Wireline

Wireline

Created using Figma
Created using Figma
最大のオープンソース開発基金を調達することを目指す。
リスク:高
2017/10/16
2018/01/15
100% 完成した
資金調達 - データなし
ゴール 100 000 000.00 USD
キャップ 100 000 000.00 USD
past
  • 10 WRL
    =
    1 USD
トークンの詳細
ティッカー
WRL
許容通貨
ETH
会社の詳細
登録国
United States
追加の詳細
プラットフォーム
Ethereum
ホワイトリスト
はい , から Feb 4, 2018
カテゴリー
プラットフォーム

約 Wireline

有線について

コミュニティーパワー市場

有線はサーバレスのための決定的なパッケージマネージャです 雲。コミュニティでコンポーネントを検索し、直接呼び出す あなたのコードから。 Wireline App Exchangeのすべてのアプリは 相互運用可能です。

初心者から熟練したエンジニアまで、 洗練されたアプリを簡単に書くことができます コミュニティワイヤ。

開発者向け

プロビジョニングと設定が少ないため、操作が簡単になります。 走行中のワイヤーを完全に把握できます。ワイヤー開発 テスト駆動型であり、毎回入力と出力のスキーマをチェックします 信頼できるシステムを構築することができます。

ワイヤラインを使用すると、 コード。

電池は含まれています

ワイヤラインには、実装する必要があるすべてのAPIが含まれています フル機能のプロダクションシステムさらに、有線はあなたを得る 分で実行しています。

  • ネットワークAPI
  • 認証
  • 国家管理
  • スケジューラ
  • 秘密管理
  • バージョン管理

特徴

プラットフォームには以下が含まれます:
1.ツールボックス。 Wireline Toolboxを使用すると、開発者は プロトタイプの実行と起動を迅速に行うことができます。
ダッシュボード。ワイヤラインダッシュボードを使用すると、 サービスとソリューションの設定、管理、監視を行います。
3.フレームワーク。ワイヤラインフレームワークは実行です マイクロサービスとソリューションのための環境。
4.アプリケーション交換。 Wireline App Exchangeは市場です。 ワイヤラインエコシステムのハブです。

%name%ロードマップ

  • AUG 8 2017

  • アナウンス
  • 2001年8月15日

  • 販売開始
  • 2017年9月26日

  • トークンの起動
  • 2017年11月15日

  • ファーストデベロッパー資金
  • 続きを読む
  • 2018年1月15日

  • 公衆回線への有線回線
  • 2018年1月15日

  • トークン・クローズ/交換取引

アクティビティ

アクティビティ:
1 848
VERY HIGH
値する:
1 061
VERY HIGH
投稿:
360
MEDIUM
ビュー:
15 186
VERY HIGH
ユーザー:
197
MEDIUM
フォロワー:
3 973
MEDIUM
ツイート:
54
LOW
30日間の成長:

Wireline チーム

検証済み 0%

注意。確認されていないメンバーは実際にチームのメンバーではないというリスクがあります

Lucas Geiger
Founder and CEO
未確認
Rich Burdon
Founder and CTO
未確認
Massimodo di Pierro
未確認
Jeremy Dillworth
未確認
Nathan Morris
未確認
Kieran Bellew
未確認
3.01
risky+
5.0 15
ICO プロフィール ビジョン アクティビティ 潜在的な 製品 チーム

%name%レビュー

icoscoring.com
ICO review website

Wireline has direct competitors in the market of application infrastructure services with working products, such as Readz, woopie, and Zmags. There are a couple of blockchain projects also aiming to build decentralized micro-services infrastructure - DADI and Golem which already raised funds and have their tokens traded on exchanges.

Admins of the telegram chat are not active. There are messages on Bitcointalk thread saying that the project is dead, the activity stopped in January 2018. It is not clear if the project can attract a large enough sub-sector of the global open-source developer community to make the project a success. As of March 15, the companies website says that "Wireline is in developer preview". Any further information about the product development is not clear.

Agents within the ecosystem will use tokens in different ways. Fundamentally, customers will use tokens to pay for usage of services, and for developer effort (custom development, support, training, etc.). Developers receive tokens as compensation, but will also use tokens for the use of other services. In the Wireline marketplace, developers will publish ‘wires’, which are building blocks of code that can be used in connection with larger apps. For any components that are useful and popular, developers are then financially rewarded using the WRL token. Businesses, on the other hand, can use the WRL token to purchase microservices on the app marketplace.

Post-money valuation will be around 300M USD which is a tremendously high number and is way above the comparable companies The amount of tokens held by the foundation is high and may cause a massive sell off by the team, which will cause fast devaluation of tokens The description of anticipated expenditures is quite broad and not specified.

According to some of the team members Linkedin profiles, they are not employed at Wireline.io

続きを読む
Lendex
77
続きを読む
Mandy
5
続きを読む
bitcoinexchangeguide.com
reviews

Microservices have transformed the tech world. However, microservices are still built on outdated infrastructure – including centralized servers, in-house servers, and centralized cloud infrastructure.

With that in mind, Wireline aims to create a microservices exchange where developers have an opportunity to monetize enterprise-focused projects. It’s a marketplace where businesses can discover, test, and integrate microservices that can be seamlessly combined to build customized solutions.

続きを読む
  • 情報の更新には時差がある可能性があるため、各ICOプロジェクトに関する正確な情報は、公式Webサイトまたはその他の通信チャネルを通じて検証する必要があります。
  • この情報は、ICO資金への投資に関する提案やアドバイスではありません。関連情報を自分で徹底的に調査し、ICOの参加を決定してください。
  • このコンテンツに関して修正すべき問題や問題があると思われる場合、またはご自身のICOプロジェクトをリストに載せたい場合は、電子メールでご連絡ください。
免責事項とリスクに関する警告をお読みください。 免責事項とリスクの警告を表示します。
    

免責事項&リスクの警告     

このオファーは、オファーと他の一般に公開されている情報によってのみ提供される情報に基づいています。トークンの販売または交換のイベントは、ICOholderとは全く無関係であり、ICOholderはそれに関与していません(技術サポートやプロモーションを含む)。 ICOholderとの関係がない人物からのトークンの売り上げは、顧客が全体のトークンセクター内で行われている活動を追跡するのを助けるためにのみ表示されます。この情報は、あなたが頼りにするべきアドバイスにはなりません。弊社サイトのコンテンツに基づいて、行動を取る、または控える前に、プロフェッショナルまたはスペシャリストの助言を得るか、またはお客様のデューデリジェンスを実施する必要があります。トークンの取得に関してコントリビュータによって入力された条件は、トークンの発行者とトークンの発行者であり、ICOholderはそのようなトークンの販売者ではありません。 ICOholderは、トークンの販売に関して第三者が行ったいかなる表明についても法的責任を負いません。また、契約違反の申し立ては、ここに記載されたトークン発行会社に対して直接行われなければなりません。     

このトークン販売の性質、妥当性または合法性について懸念がある場合は、 [email protected] までご連絡ください。あなたの懸念事項に関する詳細情報と一緒に。

Planning an ICO? We can help with a wide range of support for all stages of your ICO