Color

Color

Created using Figma
Created using Figma
カラーは、高性能の高性能分散アプリケーション用の次世代プラットフォームです。 Colorでは、洗練されたdAppをホストしてユーザーを引き付け、コミュニティを構築するためのプラットフォームを構築しています。これらのdAppは人間中心設計を採用しているため、技術者以外のユーザーもこのプラットフォームを採用できます。技術的な参入障壁を取り除き、dAppを簡単にすることで、だれでも使用できるようになります。色を考えなさい。
Token Sale
To be announced
会社の詳細
登録国
Singapore
追加の詳細
ホワイトリスト
はい ,
KYC
はい
カテゴリー
プラットフォーム

約 Color

Color is the next generation platform for high-performance sophisticated Decentralized Applications.

Our key technology called Color Spectrum integrates developer partners on a decentralized high-performance computing platform to host their dApps. Color Spectrum allows partners to utilize the computing resources of the whole network for their dApps on our high-performance Color Spectrum platform with concurrent execution.

Blockchains are still reliant on prototype-level dApps, which are plagued by scalability issues. Color aims to revolutionize the dApp ecosystem by developing enterprise-level dApps. Moreover, instead of hosting a plethora of unrelated services on a single platform, Color dApps will be powered by a single unified cryptocurrency, the Color Coin (COL).

To accelerate spreading of Color Coins with an explosive network effect, the Color Platform uses unique Pixel Program where participants get incentives for their active participation in spreading Color Coin throughout network. The Color Platform is focused on the fair distribution and active usage of tokens to promote a vibrant token community. The Pixel Program as one of core dApps will serve the proliferation of Color Coin and the growth and strength of the Color Platform.

The Color Team has already been developing the dApp ecosystem with four dApps: Dailytto, Reward Inc, Color Design, and Color Guide and is in talks with various partners to rapidly expand their dApp product base.

Another revolutionary solution offered by Color Platform involves hardware, namely Physical Unclonable Function (PUF) chip. Powered by PUF-based transactions, Color Platform improves transaction speed by enabling consensus between only the two engaged nodes. This end-to-end consensus bypasses the need for third-party confirmation and minimizes the delay between transactions. Users can send and receive any type of transaction with minimum confirmation delay.

The Color governance system is at the cornerstone of Color’s strategy to become a dominant coin in the space. The governance structure is such that the decisions are made on the platform from the beginning and will evolve to fulfill ongoing needs to serve organic exponential growth of the Color ecosystem in fair and well-balanced manner among five major stakeholders: new users, existing users, stakers/council members, developers/maintainers, and Color network infrastructure providers.

%name%ロードマップ

  • October 2018

  • Color Platform MVP
    Base Color Platform with Service Layer and Colorchain Consensus(Beta);
    Test Network for Partners on Hyperledger and Ethereum;
    MVP PUF(Physical Unclonable Function) Chip Utilization in Colorchain;
    Prototype Hardware Wallet;
    Basic Software Wallet.
  • April 2019

  • Color Platform 1.0 with Color Virtual Machine
    Color Platform 1.0(with Colorchain Test Network);
    CVM(Color Virtual Machine) and Single Language for Chaincode;
    Service Aggregator(Colorful dApp Store).
  • December 2019

  • Development Environment for dApps
    Color Platform 2.0(with Colorchain Main Network);
    dApp Development Environment;
    Colorchain Development Environment;
    Documents and Tutorials;
    Debugging, Simulation, and Testing Facilities;
    Advanced Color Wallets(with Personal Data Vault).
  • December 2020

  • Verification and Validation Toolkit
    Static and Dynamic Analysis of Chaincode;
    Smart Contract Composer with Templates.

