Usechain

Usechain

Created using Figma
Created using Figma

最後の更新

2018/09/18

Usechainは、最初の一見グラスな同一性のブロックチェーンエコシステムの開発に取り組んでいます。ブロックチェーンの既存のテクノロジに基づいて、Usechainは、ミラーの全会一致プロトコルに基づいて構築され、テクノロジおよび構成の作成におけるマルチレベルの革新と統合された最初のコミュニティブロックチェーンとなります。 USEトークンはユーティリティトークンです。
  • 市場
    ペア
    価格
    ボリューム24H
    24H(価格)
    24時間(ボリューム)
  • KuCoin
    USE/ETH ] 1、Inf [%count%分前
    $ 0.0015
    $ 573.87
    9.55%
    1,155.46%
  • KuCoin
    USE/BTC ] 1、Inf [%count%分前
    $ 0.0015
    $ 352.91
    9.48%
    87.60%
  • Bilaxy
    USE/ETH 1時間前
    $ 0.0015
    $ 4.825 K
    14.50%
    83.72%
  • HitBTC
    USE/ETH 1時間前
    $ 0.0012
    $ 5.17
    -
    -
  • HitBTC
    USE/BTC 1時間前
    $ 0.0012
    $ 5.08
    -
    -
  • Idex
    USE/ETH ] 1、Inf [%count%か月前
    $ 0.0002
    -
    -
    -
  • OAX
    USE/ETH ] 1、Inf [%count%か月前
    $ 0.0014
    -
    -
    -
  • KuCoin
    USE/USDT ] 1、Inf [%count%か月前
    $ 0.0011
    $ 30.91
    -
    -
  • Coineal
    USE/ETH
    -
    -
    -
    -
UPCOMING
2018/07/29
2018/08/08
100% 完成した
$29 326 000
100% ゴール 完成した
past
トークンの詳細
ティッカー
USE
許容通貨
ETH
追加の詳細
MVP /プロトタイプ
はい
プラットフォーム
Ethereum
ホワイトリスト
はい , から Jun 20, 2018 まで Aug 8, 2018
KYC
はい
カテゴリー
プラットフォーム

約 Usechain

まったく新しいコンセンサスメカニズム、高性能と強力なセキュリティを完全にバランスさせるためのランダム化された作業証明、およびゼロレベル証明、アイデンティティ仮想マシン(IVM)、アイデンティティネットワーク共有(INS)の導入、Identity Transaction Sharding(ITS)、Enhanced Smart Contract、およびその他の革新的なテクノロジにより、Blockchain 3.0をリードする新世代のBlockchainを作成します。

有効なアイデンティティをコアの理想として設定して、UsechainはMIPに基づいた真新しいブロックチェーンコマーシャルモードを構築するつもりです。そして、ブロックチェーンの最下層での伝統的なものよりはるかに優れている「IDデータの経済性」など、現在のブロックチェーン業界のモード&IDクレジットモデル。” Usechainは分散型の包括的な金融サービスをサポートすることができます。パーソナライズされたIDトークンによって、実世界とデジタル世界の間のシームレスな接続、さらには個人、組織、さらには資産のIDトークン化が実現されます。高性能の分散型交換をサポートし、エコシステム内のあらゆる形態の価値を循環させ、非常に高い効率で運用することができます。それはまた、各個人に正確で、便利で、リアルタイムのチェーン通りのウォール街の金融サービスを提供するでしょう。

特徴

ハードウェアベースのパフォーマンス向上;

プライバシー保護されたIDアプリケーション;

境界のないアイデンティティエコシステム;

