CONUN

CONUN

Created using Figma
Created using Figma
CONUNは、高性能のコンピューティングリソースを必要とする複数のプロジェクト(タスク)を処理するために、パーソナルコンピュータのアイドル状態の処理リソースを共有できる、水平分散デスクトップコンピューティングシステムを構築するためのプラットフォームです。このプラットフォームには、パーソナルコンピュータだけでなく、個人が携帯するスマートフォンのリソースも含まれます。 CONUNは、パーソナルコンピュータをインターネットからピアツーピア(P2P)ネットワークに接続します。高性能の計算能力を必要とするアプリケーションの所有者( "リクエスタ")は、個人またはグループのコンピュータからある程度の計算能力を借ります(自分のコンピューティングリソースを共有したいという「プロバイダ」)。この構成は、通常大量の作業と長い処理時間を必要とするプロジェクトに役立ちます。 CONUNは、要求側のアプリケーションから必要なプロセスを編成し、それらを分散コンピューティングリソース上で効果的に実行するための方法を実装します。このアプローチは、高価なクラウドコンピューティングサービスに取って代わり、計算時間を短縮し、科学計算や機械学習などの複雑なアプリケーションをより低コストで使いやすくします。 CONUNは、パーソナルデスクトップコンピュータのリソースを収集および共有することによって高いコンピューティングパワーを構築するため、既存のクラウドコンピューティングの使用に料金を払う必要はありません。さらに、分散コンピューティング・アーキテクチャーのために、特定のグループには、リソースを独占し規制するための単一の制御権限がありません。
ICO
To be announced
トークンの詳細
ティッカー
CONUN
許容通貨
ETH
会社の詳細
登録国
Singapore
追加の詳細
KYC
はい
カテゴリー
プラットフォーム

約 CONUN

CONUNについて

一方、Eth​​ereumなどの分散アプリケーションを実行するための新しいアプローチを提供する新しいテクノロジが登場しています。特に、Ethereumを使用すると、開発者はブロックチェーンの構造で動作するスマートコントラクトを作成できます。これは、予測市場、クラウド資金調達、Webホスティング、一般契約、金融サービス、分散データ処理などのサービスを設計および実装するための多くのユースケースを生み出します。

これらの先進技術に基づいて、プラットフォームを開発しました。これにより、パソコンの空き処理リソースを共有することで、高性能なコンピューティングリソースを必要とするプロジェクト(アプリケーション)を低コストで実現できる水平分散型デスクトップコンピューティングシステムを構築するため、分散コンピューティングを共有するオープン構造を構築します。

さらに、私たちはスマートフォンが以前よりも強力になり、パフォーマンスが向上することに気付いています。最先端のワークステーション、そして世界中のPCよりも人気が高まっているので、プラットフォームを構築したいと思います。分散コンピューティングネットワークのアドホッククラスタとしてのスマートフォンのコンピューティングパフォーマンスが含まれます。

%name%ロードマップ

  • January 2017

  • CONUN Planning.
    It presents the technology and business goals and direction of CONUN and plans development.
  • October 2017

  • Cryptocurrency Exchange.
    Begin to develop a trading platform for various cryptocurrencies transactions.
  • December 2017

  • Cryptocurrency Alpha Version Platform.
    Develop an alpha version of the Cryptocurrency trading platform.
  • February 2018

  • Cryptocurrency Exchange Network Core.
    It applies various network core and trading system such as Bit coin/Ethereum/Ripple/Quantum and etc.
  • 続きを読む
  • March 2018

  • CONUN WHITEPAPER.
    Describes the technical goals and direction of CONUN and presents a white paper detailing the architecture and platform.
    CTM FRONT-END.
    Develops client services for the Cryptocurrency.
  • April 2018

  • CROWDFUNDING PRE-SALE.
    We are conducting pre-sale crowdfunding to raise funds for development.
  • May 2018

  • Platform Development.
    Research and development will be conducted on technologies that define the basis of the Conun platform.
  • June 2018

  • CONUN Platform Core&Wallet.
    Publish cores and user electronic wallets corresponding to the CONUN data network.
  • October 2018

  • Cryptocurrency Exchange BETA TEST BED.
    Test the beta version of the platform to run the actual crypto currency exchange. Check the trading system and cores, and work on enhancing security.
  • November 2018

  • CONUN Smart Contract & Mining Algorithm.
    Implement smart contracts and mining algorithms to manage transactions.
  • December 2018

  • Cryptocurrency Exchange Service.
    Starts the Cryptocurrency Exchange service.
    PC Application UI/UX/Virtual Machine.
    It designs the application UI and UX of the personal computer and implements a virtual machine system for the application to work.
  • January 2019

  • Alpha Version Deployment.
    Implement and deploy an initial version of desktop grid system for user’s application, and design/develop an initial platform for service operations through a test network.
  • March 2019

  • P2P Network Architecture/Desktop Grid Platform.
    It implements the desktop grid system and the core-based P2P network architecture of the grid system.
  • May 2019

  • P2P Network Architecture.
    It implements the desktop grid system and the core-based P2P network architecture of the grid system.
  • July 2019

  • Smart Contract Phase 2.
    Add a smart contract application to the distributed computing processing environment.
  • October 2019

