Ambrosus

Ambrosus

Created using Figma
Created using Figma
Ambrosusプロジェクトでは、信頼できるエコシステムを構築し、製品の歴史全体を確実に記録し、それに応じて商取引を実行できるようにすることで、グローバルサプライチェーンを大幅に改善することを目指しています。私たちは、より安全で自律的なサプライチェーンを実現し、流通プロセスを改善し、消費者が自社の製品がどこから来て、実際にどこにあるのかを簡単に見られるようにします。
  • 市場
    ペア
    価格
    ボリューム24H
    24H(価格)
    24時間(ボリューム)
  • Binance
    AMB/BTC ] 1、Inf [%count%分前
    $ 0.0117
    $ 1.202 M
    5.10%
    324.73%
  • HitBTC
    AMB/USD 1時間前
    $ 0.0118
    $ 904.80
    4.56%
    1,413.30%
  • HitBTC
    AMB/BTC 1時間前
    $ 0.0118
    $ 3.633 K
    5.78%
    1,272.26%
  • Livecoin
    AMB/BTC 1時間前
    $ 0.0120
    $ 495.27
    11.80%
    134.17%
  • KuCoin
    AMB/BTC 1時間前
    $ 0.0118
    $ 5.629 K
    4.89%
    -7.89%
  • KuCoin
    AMB/ETH ] 1、Inf [%count%時間前
    $ 0.0119
    $ 604.01
    7.29%
    31.96%
  • HitBTC
    AMB/ETH ] 1、Inf [%count%時間前
    $ 0.0119
    $ 158.18
    -
    -
  • TOKOK
    AMB/ETH 4 days ago
    $ 0.0114
    $ 5.22
    -
    -
  • Bamboo Relay
    AMB/WETH 8 days ago
    $ 0.0002
    $ 0.000
    -
    -
  • Livecoin
    AMB/ETH 13 days ago
    $ 0.0165
    $ 3.15
    -
    -
  • Idex
    AMB/ETH 14 days ago
    $ 0.4121
    $ 50.29
    -
    -
  • ForkDelta
    AMB/ETH 18 days ago
    $ 0.0139
    $ 2.28
    -
    -
  • Livecoin
    AMB/USD 20 days ago
    $ 0.0083
    $ 2.47
    -
    -
  • Binance
    AMB/ETH 22 days ago
    $ 0.0086
    $ 7.888 K
    -
    -
  • Livecoin
    AMB/USDT 1か月前
    -
    -
    -
    -
  • Livecoin
    AMB/RUR ] 1、Inf [%count%か月前
    $ 0.0364
    $ 33.36
    -
    -
  • Binance
    AMB/BNB ] 1、Inf [%count%か月前
    $ 0.0088
    $ 8.355 K
    -
    -
  • Bilaxy
    AMB/ETH ] 1、Inf [%count%か月前
    $ 0.0067
    $ 57.359 K
    -
    -
  • LATOKEN
    AMB/ETH ] 1、Inf [%count%か月前
    $ 0.00001154
    $ 0.0110
    -8.56%
    -
  • Radar Relay
    AMB/WETH ] 1、Inf [%count%か月前
    -
    -
    -
    -
  • Radar Relay
    AMB/DAI ] 1、Inf [%count%か月前
    -
    -
    -
    -
  • TokenJar
    AMB/WETH ] 1、Inf [%count%か月前
    -
    -
    -
    -
  • Mercatox
    AMB/BTC ] 1、Inf [%count%か月前
    $ 0.0547
    $ 2.838 K
    -8.23%
    -27.85%
  • Mercatox
    AMB/ETH 1年前
    $ 0.0383
    -
    -
    -
  • Gatecoin
    AMB/ETH 1年前
    -
    -
    -
    -
  • Gatecoin
    AMB/BTC 1年前
    -
    -
    -
    -
  • Bibox
    AMB/PRF 1年前
    $ 0.0141
    $ 1.871 K
    -
    -
  • Bibox
    AMB/AVA 1年前
    $ 0.0139
    $ 1.654 K
    -
    -
  • Everbloom
    AMB/ETH 1年前
    $ 0.1060
    -
    -
    -
2017/09/12
2017/10/12
100% 完成した
$32 229 228
380.4 K
100% ゴール 完成した
past
  • 1100 AMB
    =
    1 ETH
トークンの詳細
ティッカー
AMB
会社の詳細
登録国
Switzerland
追加の詳細
カテゴリー
健康

