Bamboo ICO

Bamboo ICO

Created using Figma
Created using Figma
Bambooは、ブロックチェーンエコシステムへの長期的な採用と参加を促進する暗号通貨を購入するための迅速で簡単かつ安全な方法です。
2018/04/01
2018/07/31
100% 完成した
資金調達 - データなし
past
トークンの詳細
許容通貨
ETH, BTC
会社の詳細
登録国
Switzerland
追加の詳細
MVP /プロトタイプ
はい
KYC
はい
カテゴリー
プラットフォーム, 暗号化性, ソフトウェア

約 Bamboo ICO

竹について

Bambooは、さまざまな種類の暗号資産のマイクロセービングを簡単、自動、そして楽しいものにする、人を中心としたモバイルアプリケーションです。必要なのは携帯電話と始めるための銀行口座だけです。

私たちは、ブロックチェーンエコシステムの革新のスピードにインスパイアされ、感心しています。しかし、ブロックチェーンに触れる機会が増えない限り、これらの技術革新はごく一部の人々にしか恩恵を与えないことに、私たちは不満を感じています。コミュニティには、シンプルで安全でアクセスしやすくグローバルなプラットフォームが必要です。

市場には1000を超える暗号通貨があり、何をどのように購入するかを知ることは、デジタルウォレット、交換、パスフレーズ、およびその他のセキュリティ要件を含む複雑なプロセスです。 Bambooは、わずか1ドルで、さまざまな種類の暗号資産の自動購入を容易にすることで、混乱と複雑さを取り除きます。マイクロセービングを有効にすることで、ブロックチェーンエコシステムへの参加はユーザーの簡単な部分になります。’毎日の日課。

コミュニティには、シンプルで安全でアクセスしやすいグローバルなプラットフォームが必要です。

業界をリードするベストプラクティスに基づいて、Bambooプラットフォームは暗号資産を安全かつ透過的に管理します。これを証明するのがProof of Solvencyと呼ばれる公共の暗号化手段です。この機能は現在市場で制限されており、Bambooの実装は現在の世界的な銀行基準を超えたレベルの透明性とユーザーの信頼を可能にします。

Bambooプラットフォームは、包含と広範囲なアクセシビリティに焦点を当てて、ブロックチェーンのオンボーディングプロセスを再考します。既存のアンチマネーロンダリング(AML)を活用し、顧客(KYC)チェックを知っていること、銀行のインフラストラクチャへのリンク、およびフレンドリーなデザインへの注力により、そうでなければ取り残される人々がブロックチェーンエコシステムに参加できます。 p>

私たちは世界的な野心と、そこに到達するための道筋を持っています。 2018年から2019年にかけてアジア、ヨーロッパに進出するまでは、当社の発売市場はオーストラリア、米国、スイスです。

トークンセールはプラットフォームの開発とマーケティングのための資金を調達します。 BAMユーティリティトークン(ERC20)は、ユーザーが割引料金で支払うことを可能にする、区別可能で透明な会計単位であることによってBambooプラットフォームを強化します。

%name%ロードマップ

  • Q3 2017

  • The Bamboo platform is initially conceptualised Regulatory due diligence and overall feasibility commences Team formation.
  • Q1 2018

  • Presale Continued regulatory engagement.
  • Q3 2018

  • Public Token Sale concludes.
    General release of Bamboo version 1.0.
    Platform available in Australia.
  • 2019

  • General Release of Bamboo version 3.0.
    Platform available in Switzerland and other jurisdictions.
  • 続きを読む
  • Q4 2017

  • Australian regulatory and legal due diligence concluded, and approval obtained.
    Additional jurisdiction due diligence commences Community building.
    Development begins.
  • Q2 2018

  • Whitepaper v1.0 published.
    Public Token Sale commences.
  • Q4 2018

  • General Release of Bamboo version 2.0.
    Platform available in the United States.
    