  • Authentication & Security.
    Implement authentication schemes and information security-related tasks for using the CONUN application.
  • November 2019

  • CONUN TASK API.
    Implement the user application interface and implement the user platform task API.
  • May 2020

  • Market Version Deployment.
    Configures the CONUN platform's real-time live networking environment and implements a deployment version that leverages tokens to handle users' distributed computing requests.
  • June 2020

  • Application Category Managementt.
    Starting with application-specific category versions of scientific computation and deep learning, we begin development and management in several areas, step by step.
  • August 2020

  • Security&Reputation Management.
    Enhance CONUN's authentication and information security levels, and support community activities to effectively monitor and manage user participation.
  • October 2020

  • CONUN Resource Monitoring.
    Implement a management system that can monitor user activity and job processing status of CONUN.
  • December 2020

  • CONUN Community Network.
    Supports networking services to create and operate the CONUN community.
  • September 2021

  • Mobile Governance.
    Builds CONUN mobile application governance and extends user interface development.
  • November 2021

  • System Integration.
    Configure a desktop grid platform and integrated single network.
  • February 2022

  • Mobile Cluster.
    Mobile grid system architecture and frameworks are open to the public.

アクティビティ

フォロワー:
49
VERY LOW
好き:
40
VERY LOW
フォロワー:
77
VERY LOW
ツイート:
38
VERY LOW
30日間の成長:
4
アレクサ

ランク:
2 642 745
VERY LOW
デルタ:
-3 171 848

CONUN チーム

検証済み 0%

注意。確認されていないメンバーは実際にチームのメンバーではないというリスクがあります

Louis Pyo
CEO
未確認
Samuel Han
CMO
未確認
Sungsu Hong
CTO & COO
未確認
Taegyu Kim
TEAM MEMBER
未確認
Jihye Yoon
TEAM MEMBER
未確認
Ray Yun
TEAM MEMBER
未確認
Yul Lee
Business Manager
未確認
Miwon Yoon
Assitant
未確認
MinHyuk Park
Distributed Computing Platform Developer
未確認
Sangho Kim
Distributed Computing Platform Develope
未確認
Daejoon Han
Developer
未確認
Taeyeon Kim
Marketing
未確認
Kyounghun Joo
Web Developer
未確認
Yoon-a Kim
Character design
未確認
Kyutae Kim
Android Developer
未確認
Yuree Kang
Designer
未確認
Ayoung Kim
TEAM MEMBER
未確認
Yugyeong Jo
TEAM MEMBER
未確認
Youngno Choi
BARUN LAW Lawyer
未確認
Suhhee Han
BARUN LAW Lawyer
未確認
Seongryeol Choi
CONUN JAPAN CMO
未確認
Jinseop Oh
A doctor of medicine
未確認
Sangeun Lee
CEO of INTIGRAM
未確認
Taeho Hwang
CEO, M-Tech Information & Communications Co., Ltd
未確認
Youngtaek Lim
Representative Attorney of SINAE Law Firm
未確認
Binjuwon Gwak
CEO of ITsoft
未確認
Bunja Jung
Chairman of JBJ ENTERTAINMENT
未確認

CONUN 最後のニュース

N/A
5.0 9
ICO プロフィール ビジョン アクティビティ 潜在的な 製品 チーム
  • 情報の更新には時差がある可能性があるため、各ICOプロジェクトに関する正確な情報は、公式Webサイトまたはその他の通信チャネルを通じて検証する必要があります。
  • この情報は、ICO資金への投資に関する提案やアドバイスではありません。関連情報を自分で徹底的に調査し、ICOの参加を決定してください。
  • このコンテンツに関して修正すべき問題や問題があると思われる場合、またはご自身のICOプロジェクトをリストに載せたい場合は、電子メールでご連絡ください。
免責事項とリスクに関する警告をお読みください。 免責事項とリスクの警告を表示します。
    

免責事項&リスクの警告     

このオファーは、オファーと他の一般に公開されている情報によってのみ提供される情報に基づいています。トークンの販売または交換のイベントは、ICOholderとは全く無関係であり、ICOholderはそれに関与していません(技術サポートやプロモーションを含む)。 ICOholderとの関係がない人物からのトークンの売り上げは、顧客が全体のトークンセクター内で行われている活動を追跡するのを助けるためにのみ表示されます。この情報は、あなたが頼りにするべきアドバイスにはなりません。弊社サイトのコンテンツに基づいて、行動を取る、または控える前に、プロフェッショナルまたはスペシャリストの助言を得るか、またはお客様のデューデリジェンスを実施する必要があります。トークンの取得に関してコントリビュータによって入力された条件は、トークンの発行者とトークンの発行者であり、ICOholderはそのようなトークンの販売者ではありません。 ICOholderは、トークンの販売に関して第三者が行ったいかなる表明についても法的責任を負いません。また、契約違反の申し立ては、ここに記載されたトークン発行会社に対して直接行われなければなりません。     

このトークン販売の性質、妥当性または合法性について懸念がある場合は、 [email protected] までご連絡ください。あなたの懸念事項に関する詳細情報と一緒に。

Planning an ICO? We can help with a wide range of support for all stages of your ICO