GoWithMi

GoWithMi

Created using Figma
Created using Figma
世界初の完全分散型ロケーションベースサービスインフラストラクチャは、ブロックチェーンの最後の主要コンポーネントを補完し、実経済アプリケーションを強化します。
  • 市場
    ペア
    価格
    ボリューム24H
    24H(価格)
    24時間(ボリューム)
  • BigONE
    GMAT/USDT ] 1、Inf [%count%分前
    $ 0.0004
    $ 3.866 K
    -10.08%
    -82.21%
  • Hotbit
    GMAT/ETH ] 1、Inf [%count%分前
    $ 0.0016
    $ 6.167 K
    0.53%
    -50.51%
  • Gate.io
    GMAT/USDT ] 1、Inf [%count%時間前
    $ 0.0006
    $ 5.628 K
    0.57%
    -20.24%
  • Binance DEX
    GMAT/BNB ] 1、Inf [%count%時間前
    $ 0.0011
    $ 0.2138
    -
    -
  • Gate.io
    GMAT/ETH ] 1、Inf [%count%時間前
    $ 0.0006
    $ 65.63
    -
    -
  • BiKi
    GMAT/USDT 1か月前
    $ 0.0002
    $ 5.97
    -
    -
  • Dcoin
    GMAT/USDT ] 1、Inf [%count%か月前
    $ 0.0090
    $ 7.526 K
    -
    -
ICO
2018/12/01
2018/12/31
100% 完成した
資金調達 - データなし
past
会社の詳細
登録国
Singapore
追加の詳細
MVP /プロトタイプ
はい
ホワイトリスト
はい ,
KYC
はい
カテゴリー
プラットフォーム

約 GoWithMi

GoWithMiは、世界初の完全な分散型ロケーションベースサービス(DLBS)インフラストラクチャを構築しています。データ、コンピューティング、個人端末から商業生態学までの大規模な商取引のための完全な信頼できる地理空間的価値交換サービスを提供し、価値の流れを多次元的、安全かつ賢明にし、実体経済に力を与えるためのブロックチェーンの最後の重要要素

GoWithMiの地理空間合意エコロジカルネットワークは、地理空間合意データ生成、空間コンピューティングパワーネットワーク、自己組織化地理空間アセットノード、およびビジネスアプリケーション共有サポートプラットフォームで構成されています。参加意欲を高め、全員に利益をもたらすためのアルゴリズムコンセンサスに基づいた統合DLBS、スーパーオラクル、およびコンセンサスマッププラットフォーム、クロスチェーンはすべてのブロックチェーンプラットフォームをサポート、ロケーションベースのサービスを検索するすべてのアプリケーションのワンストップサポートプログラマブルビジネスの新時代を迎え、チューリングの完全自己循環型ビジネスエコロジーに入ります。

 

特徴

GoWithMiは、インターネットエコシステムジオロケーションサービスのコアコンポーネントを完全に分散化して、ブロックチェーンネットワーク全体のコアコンポーネントとし、インターネットおよびブロックチェーンネットワークのさまざまな上位層アプリケーションから自由に呼び出すことができます。< / p>

GoWithMiの分散型ロケーションベースサービス(DLBS)機能は、マップロケーション、検索とクエリ、ルートナビゲーション、周辺機器と交通情報の検索、空間スマートマイニングなどのシステムの完全なセットを網羅しています。世界初の「空間コンピューティングブロックチェーンネットワークGaia」を革新しました。 Gaiaは完全なデータをチェーンに保存し、POWの分散化とEOSの高い効率性を考慮し、すべてのオブジェクトの平等な権利マイニングにアクセスし、「マイニングプール管理」に抵抗できることを実感できます。その結果、ロケーションベースのサービスシステムの分権化された運用を終わらせることができなくなり、独占者はもはや企業の事業ライフラインを管理できなくなり、個人的な軌道上のプライバシーはもはや補償なしに占有され使用されなくなります。

すべてのブロックチェーンが現実に適用されると、究極の問題が発生します。信頼できないものと接続する方法です。ブロックチェーンの外側から信頼された側にブロックチェーン内の世界?これには「トラステッドゲートウェイメカニズム」が必要です。 GoWithMiはそのような信頼できるゲートウェイメカニズムを提供します。