約 Ambrosus

アンブロサスについて

食品&医学は生命に不可欠な製品ですが、 今日のグローバルサプライチェーンの運営方法は、ほとんどの人が 私たちが食べ物や食べ物を消費するときに本当に得ていることを知る 薬。

Ambrosusプロジェクトでは、グローバル 信頼できるエコシステムを構築してサプライチェーンを 製品の歴史全体を記録し、商業的に実行する それに応じて取引が行われます。

私たちは、より安全で自律的なサプライチェーンを可能にしようと努めています。 流通プロセスを改善し、消費者が容易に見ることができるようにする 彼らの製品はどこから来て、実際には何が入っているのでしょうか?

私たちはあなたにもっと学び、私たちが提供するように調整してお待ちしています 今後数ヶ月の間にさらに多くの情報が得られます。

アンブロスの生態系

  • サプライチェーン2.0
    サプライチェーンのインテリジェントな統治 プロセス、品質、およびトレース
  • データ変換
    センサは、商品や出荷に関する貴重なデータを生成します。 貨幣化する
  • 直接取引
    商品交換プラットフォームと地方分権市場 商取引への新しい道
  • 分散型多用途性
    ナノセンサーからスーパーコンピュータまで、すべてのデバイスが 中央ノードなし

特徴

- Ethereumの実装が組み込まれています。マルチチェーン実装 開発
- スマート契約によるマーケットプレイス
- センサー試作品のテスト
- いくつかの使用事例と実行されたパイロット(オリーブオイル、チーズ、ベイビー 食品、シーフード)
- 国連、EIT食糧スイス連邦機関からの支援 技術とその他(Ambrosusは国連持続可能な開発の公式パートナーです フードプログラム)
- スイス政府からの融資(経済省 プロモーション、スイス、ボー、スイス)

技術情報

Technical details:  Technical publications can be found here: https://ambrosus.com/#tech-docs Initial implementation on Ethereum Protocol + IPFS; Further implementation will be done with multi-chain solutions Smart contracts are the core of ambrosus protocol. The system of contracts is written in Solidity and compiled to EVM (Etherem Virtual Machine). Contracts are combined together to co-operate and create services around food supply chain. They are abstract building blocks for different applications. There are some basic abstractions in the protocol, including: Measurements - a contract abstraction used to store measurements - a basic unit of a history of an item in supply chain Requirements - a basic way to describe expectations about food in supply chain Validator - a way to check if given food history (list of measurements) meets specific validation rules (e.g. meet requirements) Agreement - represents agreement between Parties, with specific rules considering food in supply chain In a top of those abstractions are build implementations for specific use cases. They are more concrete building blocks. Examples are: MeasurementsOnChain - allows measurements devices to store measurements on the Ethereum blockchain, note: this might very inefficient and therefore one should for production purposes use the following contract. MeasurementsOffChain - allows measurements devices to store measurements off the blockchain, in this case on the IPFS. Measurements can be later verified using this contract on their origin (e.g. if they come from authorized devices) and completeness (if any thing is missing) Range requirements - allow expressing expectations in future or past measurements In the top of that we build more complete solutions per use case e.g.: Market - a marketplace for buying and selling food. Suppliers can create profiles using their Ethereum wallets. Buyer can sellers can make agreements directly on the market. DeliveryAgreement - allows parties to make a delivery agreement in the form of contract on Ethereum. Agreement uses building blocks like Requirements to define the quality standard of food agreed upon. Measurements to store information delivered by measurement devices along the way. The agreement can use escrow, so the money for the supplier is automatically released if all conditions from the agreement are met. On the other hand, the buyer can reimburse if delivered food did not meet quality standard agreed upon. The source code:  Public code: https://github.com/ambrosus Private code can be shared with interested parties separately/ Proof of developer:  Public team