アクティビティ

Bamboo ICO チーム

検証済み 0%

注意。確認されていないメンバーは実際にチームのメンバーではないというリスクがあります

Phil George
CEO
未確認
Nesh Sooriyan
COO
未確認
Simone Pettorino
People and Culture
未確認
Peter Hume
Product and Technical
未確認
Will Griffiths
Product
未確認
Linus Ekenstam
User Experience and Design
未確認
Alex Cook
Commercial Compliance
未確認
Tom Smoker
Blockchain and Machine Learning
未確認
Sebastian Malcolm
Software Engineer
未確認

顧問

検証済み 0%

注意。確認されていないメンバーは実際にチームのメンバーではないというリスクがあります

Gavin Rezos
Advisor - Finance and Legal
未確認
Harrison Kennedy
Advisor - Growth
未確認
Simon Newton
Advisor - Security and Technology
未確認
3.90
stable
5.0 10
ICO プロフィール ビジョン アクティビティ 潜在的な 製品 チーム

%name%レビュー

cryptocalibur.com
review

The BAM token is the unit of account on the Bamboo platform. It is an ERC-20 token, which is fully compatible with the Ethereum network. BAM tokens can be freely transacted as holders see fit, and are used to pay fees on the Bamboo platform. Fees paid in BAM tokens on the platform are maintained for the following key reasons:
Auditability: Fees charged in BAM are logged on the public blockchain ledger and remain transparent and available to be audited at any time.
Borderless unit of account: BAM is a consistent unit of account across the platform, regardless of any user’s geographic location, and the token acts as the native future of value exchange.
Counterparty risk reduction: BAM fees are collected and settled immediately, which reduces exposure to counterparty risk.
Network effect: The price of the BAM token is driven by the network effect of all users, and a significant increase in the number of BAM users should lead to an increase in the token’s value. The market capitalisation of BAM is separate from the revenue stream that Bamboo generates for providing the service. The amount of BAM that Bamboo levies is determined by the value of the underlying portfolio assets, and any change in the price of BAM is realised by holders of BAM.
The Bamboo team believe that the use and integration of the BAM token within the Bamboo ecosystem will enable future transparent and borderless economic activity.

Main positives:
Bamboo was founded on the desire to make purchasing cryptocurrencies easier, and there is a definite gap in the market for an efficient, easy to use app that allows any mobile phone user to invest in cryptocurrencies. Over the last few months, major cryptocurrency exchanges such as Coinbase, Binance, and Bitfinex have experienced a huge surge in signups, which shows that there is demand for a service that provides easy access to the blockchain economy. As mainstream media continues to focus on digital assets such as Bitcoin, Litecoin, and Ripple there will be a natural increase in the number of individuals aiming to invest in cryptocurrencies.

Main negatives:
The project is still in the early stages of development. The full whitepaper is yet to be published, and the platform is currently in closed beta testing. The platform is expected to be released to initial target markets in mid 2018, with additional markets scheduled to be added afterwards.
As with all wallets, exchanges, or asset management services, adoption is crucial and marketing plays an important part in increasing both visibility and interest in the project. Bamboo’s social media channels need some work, as the Telegram channel has less than 1000 members and the Twitter account only has around 100 followers.
The Bamboo team also face competition from more developed projects such as Ethos, Bread, and Eidoo.

続きを読む
  • 情報の更新には時差がある可能性があるため、各ICOプロジェクトに関する正確な情報は、公式Webサイトまたはその他の通信チャネルを通じて検証する必要があります。
  • この情報は、ICO資金への投資に関する提案やアドバイスではありません。関連情報を自分で徹底的に調査し、ICOの参加を決定してください。
  • このコンテンツに関して修正すべき問題や問題があると思われる場合、またはご自身のICOプロジェクトをリストに載せたい場合は、電子メールでご連絡ください。
免責事項とリスクに関する警告をお読みください。 免責事項とリスクの警告を表示します。
    

免責事項&リスクの警告     

このオファーは、オファーと他の一般に公開されている情報によってのみ提供される情報に基づいています。トークンの販売または交換のイベントは、ICOholderとは全く無関係であり、ICOholderはそれに関与していません(技術サポートやプロモーションを含む)。 ICOholderとの関係がない人物からのトークンの売り上げは、顧客が全体のトークンセクター内で行われている活動を追跡するのを助けるためにのみ表示されます。この情報は、あなたが頼りにするべきアドバイスにはなりません。弊社サイトのコンテンツに基づいて、行動を取る、または控える前に、プロフェッショナルまたはスペシャリストの助言を得るか、またはお客様のデューデリジェンスを実施する必要があります。トークンの取得に関してコントリビュータによって入力された条件は、トークンの発行者とトークンの発行者であり、ICOholderはそのようなトークンの販売者ではありません。 ICOholderは、トークンの販売に関して第三者が行ったいかなる表明についても法的責任を負いません。また、契約違反の申し立ては、ここに記載されたトークン発行会社に対して直接行われなければなりません。     

このトークン販売の性質、妥当性または合法性について懸念がある場合は、 [email protected] までご連絡ください。あなたの懸念事項に関する詳細情報と一緒に。

Planning an ICO? We can help with a wide range of support for all stages of your ICO