Chaintrade

Chaintrade

Created using Figma
Created using Figma
ChainTradeは、2009年に設立され、現在6カ国で90人の従業員を数えている急成長企業であるBlue Tigerグループのシンガポールのスタートアップ企業です。 当社の活動には収益性があり、人工知能、小売、エンタープライズソフトウェア、金融ソフトウェアが含まれます。
リスク:高
2017/10/09
2017/12/31
100% 完成した
$31 808 389
114
キャップ
ゴール
90% キャップ 完成した
ゴール 5 000.00 ETH
キャップ 200 000.00 ETH
past
  • 1000 CTC
    =
    1 ETH
トークンの詳細
許容通貨
ETH
会社の詳細
登録国
Singapore
追加の詳細
カテゴリー
プラットフォーム

約 Chaintrade

チェーントレードについて

ChainTradeは、食品および原材料(商品デリバティブ)に対する先物およびオプションの取引のための最初のブロックチェーンベースのプラットフォームです。私たちは、すべての人に開かれた分散型プラットフォームを提供することで、年間2兆ドルを超える貿易を代表する世界市場に革命を起こすことを目指しています。

ブロックチェーンテクノロジ、人工知能、およびスマートコントラクト(下記に定義)を利用することで、ChainTradeのスリムで効率的なプラットフォームは、既存の商品取引所と比較して手数料を劇的に引き下げ、すべての利害関係者にとってより簡単でより有益になります。食品および原材料のデリバティブ取引世界中のすべてのトレーダーがプラットフォームに平等にアクセスできます - ndash;同じ場所に設置されたサーバーや最大のプレーヤーのためのより良い料金といった特別な利点はありません。

ChainTradeは、支払い、清算、決済プロセスをより効率的にし、コストと料金の削減、およびトレーダーの増加をもたらす、標準的で明確なプロセスを提供します。利益。人工知能/機械学習のおかげで、KYCおよびAMLプロセスはより効率的になります。

ChainTradeは、高い収益性が期待される最初の、そして最も重要な金融プロジェクトですが、私たちの使命は、世界の資源へのより平等なアクセスに貢献することでもあります。

世界の人口は2050年までに98億人に達すると予想されていますが、農地は拡大せず、より多くの地雷が枯渇していますが、食料や原材料はますます限られたものになるでしょう。さらに、2007年の金融危機の影響を受けて、主要な投資家による購入が食料と原材料の価格の高騰を招いたことからもわかるように、公正取引と食料と原材料への公正なアクセスは今日保証されていません。

米国とEUの政府当局がこの問題に取り組むためのイニシアチブを開始したにもかかわらず、食料と原材料への不公平なアクセスの問題は、商品取引所の集中化と貿易業者がそれらに等しくアクセスするための障壁のために依然として存在します。

分散化と分散元帳を可能にするブロックチェーンテクノロジのおかげで、ChainTradeは、国や資産に関係なく、誰でもこれらの基本的な商品を売買できるようにすることで、ソリューションに貢献したいと考えています。

特徴

ブロックチェーン技術、人工知能、スマート契約(以下に定義する)を活用することで、ChainTradeの効率的かつ効率的なプラットフォームは、既存の商品取引所と比較して料金を大幅に引き下げ、すべてのステークホルダーが食品や原材料のデリバティブ取引をより簡単で収益的に行うことができます。世界中のすべてのトレーダーは、プラットフォームに平等にアクセスできます。共同設置されたサーバーや最大のプレーヤーのためのより良い料金などの特別な利点はありません。

技術情報

技術的な詳細:  CTCトークンは、所有者がChainTradeプラットフォームを使用して取引手数料を払い、プラットフォーム上で利用可能なスマート契約を交換できるようにするユーティリティトークンです。 ソースコード:  製品のコードは利用できません。 開発者の証拠:  パブリックチーム