GoWithMiスーパースペイシャルオラクルは、オリジナルのブロックチェーンの「信頼できるゲートウェイメカニズム」を提供し、ロケーションベースのサービスに関連するすべてのスマートコントラクトに必要であり、「信頼できる」メカニズムでチェーンの内外を結びつけます。スマート契約のための信頼できるロケーションベースのデータのトリガー応答。Ethereumに代表されるTuring-completeのプログラマブルネットワークマシンをオフラインビジネスとシームレスに統合し、シェアトラベルなどのロケーション関連の分散型産業の急速な発展を積極的に促進します。観光、食料配達、速達便、位置精度広告、および行動信用金融により、オフラインビジネスはプログラマブルビジネスの時代へと飛躍することができます。

&nbsp;

%name%ロードマップ

  • March 2017

  • The project is launched.
  • May 2017

  • Indonesia's local operations team established.
  • August 2017

  • The map data mapping platform based on image data completed. It can automatically generate high-precision road network, topography, building outline, etc. based on satellite images and images by unmanned aerial vehicles, solve the cold start problem of batch map data and lay a foundation for low-cost and rapid replication in the future worldwide.
  • September 2017

  • Indonesia's basic map data is completed.
  • 続きを読む
  • October 2017

  • The mobile map beta version IOS) was launched online and began to acquire seed users.
  • December 2017

  • The “map auto-compilation engine” alpha version based on the latest studies in the industry was completed in research and development. For the first time in the world, the full automation of map data is achieved without any human intervention, laying the foundation for all map production on the chain in the future. This method can greatly reduce the map production cost (expected to reduce the traditional centralized collection cost by up to 98%) and improve the map update speed (GoWithMi currently reaches the update speed in "days" and
    can reach an update speed in "minutes" in the future), laying the foundation for realizing "global real-time maps".
  • January 2018

  • Received millions of RMB "angel round" investment from Manzi Venture Capital.
  • April 2018

  • Mobile Map Android 1.0 was launched online;
    Received millions of RMB “angel round” investment from Z Ventures Group, the world's largest geographic information professional investment institution.
  • May 2018

  • Completed the reserve of basic map data throughout Southeast Asia;
    Prototype of consensus data acquisition technology based on symmetric game mechanism completed.
  • June 2018

  • The map of Indonesia is launched online, providing real-time traffic information guidance. The data collection is based mainly on 3D architecture and POI mission reward.
  • July 2018

  • Received 10 million-level PreA round funding from Kresna Investment, the largest IT listed group in Indonesia, and jointly started the development of a local JV company
  • August 2018

  • For the small islands in Southeast Asia, the world's first "blockchain island spatial land rights" pilot auction held in Hong Kong, 20 islands sold out within 1 day;
    System of multi-source data road condition fusion launched, integrating UGC, PGC and industrial data production road conditions, the quality of road conditions had improved;
    The customized version of the Asian Games launched online. During the Asian Games (August 18th to September 2nd), accumulated more
    than 300,000 downloads.
  • September 2018

  • Deep arrangement of basic data for Jeju Island in South Korea, Hong Kong, and Singapore completed;
    Token (GMAT) based on Ethereum ERC20 launched;
    Downloads of mobile phone product exceeded 1.1 million, and DAU exceeded 20,000.
  • October 2018

  • Based on consensus collection, the density of POI collection in the inner ring area of Jakarta has reached 97.95/km2, which is more than twice the data density of Google map for the same region;
    After a rigorous examination by a first-grade car supplier, GoWithMi's Indonesia data has reached the accuracy of car navigation level and began to receive orders from international automobile manufacturers such as Honda.
  • November 2018

  • The Beijing team cooperated with the Silicon Valley team to complete the system architecture design of Spatial peer-to-peer computing network system, and to overcome the application challenges of “impossible triangle” of the blockchain industry, enabling the storage
    of full data on blockchain and full data productions on the blockchain;
    Alpha version of POI query and route navigation function completed in research and development; developed and designed a universal location-based service for C-terminal users who drive logic for the underlying layer with "consensus production and decentralized computing";
    Map in Jeju Island in South Korea launched online; Hong Kong map is ready; map mining function will soon begin.
  • December 2018

  • So far, the "GoWithMi" mobile 3D map App has been updated with 10 Android versions and 6 IOS versions.
  • December 2018 - March 2019

  • Token Raising initiates, fundraising target is $4 million - $15 million.
  • Q1 2019

  • Singapore, Taiwan area map launch;
    Road condition forecast product launch;
    Mobile map products add features of POI query and traffic navigation;
    Landing on the first exchange;
    Product DAU reaches 50,000.
  • Q2 2019

  • Vietnam, Philippines, Thailand map launch
    Spatial peer-to-peer computing network beta version launch;
    Self-owned public blockchain(Gaia) beta version launch;
    DAPP test (space sharing and car sharing direction);
    Local business pilot access;
    Product DAU 150,000.
  • Q3 2019