%name%ロードマップ

  • 2017年9月〜10月

  • トークン生成イベント
  • 2017年10月

  • サプライチェーンマネジメントプロトコルのアルファ版のリリース。センシングシステム、エッジおよびセントラルゲートウェイのための概念実証のリリース。
  • 2017年11月

  • 食糧および商品のための、品質駆動の分散型市場のアルファ版のリリース。カスタマイズされたデータセンターとオーダーメイドAPIの最終的なアーキテクチャと開発暗号化方式の選択とテスト。
  • 2017年12月

  • 分散型商品取引プラットフォームのアルファ版のリリース。 5つの研究開発プログラムの開始。
  • 続きを読む
  • 2018年1月

  • 製品の品質評価のためのローザンヌの優秀なセンターの開設:サプライチェーン内の分析、センシング、監視、デジタル化、追跡、タグ付け、追跡。ハードウェア開発のための専用デジタル商品品質研究ラボの立ち上げ。サプライチェーンにおけるデジタル化と自動化のレベルを向上させるためのサプライチェーンマネジメントプラットフォームのためのリサーチノードのセットアップ。重要なステークホルダーとの対話を識別する。
  • 2018年2月

  • サプライチェーンセンサー用の大規模分散ストレージソリューションのAlphaバージョンの発売。ゲートウェイの製造とテストデータセンターの検証とデータ分析モジュールのテスト。
  • 2018年3月

  • Ethereumブロックチェインに統合された市場、交換プラットフォーム、製品チェッカーソフトウェアのパブリックベータ版の発売。レガシーセンサーとIoT用のフルセットのAPIのリリース。開発者用ツールスイートの起動。 SAPとGs1ソフトウェアによるAPIの相互運用性のためのoracelizedモジュールの開発第1世代の食品トレーサーのリリース。
  • 2018年4月

  • Ambrosusプロトコルのためのデジタル協調ソフトウェアの立ち上げ。農家や食品製造者が直接販売のためのブロックチェーンエンティティを作成し、財源をプールすることを可能にする。
  • 2018年5月

  • 注文を実行するロジスティクス会社に売買契約を結ぶためのマッチメーキングプラットフォームの立ち上げ。
  • 2018年6月

  • Ambrosus(センサ、タグ、トレーサ)と自己修復(メッシュ)ネットワーク機能を組み合わせた第1世代センサシステムのリリース。 Ambrosus技術と相互運用するIoTセンサー、分析機器、非侵襲/現場静止型およびモバイル検知システム、周辺機器(スマートプリンターおよびその他のシステム)に関するカタログの発売
  • 2018年夏

  • ラボの認定とセンシングシステムの検証。コンセプトの証明と、Ambrosusとの互換性を持つ改ざん防止ソリューションによるバイオセンサーのプロトタイプとスマートパッケージのリリース。
  • 2018年秋

  • 企業ソリューションとエンタープライズソフトウェアソリューションの立ち上げ。ストレージと財布を完全に統合した完全機能のメインネットワークの立ち上げ。 Ambrosusのマルチチェーン操作性を備えたフレームワークをリリースし、Bitcoin、RippleおよびHyperledgerブロックチェーンで動作させることができます。第二世代の食品タグとトレーサーのリリース。センサーへのAIの早期組込み。アルファ版バイオセンサーの発売、テストとバリデーション。米国とアジアのハブの操業開始。
  • 2018年冬

  • 食品、医薬品、コモディティのサプライチェーンにおけるブロックチェーンベースの規範と基準に関するワーキンググループの立ち上げ。以下の資金調達オプションを持つ農民アウトリーチイニシアチブの開始:ファーマーズファンド;食糧生産者が直接市場に出席するための支援サービスを開始。優秀なセンターでまずレビュー。再調整と将来の展望。 6ヵ月ごとに監査を組織する。
  • 2019年春

