CRIP.TO

CRIP.TO

Created using Figma
Created using Figma

最後の更新

2018/06/12

CRIP.TOは、誰もが信頼できる方法で最高のチャットシステムにアクセスできるようにするためのソリューションを作成するという単純なアイデアから始めました。 Whatsappのシンプルさと、IRCやTelegramなどのより複雑なチャットシステムのセキュリティ機能とを組み合わせることを目的とした、シンプルで目立たないUIを中心に、最高のチャットルームソリューションの開発を始めました。当社のチームコンピテンシーは、ツールとソフトウェアの設計、ソフトウェア開発、製品とサービスの設計、製品とサービスの流通、販売と事業開発、およびアウトソーシングによるコンサルティングサービスです。同社は、個人、政府機関、そして利益団体のために、彼らのワークフロー、生産性を向上させるため、そして楽しみのために使用できるマルチメディアメッセージングアプリケーションの開発に専念しています。チャットをする人の身元を保持するために開発した専用ハードウェアを使用して、チャットアプリケーションにアクセスすることができます。暗号の保存にも使用できます。
Crowdsale
2018/06/30
2018/07/31
100% 完成した
資金調達 - データなし
ゴール 6 000 000.00 USD
キャップ 6 000 000.00 USD
past
Pre-Sale
2018/04/16
2018/04/23
100% 完成した
資金調達 - データなし
ゴール 10 000 000.00 USD
キャップ 10 000 000.00 USD
past
トークンの詳細
ティッカー
CRIP
会社の詳細
登録国
Estonia
追加の詳細
プラットフォーム
Ethereum

約 CRIP.TO

CRIP.TO製品ライン

CRIP.TOは最初の2つの製品をリリースしています。シールドと黒。

Shieldは、CRIP.TOチャットソリューションのフル機能を使用して、絵文字によるコミュニケーションを強化し、簡単な方法でアクセスできる信頼できるサードパーティ製のモバイルウォレットの安全性をお客様に提供するソフトウェアアプリケーションです。覚えやすいパスワード。

Blackはクラス最高のハードウェアデバイスで、楽しい一層を追加します。暗号通貨のコールド/ホットストレージとして、ハードウェアウォレットのすべての機能と、特許出願中のブロックチェーンクラウドへのデータストリーミングが可能な接続デバイスの便利さを同時に提供できます。それはパスワードで保護されたサービスで世界中どこでも便利なメッセージ検索を可能にします。今後の改善として、2要素認証を有効にします。

* Black用に独自のチップの製造を設計し、規模を拡大します。これは、さまざまな脅威のシナリオに対して完全にテストされ、認定される予定です。 ICOからの資金は、投資家からの拠出金である167百万ユーロの上限に達することに応じて、Blackの開発に使用されます。

ブロックチェーン内のCRIP.TO

クラス最高のセキュリティプロトコルと、当社独自の特許申請中およびクローズドソースの暗号化プリミティブによって実現される、完全に安全なチャット手段を構想します。ブロックチェーン全体はまだ開発中です。プロトコルの分散化された管理とトークン化された株式は、チャットアプリケーションの販売を通じてCRIP.TOが実現する利益に応じて、投資家にRoIを提供します。

CRIP.TOの値

あなたは匿名のままです。あなたのチャットを復号化できるのは誰も、私たちも同じです。

特徴

CRIPでは、次のトークンユーティリティを使用できます。

  • ユーザー認証とプライバシーコンプライアンス
  • ユーザーがCRIP.TOサービスを購入できるプラットフォーム市場の構築。 
  • マスターノードとライトノードの起動、および将来の報酬システムを奨励します。
  • CRIP.TOネットワークを実行します。つまり、トップレベルのセキュリティでデータを転送して保存します。

プラットフォームの性質上、膨大な量の実用性が得られません。 予見しなさい。私たちの現在の提供物と一緒にこれは実用性が増加するだけであるトークンにつながるはずです。

%name%ロードマップ

  • Q2 2018

  • CRIP.TO SHIELD (beta) Field closed Trial (2 months)
    CRIP.TO BLACK Trial
    CRIP.TO BLACK Lite Architecture
    ASIC Planning
  • Q3 2018

  • CRIP.TO SHIELD v1.0 Launch
  • Q4 2018

  • CRIP.TO BLACK v1.0 Launch
    CRIP.TO BLACK Lite prototype and Testing
  • Q1 2019

  • CRIP.TO BLACK Lite (new product) Trial
  • 続きを読む
  • Q2 2019

  • CRIP.TO Open Network trial (independent blockchain)

アクティビティ

CRIP.TO チーム

検証済み 100%

Stefano Alberico
CEO / Founder
検証済み
Marco Cenderelli
COO / Co-owner
検証済み

CRIP.TO インタビュー

Stefano Alberico
As a team member, сan you tell us about your role in the ICO project? What do you think about idea?
I am the founder and CEO of CRIP.TO who is now launching its ICO. I had the original idea back in 2014 when Iw as living and working in Finland, while CRIP.TO has been created in 2017 in Estonia. It believes that everyone has the right to protect their information and keep their privacy. Integrity is a core value, and they see the vast potential of a decentralized, distributed solution like Blockchain
as a key match in this space. CRIP.TO values staying truly independent to make sure you get the best safety there is to offer, which is why an ICO made much more sense than some of the VC offers CRIP.TO has received.
Marco Cenderelli
As a team member, сan you tell us about your role in the ICO project? What do you think about idea?
Co-owner and C.O.O. Thanks to his over-20-years experience as Serial Entrepreneur / CEO , Marco manages all the diverse activities related to the ICO project
3.80
stable
5.0 11
ICO プロフィール ビジョン アクティビティ 潜在的な 製品 チーム
  • 情報の更新には時差がある可能性があるため、各ICOプロジェクトに関する正確な情報は、公式Webサイトまたはその他の通信チャネルを通じて検証する必要があります。
  • この情報は、ICO資金への投資に関する提案やアドバイスではありません。関連情報を自分で徹底的に調査し、ICOの参加を決定してください。
  • このコンテンツに関して修正すべき問題や問題があると思われる場合、またはご自身のICOプロジェクトをリストに載せたい場合は、電子メールでご連絡ください。
免責事項とリスクに関する警告をお読みください。 免責事項とリスクの警告を表示します。
    

免責事項&リスクの警告     

このオファーは、オファーと他の一般に公開されている情報によってのみ提供される情報に基づいています。トークンの販売または交換のイベントは、ICOholderとは全く無関係であり、ICOholderはそれに関与していません(技術サポートやプロモーションを含む)。 ICOholderとの関係がない人物からのトークンの売り上げは、顧客が全体のトークンセクター内で行われている活動を追跡するのを助けるためにのみ表示されます。この情報は、あなたが頼りにするべきアドバイスにはなりません。弊社サイトのコンテンツに基づいて、行動を取る、または控える前に、プロフェッショナルまたはスペシャリストの助言を得るか、またはお客様のデューデリジェンスを実施する必要があります。トークンの取得に関してコントリビュータによって入力された条件は、トークンの発行者とトークンの発行者であり、ICOholderはそのようなトークンの販売者ではありません。 ICOholderは、トークンの販売に関して第三者が行ったいかなる表明についても法的責任を負いません。また、契約違反の申し立ては、ここに記載されたトークン発行会社に対して直接行われなければなりません。     

このトークン販売の性質、妥当性または合法性について懸念がある場合は、 [email protected] までご連絡ください。あなたの懸念事項に関する詳細情報と一緒に。

Planning an ICO? We can help with a wide range of support for all stages of your ICO