ARCUS

ARCUS

Created using Figma
Created using Figma

最後の更新

2018/08/13

ARCUS - 拡張現実と暗号通貨を組み合わせたユニークな広告プラットフォーム。
Token Sale
11月, 2018
3月, 2019
100% 完成した
$6 000 000
ゴール
キャップ
100% ゴール 完成した
ゴール 6 000 000.00 USD
キャップ 3 000 000.00 USD
past
Presale
3月, 2018
9月, 2018
100% 完成した
資金調達 - データなし
ゴール 200 000.00 USD
past
トークンの詳細
許容通貨
ETH, BTC, USD, LTC, XMR, ZEC, EUR, DASH, RUB, TRY, WAVES
会社の詳細
登録国
Russia
追加の詳細
MVP /プロトタイプ
はい
プラットフォーム
Waves
カテゴリー
プラットフォーム, 暗号化性

約 ARCUS

Arcusについて

相互関係の見込みチャネル、新たな機会、および金融商品、経済的関係を質的に異なるレベルに高めることが、毎日生まれています。鮮やかな例は、大企業の代表者と一般のインターネットユーザの両方によってすでに高く評価されている暗号通貨と
関連概念です。今日では、誰もが暗号通貨について知っています、そして彼らの多くは2017年に20倍以上成長したBitcoinとEthereumについて
聞いたことがあります。そしてそのような値段が上がる暗号通貨はもっと多くなります。これまでのところ、彼らの総資産額は8000億ドルを超えており、Facebook、Alibaba、Amazonなどのビジネス大手を残している。毎日、ますます多くの人々が暗号通貨に興味を持ち、投資し始め、たくさんのお金を稼ごうとしています。

もう1つの興味深いトレンドは、仮想現実の強化です。スマートフォンでPok eacute; monsを捜すことは、拡張現実技術(拡張現実nd AR)がビジネスと情報環境およびユーザーの行動の両方を変えるために私たちの生活に入ってくるという重要な指標です。市場は非常に初期の開発段階にありますが、潜在的に非常に大きくなり、モバイルデバイスの市場を超える可能性があるため、投資にとって非常に魅力的です。昨年、20億ドル以上がこの産業に投資されました。これは、AppleがAR分野の開発に巨額を割り当てているという事実によって確認されています。グーグル、フェイスブックおよびマイクロソフトからの拡張現実技術への細心の注意は、新しい技術の大量使用の選択肢がそれほど遠くないことを示唆している。アナリストらは、仮想現実感と拡張現実感の市場規模が、コンテンツとデバイスの販売から数十億ドルの収入を生み出していると見積もっているが、2020年までには1,500億ドル以上になるだろう。新興企業や投資家にとってのチャンスです。今主な収入はバーチャルリアリティヘルメットと彼らのために作成されたコンテンツによって生み出されます。しかし状況は変わるだろう–拡張現実感に対して大きな賭けがなされるでしょう。これは図からわかります。 急速に発展している2つの分野を1つのプロジェクトにまとめることにしました。それは、拡張現実と独自の暗号通貨を備えたモバイルアプリケーションになるでしょう。

%name%ロードマップ

  • IV/2017

  • Creation of a prototype application. Solution of the main technical issues.
  • I/2018

  • Issue and placement of the ARCUS coin. Placement of information on specialized resources.
  • II/2018

  • Start of the preliminary Token sale stage. Launch of an advertising campaign. Creating a prototype of the advertiser Web Service.
  • III/2018

  • ARCUS coin AirDrop. Release of Alpha-version.
  • 続きを読む
  • August 2018.

  • Attraction of users, work with advertisers and release of Alpha-version in the cities of Kazan and Voronezh. Airdrop of tokens inside the ARCUS app.
  • September 2018.

  • End of the ARCUS token pre-sale. Fixing of bugs arising at the stage of Alpha-version. Continuation of communication in the cities of Kazan and Voronezh.
  • October 2018.

  • Presentation of analytical data collected during the launch of the Alpha-version. Advertising company before the main stage of token-sale.
  • November 2018 – January 2019.

  • Launch of the Bounty campaign. Launch of the main Token sale stage. Increase in staff. Creation of service, technical support, preparatory work on launching in Asian and European countries. Start selling tokens to advertisers. Establishment of sales offices in Asian and European countries, to work with advertisers. Release of Beta-version in Asian and European countries.
  • February 2019.