  • エッジコンピューティング能力を持つスマートセンサーシステムの発売 - 第1世代(人工知能容量を接続せずに保持する、つまりエッジで意思決定を行うセンサー)サイドチェーン/オフチェーン取引の統合。複数のブロックチェーンとの完全な相互運用性
  • 2019年春

  • 第1世代のナノセンサーとバイオセンサーの発売スマートパッケージング;アンバー互換のハードウェアソリューションの発売。
  • 2019年夏

  • Ambrosus Protocol 2.0のリリース。人工知能技術とIoTデバイスに対する最新の機能を備えています。
  • 2019年秋

  • スマートパッケージングに完全に統合された第2世代センサーのリリース。製品の完全なデジタル化。 Ambrosus Protocol 2.0による検証。
  • 2019年冬

  • 完全な取引プラットフォーム機能を備えた交換プラットフォームのリリース(当局からの必要なライセンスと許可の取得)により、本格的な分散型Exchangeおよび暗号化取引プラットフォームの立ち上げが容易になりました。
  • 2020年春

  • 地方自治体、センサーシステム、人工知能に支配された最初の大規模完全自動サプライチェーンソリューションのリリース。完全な品質管理と、支払い決済メカニズムを含む様々な当事者間の財務上および商業上の関係の管理。
  • 2020年夏秋

  • プラットフォームのスケールアップ、食品、天然資源、医療製品を含むさまざまな業界での統合自律的、インテリジェント、自治的なサプライチェーン。

アクティビティ

イベントへの参加

Ambrosus チーム

検証済み 0%

注意。確認されていないメンバーは実際にチームのメンバーではないというリスクがあります

Angel Versetti
CEO
未確認
Dr Stefan Meyer
CTO
未確認
Matthew Roberts
Lead Blockchain Developer
未確認
Konrad Szalwinski
Lead Frontend Developer
未確認
Prof Jean-Paul Sando...
Lead Engineer
未確認
Marek Kirejczyk
Lead Blockchain Developer
未確認
Prof Esther Amstad
Head of Science
未確認
Katerina Ianishevska
Community Manager
未確認

2 ICO

$82 229 228

Dhanesh Kothari
Mentor
未確認

顧問

検証済み 0%

注意。確認されていないメンバーは実際にチームのメンバーではないというリスクがあります

2 ICO

$72 229 228

Dr Vlad Trifa
Technical Advisor (Hardware)
未確認

3 ICO

$32 229 228

Oliver Bussmann
Strategic Advisor
未確認
Prof Malcolm J W Pov...
Scientific Advisor (Food Reassurance)
未確認

4 ICO

$59 229 228

Jehan Chu
Strategic Advisor
未確認

8 ICO

$82 004 155

Jaron Lukasiewicz
Strategic Advisor
未確認
Dr Fabiola Dionisi
Scientific Advisor (Quality Control)
未確認
Prof Sandro Carrara
Scientific Advisor (Biosensors)
未確認

10 ICOs

$88 277 157

David Wachsman
Public Relations Advisor
未確認
Tom Lyons
Communications Advisor
未確認

54 ICOs

$327 380 668

David Drake
Strategic Advisor
未確認
$ 0.0120
7.41%
Coin Stats
Daily, %:
7.41%
Weekly, %:
23.57%
Monthly, %:
38.26%
Market Info
Market Cap:
$ 1.75 M
Volume 24h:
$ 1.224 M
Circ. Supply:
144.591 M AMB
Ticker:
AMB
ICO profit
X 0.0001
ICO Price~$236.83

%name%レビュー

crushcrypto.com
News, reviews

Opportunities:
The project has an above-average team and all-star advisors, which would legitimize the project even when the company is publicly launched only three months ago.
Presale has raised around CHF 30 million already.
New regulations or more stringent requirements around the distribution of specialty goods, such as medicinal products could increase demand for supply chain QA. For example, a recent change under the EU regulation, Good Distribution Practice of Medicinal Products for Human Use, requires companies to report any deviations to the distributor and the recipient of the affected medicinal products