%name%ロードマップ

  • December 2016

  • A Successfull Tech Entrepreneur Starts Thinking About His Next Venture.
    Vincent Jacques is the founder of Planorama (2009), a Paris-based AI startup which employs 90 people and which is turning profitable with a sustainable growth. Vincent (main shareholder) appoints a new CEO and starts thinking about his next entrepreneurial project. He’s a crypto enthusiast and wants to be part of a new revolution: the blockchain.
  • February 2017

  • Vincent Jacques Decides To Disrupt The Commodity Derivatives Industry Through The Blockchain.
    Among different ideas under review, disrupting the commodity trading industry seems like a good business opportunity. Vincent starts building a small project team and analysing the weaknesses of commodities derivatives markets worldwide. At that time, no blockchain startups exist in this field except for supply chain.
  • May 2017

  • Platform Architecture Under Construction, Built On Ethereum.
    A team of developers hired by Vincent starts working on the development of smart contracts run on the Ethereum open-source platform. This is the foundation of the future ChainTrade Exchange: a derivatives market, partly decentralized, partly centralized.
  • August 2017

  • Decision To Prepare An ICO.
    The ChainTrade project is so far funded by Blue Tiger, Vincent’s holding which owns a majority stake in Planorama. ChainTrade needs to become independant in order to develop itself and get its own funding. As other blockchain startups raise crypto-funds through ICOs rather than fiat money from VCs, Vincent decides to follow the same path.
  • 続きを読む
  • September 2017

  • Legal Entity Behind The ChainTrade Project Established In Singapore.
    ChainTrade Tech. Ltd. is incorporated in Singapore for two reasons. 1st: Singapore seems to be a good place to get a licence for financial markets. 2nd: Singapore is one of the main hubs for the blockchain industry, a crypto and ICO friendly country.
  • October 2017

  • Official Launch Of ICO.
    The token is designed, the whitepaper ready. The ICO is officially launched, the sale of ERC20 tokens and the roadshow can start.
  • December 2017

  • ICO Closed.
    The ICO is closed with mixed results. On the one side we did manage to convince some crypto holders to support the team and the project, enough to pursue our efforts 6 to 12 months further, but on the other side we did not attract enough professional investors and corporate ventures from the commodity industry.
  • February 2018

  • Strategy To Address Derivatives Starts To Be Questionned.
    In view of all expenses incurred in 2017, the ICO will not cover the whole process and licensing fees. After being warned by merchants, brokers and trade finance professionals that we are targetting the wrong market, we are now facing a new challenge: the difficulty to convince professional investors to support this initial vision.
    First Split Between A Derivatives Project And A Physical Trading Project.
    While working on an equity fund raising, some of us start thinking about another way to use the blockchain technology as a disuptive tool within the physical trade of commodities (first split between what we called ChainTrade Derivatives and ChainTrade Physical).
  • March 2018

  • ChainTrade Derivatives: Decision Made For A Turnaround Plan.
    Facing increasing issues with regulation, operating costs, the question of liquidity and product-market fit, we decided to adapt and apply our in-house technology to a different market: an exchange of cryptocurrencies. The new project is called Nebula Exchange and the decision was communicated to CTT holders via Medium and Telegram.
    The Team Is Officially Split Into Two Groups.
    Rohan Juneja, INSEAD, is appointed Head of Nebula’s business. The technology behind is ChainTrade Derivatives, the only change being the underlying assets supported for trading. Sebastien Blanchard, who joined end of december 2017, is in charge of ChainTrade Physical. Private Equity starts showing interest provided that this busines stays focused on trade finance.
    2 Proposals Made To CTT Holders.
    Without committing to any calendar, an alternative proposal is transmitted to CTT holders: a 1 to 1 conversion of their CTT tokens into Nebula Tokens (to be issued when Nebula will launch its own ICO). Or a conversion of their CTT tokens into ChainTrade Physical equity shares, provided a fund raising occurs in 2018.
  • April 2018

  • Nebula Exchange: Beta Version Ready.
    Platform access progressively granted to more and more crypto traders.
  • July 2018

  • Nebula Exchange Launches Its Own ICO, CTT Holders Can Switch Their Tokens.
    CTT holders will be able to purchase Nebula Tokens with CTT on a 1 to 1 conversion rate.
  • December 2018

  • Deadline To Get ChainTrade Equity Tokens Or Get Nebula Tokens.
    The deadline to swap CTT against Nebula Token or to buy ChainTrade equity shares with CTT will be 31/12/2018.

