です。  Cream CashはERC-223トークンです。

アクティビティ

フォロワー:
185
VERY LOW
好き:
180
VERY LOW
フォロワー:
11 147
VERY HIGH
ツイート:
85
LOW
30日間の成長:
-9

Cream Capital チーム

検証済み 0%

注意。確認されていないメンバーは実際にチームのメンバーではないというリスクがあります

Brett Westbrook
Co-Founder, CEO
未確認
Manish Patel
J.D. Co-Founder, CFO
未確認
Narcis Ciobotariu
Co-Founder, CTO
未確認
Ghostface Killah
Co-Founder, CBO
未確認
Parth Chandra
LL.M Chief Legal Officer
未確認
Jeffrey Millen
Chief Information Officer
未確認

顧問

検証済み 0%

注意。確認されていないメンバーは実際にチームのメンバーではないというリスクがあります

Gary Wu
Partner at Godia Capital Partners
未確認

Cream Capital 最後のニュース

1.79
negative
5.0 7
ICO プロフィール ビジョン アクティビティ 潜在的な 製品 チーム

%name%レビュー

cryptobriefing.com
reviews

Why Should Anyone Invest In The CREAM ICO?

Token Distribution
We can see this being a successful venture in some ways. We can see the tokens having a utility for the people that need them. We can imagine CREAM Cash machines at corner stores the country over, especially in places where personal security is hard to come by and people would prefer a small amount of cash and a ticket for more cash as opposed to unreliable or expensive bank accounts and other seizable assets.

We understand there is a potential utility here. What we have yet to answer for ourselves is how much incentive the CREAM ICO investor is being presented.

100 million $CREAM (not to be confused with $CASH) tokens will be issued during the token generation event on November 11th. A total of $30 million is desired, with a breakdown as follows:

$20 million to launch ATM operations in the US and globally
$1.5 million for their legal department (we find this a wise cost to assess at this stage)
$2.5 million for C-DAX exchange (the mechanism used to facilitate funds between ATMs, the Ethereum network, and fiat cash)
$3 million each for debit card integration and initial liquidity of the exchange-to-ATM network
48 million of the tokens will be generated immediately, 40 million of them being sold to the public at a target rate of 75 cents USD each. The other 52 million will be issued dependent upon the money flowing in through the CREAM $CASH network. We see this fluctuating supply (within limits) as interesting but perhaps not fully thought-out.

We find it too hard for the investor to predict how his funds would perform if locked in $CREAM tokens. We are incredibly intrigued by the notion of CREAM CASH terminals but we are not sure we can imagine a scenario where it will definitely play out in the ICO investor’s favor. The ability to purchase CREAM at the C-DAX and the ability to interact with the $CASH tokens in person will be an interesting prospect, but does it represent a genuine investment opportunity, or merely an interesting business plan?

We feel the system is cleverly designed to actually work for the consumer. Unfortunately, we believe there is too much focus on the consumer, and not enough actual benefit is derived by the ICO investor to justify the significant risk of an ICO.

Everything else could be the same and the initial operating funds could simply be raised privately from company representative Ghostface Killah’s colleagues, whose assets must collectively total enough to leverage traditional equity methods or even more modern answers like Bank to the Future for this project.

We’d feel much more comfortable purchasing tokens if the proposed network were already in place.

続きを読む
  • 情報の更新には時差がある可能性があるため、各ICOプロジェクトに関する正確な情報は、公式Webサイトまたはその他の通信チャネルを通じて検証する必要があります。
  • この情報は、ICO資金への投資に関する提案やアドバイスではありません。関連情報を自分で徹底的に調査し、ICOの参加を決定してください。
  • このコンテンツに関して修正すべき問題や問題があると思われる場合、またはご自身のICOプロジェクトをリストに載せたい場合は、電子メールでご連絡ください。
免責事項とリスクに関する警告をお読みください。 免責事項とリスクの警告を表示します。
    

免責事項&リスクの警告     

このオファーは、オファーと他の一般に公開されている情報によってのみ提供される情報に基づいています。トークンの販売または交換のイベントは、ICOholderとは全く無関係であり、ICOholderはそれに関与していません(技術サポートやプロモーションを含む)。 ICOholderとの関係がない人物からのトークンの売り上げは、顧客が全体のトークンセクター内で行われている活動を追跡するのを助けるためにのみ表示されます。この情報は、あなたが頼りにするべきアドバイスにはなりません。弊社サイトのコンテンツに基づいて、行動を取る、または控える前に、プロフェッショナルまたはスペシャリストの助言を得るか、またはお客様のデューデリジェンスを実施する必要があります。トークンの取得に関してコントリビュータによって入力された条件は、トークンの発行者とトークンの発行者であり、ICOholderはそのようなトークンの販売者ではありません。 ICOholderは、トークンの販売に関して第三者が行ったいかなる表明についても法的責任を負いません。また、契約違反の申し立ては、ここに記載されたトークン発行会社に対して直接行われなければなりません。     

このトークン販売の性質、妥当性または合法性について懸念がある場合は、 [email protected] までご連絡ください。あなたの懸念事項に関する詳細情報と一緒に。

Planning an ICO? We can help with a wide range of support for all stages of your ICO