VidGiv

VidGiv

Created using Figma
Created using Figma
VidGivはビデオ制作者のためのエキサイティングな新しいブロックチェーン技術です。 YouTubeなどのプラットフォームと統合して、制作者に二次収入源を提供します。しかしそれは単なる暗号ではなく、エコシステム全体です。
Sale
2018/03/01
2018/05/09
100% 完成した
資金調達 - データなし
past
トークンの詳細
許容通貨
ETH, FIAT

約 VidGiv

作成者にはVidGiv(VGV)トークンが支払われます。これはアトミックスワップによってBitcoin、Ethereum、その他の暗号通貨に変換できます。

アップロードする前に支払い先住所をビデオに添付するだけで、あとはVidGivが処理します。 VidGivが自動的にUIを作成し、支払いを受け取ります。

%name%ロードマップ

  • Milestones accomplished so far:

  • Launched VidGiv website (1st stage), prepared ICO, created a promotional video, created the VidGiv Testnet and started preliminary development of the ecosystem.
  • 2018-2019

  • Development of the VidGiv Testnet, launch website (2nd version), develop integration with Storj. Transactional blockchain should be complete within 3 months.
  • 2019-2020

  • Launch VidGiv Mainnet and decentralized file storage system. Create 2nd gen VidGiv tokens which will be replaced with a 1:1 ratio with the original ICO tokens. Begin intensive promotional phase. Develop Storj integration solution.
  • 2020-2021

  • With the Mainnet and ecosystem in place, this phase will focus on growing the userbase via promotion and advertising.

アクティビティ

VidGiv チーム

検証済み 0%

注意。確認されていないメンバーは実際にチームのメンバーではないというリスクがあります

Jhem Murray
CEO
未確認
Nancy Ketola
Head of Design
未確認
Jie Wang
Head of Development
未確認
Anay Patel
Smart Contract Developer
未確認
N/A
5.0 13
ICO プロフィール ビジョン アクティビティ 潜在的な 製品 チーム
  • 情報の更新には時差がある可能性があるため、各ICOプロジェクトに関する正確な情報は、公式Webサイトまたはその他の通信チャネルを通じて検証する必要があります。
  • この情報は、ICO資金への投資に関する提案やアドバイスではありません。関連情報を自分で徹底的に調査し、ICOの参加を決定してください。
  • このコンテンツに関して修正すべき問題や問題があると思われる場合、またはご自身のICOプロジェクトをリストに載せたい場合は、電子メールでご連絡ください。
免責事項とリスクに関する警告をお読みください。 免責事項とリスクの警告を表示します。
    

免責事項&リスクの警告     

このオファーは、オファーと他の一般に公開されている情報によってのみ提供される情報に基づいています。トークンの販売または交換のイベントは、ICOholderとは全く無関係であり、ICOholderはそれに関与していません(技術サポートやプロモーションを含む)。 ICOholderとの関係がない人物からのトークンの売り上げは、顧客が全体のトークンセクター内で行われている活動を追跡するのを助けるためにのみ表示されます。この情報は、あなたが頼りにするべきアドバイスにはなりません。弊社サイトのコンテンツに基づいて、行動を取る、または控える前に、プロフェッショナルまたはスペシャリストの助言を得るか、またはお客様のデューデリジェンスを実施する必要があります。トークンの取得に関してコントリビュータによって入力された条件は、トークンの発行者とトークンの発行者であり、ICOholderはそのようなトークンの販売者ではありません。 ICOholderは、トークンの販売に関して第三者が行ったいかなる表明についても法的責任を負いません。また、契約違反の申し立ては、ここに記載されたトークン発行会社に対して直接行われなければなりません。     

このトークン販売の性質、妥当性または合法性について懸念がある場合は、 [email protected] までご連絡ください。あなたの懸念事項に関する詳細情報と一緒に。

Planning an ICO? We can help with a wide range of support for all stages of your ICO