アクティビティ

アクティビティ:
406
VERY HIGH
値する:
100
MEDIUM
投稿:
645
HIGH
ビュー:
10 630
VERY HIGH
ユーザー:
169
MEDIUM
フォロワー:
516
LOW
ツイート:
84
LOW
30日間の成長:

Chaintrade チーム

検証済み 0%

注意。確認されていないメンバーは実際にチームのメンバーではないというリスクがあります

Vincent Jacques
CEO
未確認
Laurent Boinot
Sales & Marketing
未確認
Boris Ivanov
Blockchain Developer
未確認
Yassine Zerguine
Senior Blockchain Developer
未確認
Omar Saadoun
Blockchain Developer
未確認
Batu Zaya
Blockchain Developer
未確認
Zo Tahiana
Full Stack Developer
未確認
Delphin Rakotonindri...
Full Stack Developer
未確認

顧問

検証済み 0%

注意。確認されていないメンバーは実際にチームのメンバーではないというリスクがあります

Robert Srong
Technical Adviser
未確認
Minh Trinh
Adviser
未確認
Yannick Robert
Adviser
未確認
Philippe Tastevin
Adviser
未確認
Pascal Quiry
Adviser
未確認
Ethan Pierse
Adviser
未確認

2 ICO

$33 993 189

Oliver Prock
Adviser
未確認
Ugochukwu Ugbor
Adviser
未確認
Efthymia Chatzichris...
Adviser
未確認

9 ICO

$66 480 861

Jeremy Epstein
Adviser
未確認
Morgan, Lewis & Bock...
Legal Counsel
未確認
2.97
risky
5.0 6
ICO プロフィール ビジョン アクティビティ 潜在的な 製品 チーム
  • 情報の更新には時差がある可能性があるため、各ICOプロジェクトに関する正確な情報は、公式Webサイトまたはその他の通信チャネルを通じて検証する必要があります。
  • この情報は、ICO資金への投資に関する提案やアドバイスではありません。関連情報を自分で徹底的に調査し、ICOの参加を決定してください。
  • このコンテンツに関して修正すべき問題や問題があると思われる場合、またはご自身のICOプロジェクトをリストに載せたい場合は、電子メールでご連絡ください。
免責事項とリスクに関する警告をお読みください。 免責事項とリスクの警告を表示します。
    

免責事項&リスクの警告     

このオファーは、オファーと他の一般に公開されている情報によってのみ提供される情報に基づいています。トークンの販売または交換のイベントは、ICOholderとは全く無関係であり、ICOholderはそれに関与していません(技術サポートやプロモーションを含む)。 ICOholderとの関係がない人物からのトークンの売り上げは、顧客が全体のトークンセクター内で行われている活動を追跡するのを助けるためにのみ表示されます。この情報は、あなたが頼りにするべきアドバイスにはなりません。弊社サイトのコンテンツに基づいて、行動を取る、または控える前に、プロフェッショナルまたはスペシャリストの助言を得るか、またはお客様のデューデリジェンスを実施する必要があります。トークンの取得に関してコントリビュータによって入力された条件は、トークンの発行者とトークンの発行者であり、ICOholderはそのようなトークンの販売者ではありません。 ICOholderは、トークンの販売に関して第三者が行ったいかなる表明についても法的責任を負いません。また、契約違反の申し立ては、ここに記載されたトークン発行会社に対して直接行われなければなりません。     

このトークン販売の性質、妥当性または合法性について懸念がある場合は、 [email protected] までご連絡ください。あなたの懸念事項に関する詳細情報と一緒に。

Planning an ICO? We can help with a wide range of support for all stages of your ICO