  • Southeast Asia full coverage;
    Spatial peer-to-peer computing network officially launch;
    Map commercial API beta version launch;
    Super spatial oracle machine pilot launch;
    Mainland China tourism map launch (pilot area);
    Self-own public blockchain officially launch to complete the Token;
    migration. Local business access 1000 businesses;
    DAPP expands to 100 (shared economy & O2O);
    Product DAU 400,000.
  • Q4 2019

  • East Asian coverage;
    Map commercial API official version launch;
    Root node global campaign and deployment;
    Super spatial oracle machine officially launch;
    GoWithMi provides capabilities to support cross-chain;
    Local business access 10,000 businesses;
    DAPP exceeds 300 (shared economy & O2O);
    DAU exceeds 1 million.
  • Q1 2020

  • Beta version for unmanned and high precision map products;
    India map launch;
    Local business access 50,000 businesses;
    Dapp exceeds 1000 (shared economy & O2O);
    DAU 2 million.
  • Q2 2020

  • South Asia map coverage;
    Local business access 200000 businesses;
    Dapp exceeds 2,000 (shared economy & O2O);
    DAU 4 million.
  • Q3 2020

  • Africa map launch;
    Local business access 500,000 businesses;
    Dapp exceeds 5,000 (shared economy & O2O);
    DAU 6 million.
  • Q4 2020

  • South America map launch;
    High-precision map official version launch;
    Local business access 1,000,000 businesses;
    Dapp exceeds 10,000 (shared economy & O2O);
    DAU 10 million.

アクティビティ

メンバー:
1 537
LOW
30日間の成長:
-110

GoWithMi チーム

検証済み 0%

注意。確認されていないメンバーは実際にチームのメンバーではないというリスクがあります

Oliver
Founder & CEO
未確認
Simon
Co-founder & CTO
未確認
Marina Wei
Founding Partner & CMO
未確認
Yolanda
Founding Partner & CPO
未確認
Iwan SP
Founding Partner & COO in Indonesia
未確認

顧問

検証済み 0%

注意。確認されていないメンバーは実際にチームのメンバーではないというリスクがあります

Dr. Jeff Flowers
Blockchain Advisor
未確認
Dr. Jerry Fuqua
Blockchain Advisor
未確認
Chuang Tao
Investor & Advisor
未確認
Charles
Invertor & Advisor
未確認
$ 0.0005
6.69%
Coin Stats
Daily, %:
6.69%
Weekly, %:
0.24%
Monthly, %:
-10.91%
Market Info
Market Cap:
$ 1.373 M
Volume 24h:
$ 12.543 K
Circ. Supply:
2.51 B GMAT
Ticker:
GMAT
  • 情報の更新には時差がある可能性があるため、各ICOプロジェクトに関する正確な情報は、公式Webサイトまたはその他の通信チャネルを通じて検証する必要があります。
  • この情報は、ICO資金への投資に関する提案やアドバイスではありません。関連情報を自分で徹底的に調査し、ICOの参加を決定してください。
  • このコンテンツに関して修正すべき問題や問題があると思われる場合、またはご自身のICOプロジェクトをリストに載せたい場合は、電子メールでご連絡ください。
免責事項とリスクに関する警告をお読みください。 免責事項とリスクの警告を表示します。
    

免責事項&amp;リスクの警告     

このオファーは、オファーと他の一般に公開されている情報によってのみ提供される情報に基づいています。トークンの販売または交換のイベントは、ICOholderとは全く無関係であり、ICOholderはそれに関与していません(技術サポートやプロモーションを含む)。 ICOholderとの関係がない人物からのトークンの売り上げは、顧客が全体のトークンセクター内で行われている活動を追跡するのを助けるためにのみ表示されます。この情報は、あなたが頼りにするべきアドバイスにはなりません。弊社サイトのコンテンツに基づいて、行動を取る、または控える前に、プロフェッショナルまたはスペシャリストの助言を得るか、またはお客様のデューデリジェンスを実施する必要があります。トークンの取得に関してコントリビュータによって入力された条件は、トークンの発行者とトークンの発行者であり、ICOholderはそのようなトークンの販売者ではありません。 ICOholderは、トークンの販売に関して第三者が行ったいかなる表明についても法的責任を負いません。また、契約違反の申し立ては、ここに記載されたトークン発行会社に対して直接行われなければなりません。     

このトークン販売の性質、妥当性または合法性について懸念がある場合は、 [email protected] までご連絡ください。あなたの懸念事項に関する詳細情報と一緒に。

Planning an ICO? We can help with a wide range of support for all stages of your ICO