サポートされているトップビジネススクール

技術情報

Usechainは、ミラーアイデンティティに基づくパブリックチェーンの開発、アイデンティティパブリックチェーンに基づくエコシステムの確立、ブロックチェーンアドレスを検証済みの実際のユーザーにリンクするあらゆる種類のブロックチェーンアプリケーションの実装の促進、およびソーシャルクレジットの密接な統合の実現に取り組んでいます。 、インフラストラクチャ、および商業用途。ゼロ知識プルーフに基づくMIP(Mirror Identity Protocol)によって、ID情報とID情報の分離を実現し、IDチェーンが匿名のパブリックチェーンと同じプライバシーレベルとセキュリティレベルを持つことを可能にします。チェーン上の住所およびチェーン外の人の身元ミラー識別情報を十分に活用することで、一方では、ネットワーク共有アルゴリズム、合意アルゴリズム、仮想マシンなどの現在存在するブロックチェーンアルゴリズムを大幅に向上させることができ、他方では、既存の匿名ブロックチェーンの機能を提供できます。一人一票、アドレスペナルティなど、持っていないことは、ブロックチェーン自体の手続き性能を向上させ、ブロックチェーン自体が大規模で商業的使用を扱うことを可能にし、そして巨大な商業的価値を生み出す。 p>

%name%ロードマップ

  • 2016

  • Determine identity-based blockchain.
    Research on algorithm of identity-based blockchain.
    Put forward the concept of identity tokenization.
  • Q1 2017

  • Determine design principles and objectives.
    Compile development plan.
    Officially launch the Usechain project.
  • Q3 2017

  • Design system architecture and basic protocol.
    Integrated planning of ecosystem.
  • Q4 2017

  • Develop underlying public blockchain.
    Cooperate with partners to explore application scenarios.
  • 続きを読む
  • Q1 2018

  • Develop fundamental functions of underlying public blockchain.
    Develop address-identity mapping system.
    Certification Authentication Center Service.
  • Q2 2018

  • Develop privacy protection system.
    Form core community and achieve 50000+ people.
  • Q3 2018

  • Develop software-based RPOW consensus algorithm.
    Develop enhanced smart contracts.
    Develop TPOS consensus algorithm.
    Launch beta version of main chain.
    Achieve 100000+ people in the community.
    Launch the first DApp.
  • Q4 2018

  • Set up sub-chain structure.
    Develop cross sub-chain communication.
    Build Usechain eco-fund to accelerate ecosystem development.
    Develop multi-industry vertical community.
  • 2019

  • AI system of address behavior analysis.
    Develop tokenized multi-node system.
    Develop hardware-based RPOW consensus algorithm.
    More multi-industry identity-based DApps.
    Launch decentralized exchange.

アクティビティ

アクティビティ:
137
MEDIUM
投稿:
591
HIGH
ビュー:
17 582
VERY HIGH
アクティビティ:
312
HIGH
値する:
250
HIGH
投稿:
3 990
VERY HIGH
ビュー:
206 624
VERY HIGH
ユーザー:
1 457
VERY HIGH
フォロワー:
2 149
MEDIUM
好き:
2 001
MEDIUM
評価:
5
VERY HIGH
フォロワー:
13 531
VERY HIGH
ツイート:
406
HIGH
30日間の成長:
-178
メンバー:
11 711
VERY HIGH
30日間の成長:
-1121
年コミット:
728
ウォッチャー:
57
星:
30
フォーク:
27
未解決の問題:
1

Usechain チーム

検証済み 10%

注意。確認されていないメンバーは実際にチームのメンバーではないというリスクがあります

Gengnan SONG
Global Community Developer
未確認

2 ICO

$29 326 000

Liang ZHANG
Technical Architect
未確認
Henry CAO
Founder,CEO
未確認
Baohong SUN
Co-founder, CSO
検証済み
Shengli ZHANG
Chief Scientist
未確認
Feng ZHANG
Senior Financial Specialist
未確認
Erik XU
COO
未確認
Andy ZHOU
CTO
未確認
Lin ZHAO
CPO
未確認
Amanda SHEN
CMO
未確認

顧問

検証済み 0%

注意。確認されていないメンバーは実際にチームのメンバーではないというリスクがあります

3 ICO

$520 131

Yin CAO
Advisor
未確認
Qian MA
Advisor
未確認

3 ICO

$520 131

Jeff CAO
Advisor
未確認

元メンバー

Lucas LU
Senior Advisor
Stewie Zhu
Senior Advisor
Shangjin WEI
Advisor
Allen YAN
Advisor
Jianfeng YU
Advisor

Usechain インタビュー

Baohong SUN
As a team member, сan you tell us about your role in the ICO project? What do you think about idea?
I am Chief Strategy Officer of Usechain project. Usechain is committed to developing the world's first mirror identity blockchain ecosystem.