  • End of the token sale. Launch an advertising campaign to attract users. Fixing of possible bugs, attraction of new advertisers and users. Airdrop of tokens inside the ARCUS app.
  • March 2019.

  • Fixing of bugs, obtaining, processing and presentation of statistical data for Asian and European countries. Preparation of release.
  • April 2019.

  • Integration of user’s game progress in the application. Creation of Boss-type objects for the team game. Sales of additional services to users. Creation of an international token sales team. Expansion in other countries.
  • May 2019.

  • Preparation of release. Recruitment, active work with advertisers around the world, application support in the cities of launch.
  • June 2019.

  • Release of the ARCUS application around the world. ARCUS tokens Airdrop inside the app. Global advertising campaign to attract users.
  • July 2019.

  • Opening of new sales offices. Creation of player ratings. The ability to create clans. Attracting sponsors for tournaments.
  • August 2019.

  • Additional ARCUS gamification, operation of all ARCUS units around the world.
  • 2020

  • The global presence of the ARCUS project worldwide.

アクティビティ

ARCUS チーム

検証済み 100%

Lev Eidinov
CEO
検証済み
Ilghizar Rakhmatulli...
CFO
検証済み
Oleg Rakhimov
CTO
検証済み
Evgenia Surkova
PR
検証済み

ARCUS インタビュー

Lev Eidinov
As a team member, сan you tell us about your role in the ICO project? What do you think about idea?
You can read about project on www.arcus.city
If you have any questions, please ask here: [email protected]
Ilghizar Rakhmatullin
As a team member, сan you tell us about your role in the ICO project? What do you think about idea?
Hi! I believe that ARCUS is a very promising project and I will be glad if you allocate time and get acquainted with it! Read more in our white paper: https://arcus.city/assets/arcus_wp_v2_0_en.pdf
Oleg Rakhimov
As a team member, сan you tell us about your role in the ICO project? What do you think about idea?
We are writing an application that can change the idea of advertising in general! Now you can see how it will work. You can download the MVP version on the GitHub: https://github.com/Arcus-city/arcus-oleg
Evgenia Surkova
As a team member, сan you tell us about your role in the ICO project? What do you think about idea?
Good afternoon! I was inspired by the ARCUS project as an alternative advertising platform! It is something new, fresh, interesting and attractive. This is my opinion - what do you think about the project? ;) For all questions, write to the mail: [email protected]
N/A
5.0 17
ICO プロフィール ビジョン アクティビティ 潜在的な 製品 チーム
  • 情報の更新には時差がある可能性があるため、各ICOプロジェクトに関する正確な情報は、公式Webサイトまたはその他の通信チャネルを通じて検証する必要があります。
  • この情報は、ICO資金への投資に関する提案やアドバイスではありません。関連情報を自分で徹底的に調査し、ICOの参加を決定してください。
  • このコンテンツに関して修正すべき問題や問題があると思われる場合、またはご自身のICOプロジェクトをリストに載せたい場合は、電子メールでご連絡ください。
免責事項とリスクに関する警告をお読みください。 免責事項とリスクの警告を表示します。
    

免責事項&リスクの警告     

このオファーは、オファーと他の一般に公開されている情報によってのみ提供される情報に基づいています。トークンの販売または交換のイベントは、ICOholderとは全く無関係であり、ICOholderはそれに関与していません(技術サポートやプロモーションを含む)。 ICOholderとの関係がない人物からのトークンの売り上げは、顧客が全体のトークンセクター内で行われている活動を追跡するのを助けるためにのみ表示されます。この情報は、あなたが頼りにするべきアドバイスにはなりません。弊社サイトのコンテンツに基づいて、行動を取る、または控える前に、プロフェッショナルまたはスペシャリストの助言を得るか、またはお客様のデューデリジェンスを実施する必要があります。トークンの取得に関してコントリビュータによって入力された条件は、トークンの発行者とトークンの発行者であり、ICOholderはそのようなトークンの販売者ではありません。 ICOholderは、トークンの販売に関して第三者が行ったいかなる表明についても法的責任を負いません。また、契約違反の申し立ては、ここに記載されたトークン発行会社に対して直接行われなければなりません。     

このトークン販売の性質、妥当性または合法性について懸念がある場合は、 [email protected] までご連絡ください。あなたの懸念事項に関する詳細情報と一緒に。

Planning an ICO? We can help with a wide range of support for all stages of your ICO