アクティビティ

アクティビティ:
14
VERY LOW
投稿:
310
MEDIUM
ビュー:
5 055
MEDIUM
フォロワー:
4 778
MEDIUM
好き:
4 647
MEDIUM
フォロワー:
2 221
MEDIUM
ツイート:
59
LOW
30日間の成長:
-35
アレクサ

ランク:
10 405 758
VERY LOW
デルタ:
6 035 151

Color チーム

検証済み 0%

注意。確認されていないメンバーは実際にチームのメンバーではないというリスクがあります

3 ICO

$24 000 000

Young K Choe
President
未確認
Nikolay Pakulin
CTO
未確認
Yongwook Lee
Strategic Planning Lead
未確認
Jeremy Kwon
CSO
未確認
Mikhail Levin
Head of R&D Russia
未確認
Suho Kwon
Global Development Lead
未確認
Sungmin An
Director of Global Marketing
未確認
Brandon Knodel
Blockchain Researcher
未確認
Artyom Vorobyov
Technical Architect
未確認
Vitaliy Korolev
QA Engineer
未確認
Gwangil Choi
Senior Developer
未確認
Jiheon Yi
Developer Lead
未確認
Hyungwon Chae
Blockchain Developer
未確認
Kunho Lee
Blockchain Developer
未確認
Joonkyu Kim
Blockchain Developer
未確認
Yujin Park
UX Designer
未確認
May Kim
Project Manager
未確認
Yoon A Cho
HR Manager
未確認
Jung Eun Gong
Community Manager
未確認
Hannah Kim
Community Manager
未確認
Christopher A. Howar...
Softeq Develoment Corp. CEO
未確認
John David
Founder of CryptoTech Ventures & Consultancy Limit...
未確認
Sven Lung
CEO, Green Park Content
未確認
Juan Pablo Orlando
Business Development and Angel Investor, KOIBANX
未確認
Jill Carrigan
COO of IngleDodd Media
未確認
Chenhao Zhang
Partner, Gold Sand Capital
未確認
Elina Yurina
Vice president of Naviaddress
未確認
Harrison Ding
CEO at Multiple Listing Network Ltd.
未確認
Arutyun I. Avetisyan
Director of ISP RAS
未確認
David Thaw
University of Pittsburgh Professor
未確認
Takeshi Natsuno
Keio University Professor
未確認

Color 最後のニュース

N/A
5.0 10
ICO プロフィール ビジョン アクティビティ 潜在的な 製品 チーム
  • 情報の更新には時差がある可能性があるため、各ICOプロジェクトに関する正確な情報は、公式Webサイトまたはその他の通信チャネルを通じて検証する必要があります。
  • この情報は、ICO資金への投資に関する提案やアドバイスではありません。関連情報を自分で徹底的に調査し、ICOの参加を決定してください。
  • このコンテンツに関して修正すべき問題や問題があると思われる場合、またはご自身のICOプロジェクトをリストに載せたい場合は、電子メールでご連絡ください。
免責事項とリスクに関する警告をお読みください。 免責事項とリスクの警告を表示します。
    

免責事項&リスクの警告     

このオファーは、オファーと他の一般に公開されている情報によってのみ提供される情報に基づいています。トークンの販売または交換のイベントは、ICOholderとは全く無関係であり、ICOholderはそれに関与していません(技術サポートやプロモーションを含む)。 ICOholderとの関係がない人物からのトークンの売り上げは、顧客が全体のトークンセクター内で行われている活動を追跡するのを助けるためにのみ表示されます。この情報は、あなたが頼りにするべきアドバイスにはなりません。弊社サイトのコンテンツに基づいて、行動を取る、または控える前に、プロフェッショナルまたはスペシャリストの助言を得るか、またはお客様のデューデリジェンスを実施する必要があります。トークンの取得に関してコントリビュータによって入力された条件は、トークンの発行者とトークンの発行者であり、ICOholderはそのようなトークンの販売者ではありません。 ICOholderは、トークンの販売に関して第三者が行ったいかなる表明についても法的責任を負いません。また、契約違反の申し立ては、ここに記載されたトークン発行会社に対して直接行われなければなりません。     

このトークン販売の性質、妥当性または合法性について懸念がある場合は、 [email protected] までご連絡ください。あなたの懸念事項に関する詳細情報と一緒に。

Planning an ICO? We can help with a wide range of support for all stages of your ICO