Usechain 最後のニュース

$ 0.0014
-0.68%
Coin Stats
Daily, %:
-0.68%
Weekly, %:
6.41%
Monthly, %:
10.30%
Market Info
Market Cap:
$ 6.014 M
Volume 24h:
$ 5.366 K
Circ. Supply:
4.365 B USE
Ticker:
USE

%name%レビュー

thetechinsider.org
reviews

Positives
User Incentives: Users can create value by investing time, assets, attention, etc. and receive returns from the ecosystem. The identity value in Usechain’s ecosystem will give back to the owners that will possess the main rights of the after all of the participants to reach a consensus. This will eliminate oligopoly and interest center by helping to create a “virtual society.”
Built to Scale: Usechain is designed to support large-scale transactions to meet the demands of millions of users. This helps manage the huge range of social and commercial applications that are on the platform.
Identity Virtual Machine: The IVM (Identity Virtual Machine) is the new standard for creating a high-performance smart contract. This can be sandboxed and defined with some applications.
Negatives
Limited Location: Usechain is only used in Singapore. This makes it harder for users in the US to invest in the platform. We hope that Usechain can expand to other countries as it continues to develop in the future.
Whitepaper Clarity: The whitepaper has a multitude of technical speak and errors. This can be difficult for investors to get involved with the platform.
Team Experience: While they do have an established team, we don’t know if they have any experience in completing projects. So we’ll have to see how they’ll complete their roadmap over time.

続きを読む
icorating.com
ICO review website

The project has a large number of partners and extensive business support. This fact is important for maintaining attention to the project and improves its position relative to some competitors. The regional focus of such partnerships is somewhat embarrassing, but it often happens with projects from the Asian region.

All of the facts above indicate that the Usechain project is still at an early stage. Wide access to testnet has not yet been provided for the community. We see certain risks in the roadmap timing as a very large amount of development is announced before the end of this year. There is usually increased attention from the community to such a project and possible bugs may be criticized sharply. We hope that the team will make a huge effort to make a high-quality release.

There is some pressure on the project from the competitors. Frankly speaking, new generation blockchains are "diminishing". New projects cannot count on record amounts of funds raised as EOS. Therefore, in order to stimulate interest in the community, the project needs to show good real network tests.

続きを読む
  • 情報の更新には時差がある可能性があるため、各ICOプロジェクトに関する正確な情報は、公式Webサイトまたはその他の通信チャネルを通じて検証する必要があります。
  • この情報は、ICO資金への投資に関する提案やアドバイスではありません。関連情報を自分で徹底的に調査し、ICOの参加を決定してください。
  • このコンテンツに関して修正すべき問題や問題があると思われる場合、またはご自身のICOプロジェクトをリストに載せたい場合は、電子メールでご連絡ください。
免責事項とリスクに関する警告をお読みください。 免責事項とリスクの警告を表示します。
    

免責事項&リスクの警告     

このオファーは、オファーと他の一般に公開されている情報によってのみ提供される情報に基づいています。トークンの販売または交換のイベントは、ICOholderとは全く無関係であり、ICOholderはそれに関与していません(技術サポートやプロモーションを含む)。 ICOholderとの関係がない人物からのトークンの売り上げは、顧客が全体のトークンセクター内で行われている活動を追跡するのを助けるためにのみ表示されます。この情報は、あなたが頼りにするべきアドバイスにはなりません。弊社サイトのコンテンツに基づいて、行動を取る、または控える前に、プロフェッショナルまたはスペシャリストの助言を得るか、またはお客様のデューデリジェンスを実施する必要があります。トークンの取得に関してコントリビュータによって入力された条件は、トークンの発行者とトークンの発行者であり、ICOholderはそのようなトークンの販売者ではありません。 ICOholderは、トークンの販売に関して第三者が行ったいかなる表明についても法的責任を負いません。また、契約違反の申し立ては、ここに記載されたトークン発行会社に対して直接行われなければなりません。     

このトークン販売の性質、妥当性または合法性について懸念がある場合は、 [email protected] までご連絡ください。あなたの懸念事項に関する詳細情報と一緒に。

Planning an ICO? We can help with a wide range of support for all stages of your ICO