Concerns:
Food sensor and tracking is very common and lots of companies are doing it already. Ambrosus faces stiff competition in the traditional space, such as GlobeRanger, Oceansoft, and Blue Maestro, as well as in the blockchain space from Modum.
The project is only launched for three months old based on the Linkedin profiles of the CEO and CTO. We feel like this project receives the attention it has solely because of Gavin Wood and other advisors. We don’t even see a picture of the hardware – the component that is essential to the Ambrosus platform.
We believe Ambrosus is an average business idea, one that is difficult for the company to gain a substantial competitive advantage over other competitors and gobble up market share.
Seems like the only advantage Ambrosus has over existing competitors is that data on the Ambrosus platform is incorruptible and tamperproof. However, is it really needed? We don’t believe so.
Moreover, Ambrosus is creating its own blockchain. We would question the security of it because there won’t be much decentralization of nodes as there’s no incentive for independent parties to validate the transactions on the Ambrosus blockchain.
Food contamination is not a very big problem that we are facing. Here is a list of major foodborne illness outbreaks. As you can see, they happen rather infrequently.

Conclusion:
Overall, we are neutral on the ICO’s short-term potential and dislike its long-term potential.
This project is hyped because of its advisors. All-star advisors are great for an ICO only if the project makes sense. A company that was launched three months ago raising CHF100 million to create food sensors and a related blockchain doesn’t make much sense to us. Without business fundamentals, all the advisors in the world would not help the project.
Our thoughts of the tokens for short term and long term are as follows:
For short-term holding:
Neutral. The team of advisors really bring the awareness up. However, the hard cap of CHF 100 million is exceptionally high, especially if you consider the company is publicly launched only three months ago. The two token ICOs raising over $100 million, Bancor and Status, are both delivering negative return so far.
In addition, with Modum and Ambrosus’ ICO being so close together, many investors would compare the market cap of each ($23 million for Modum and CHF 250 million for Ambrosus on a fully diluted basis if hard caps are reached). Doing so would make Ambrosus’ valuation seem that much more expensive.
For long-term holding:
Bad. As mentioned above, we don’t believe a blockchain solution is really necessary in the food safety supply chain space. Therefore, the chance of Ambrosus being a success is low.

続きを読む
  • 情報の更新には時差がある可能性があるため、各ICOプロジェクトに関する正確な情報は、公式Webサイトまたはその他の通信チャネルを通じて検証する必要があります。
  • この情報は、ICO資金への投資に関する提案やアドバイスではありません。関連情報を自分で徹底的に調査し、ICOの参加を決定してください。
  • このコンテンツに関して修正すべき問題や問題があると思われる場合、またはご自身のICOプロジェクトをリストに載せたい場合は、電子メールでご連絡ください。
免責事項とリスクに関する警告をお読みください。 免責事項とリスクの警告を表示します。
    

免責事項&リスクの警告     

このオファーは、オファーと他の一般に公開されている情報によってのみ提供される情報に基づいています。トークンの販売または交換のイベントは、ICOholderとは全く無関係であり、ICOholderはそれに関与していません(技術サポートやプロモーションを含む)。 ICOholderとの関係がない人物からのトークンの売り上げは、顧客が全体のトークンセクター内で行われている活動を追跡するのを助けるためにのみ表示されます。この情報は、あなたが頼りにするべきアドバイスにはなりません。弊社サイトのコンテンツに基づいて、行動を取る、または控える前に、プロフェッショナルまたはスペシャリストの助言を得るか、またはお客様のデューデリジェンスを実施する必要があります。トークンの取得に関してコントリビュータによって入力された条件は、トークンの発行者とトークンの発行者であり、ICOholderはそのようなトークンの販売者ではありません。 ICOholderは、トークンの販売に関して第三者が行ったいかなる表明についても法的責任を負いません。また、契約違反の申し立ては、ここに記載されたトークン発行会社に対して直接行われなければなりません。     

このトークン販売の性質、妥当性または合法性について懸念がある場合は、 [email protected] までご連絡ください。あなたの懸念事項に関する詳細情報と一緒に。

Planning an ICO? We can help with a wide range of support for all stages of your ICO