STIGAMMA

STIGAMMA

Created using Figma
Created using Figma

Last Update

2019/01/19

STIGAMMAは分散型オプション取引プラットフォームです。 オプション取引プラットフォームは代替選択肢であり、暗号化取引の大きなセグメントに対応する一連のソリューションを提供するブロックチェーンテクノロジに基づいてオプションを購入し販売することができる最初の本格的な取引システムです。
Sale
2018/01/22
2018/07/01
100% completed
$150 000
29
100% ゴール completed
past
  • 1 TOKEN
    =
    0.01 ETH
Token Details
Accepted Currencies
ETH, BTC
Company Details
Registered Country
Serbia
Additional Details
MVP/Prototype
Yes
Platform
Ethereum
Categories
プラットフォーム, インターネット

約 STIGAMMA

DoBETacceptBETは、私たちのプロジェクトが賭博を組織することを目的としているのではなく、私たちが賭博の主催者ではないという事実のために、プロジェクトの名前を変更することに決めました。
古い名前 - DoBETacceptBET
新しい名前 - STIGAMMA

問題
暗号化交換に関するBitcoinの急激な低下に伴い、トレーダーにとって真のパニックが始まります。
利益を最大化するために、トレーダーは100倍のレバレッジを使用し、短期間では投資したすべての資金を失います。
cryptocurrencyのセキュリティに融資を出し、担保の不足のために顧客へのポジションを強制的に取りやめる貸し手。
主に暗号資産の「購入」から運用されている暗号資金は、資本金と顧客の資金を急速に失っています。

STIGAMMA溶液
私たちは初心者トレーダーによるビットコインの取引のリスクを軽減しますが、利益を得ることができます。
また、暗号化された先進トレーダーの暗号化の所有権のリスクを保証する機会も提供します。
どのトレーダーも簡単な取引オプションを簡単に理解することができます。
スマートな契約を通じて行われたトレーダーの義務の履行。
義務を履行できない参加者は、契約を締結することができません。
当社は、市場に、最大のレバレッジと最小限のリスクで、クリプトバイオテージを購入または売却するリスクと、クリプトバイオームを取引するリスクをヘッジするための追加ツールを提供しています。

特徴

Goals of STIGAMMA in the entire cryptocurrency market 
We offer the market an additional tool to hedge the risks of buying or selling cryptocurrency. And not only. On our platform, you can insure a cryptocredit, or trade a cryptocurrency with maximum leverage and minimal risk.    

技術情報

   

STIGAMMA Roadmap

  • October 2017

  • The beginning of the development of the trading platform with the circulation of the internal crypto currency.
  • January 2018

  • Issue of ERC 20 DCA token ICO doBETacceptBET.
  • February 2018

  • Launch of a marketing campaign.
  • November 2018

  • - rebranding. Changing the name of the project DoBEtacceptBET to STIGAMMA
  • 続きを読む
  • December 2018 - January 2019

  • launch of the demo version of the trading platform
  • Q1 2019:

  • Completion of testing of a decentralized trading platform.

アクティビティ

フォロワー:
12
VERY LOW
ツイート:
36
VERY LOW
30 Days Growth:
2

チーム

検証済み 17%

注意。確認されていないメンバーは実際にチームのメンバーではないというリスクがあります

Dmitry Shikhalev
CEO & Founder
検証済み
Alexey Tarabanov
CMO
未確認
Ilya Vorchuk
CTO
未確認
Igor Titov
Lead Developer
未確認
Iliy Komar
Web application, programming front-end. The develo...
未確認
Maxim Krochalev
The programmer of the whole platform.
未確認

元メンバー

Ekaterina Kuznetzova
Designer
Andrey Naumov
Web designer
Alexey Ivanov
Public Relations Chief

STIGAMMA Interviews

Dmitry Shikhalev
As a team member, сan you tell us about your role in the ICO project?
CEO & Founder
Structural Specialist in Option Trading;
I started buying bitcoins and trading them on several exchanges in 2013. A little later, in early 2017, the idea arose of creating a platform for trading cryptocurrency options. But cryptocurrencies make it possible to introduce modified forms of options. It turned into a project STIGAMMA.
What do you think about idea?
The market needs a new option, without a variation margin and with a permanent guarantee. Maximum protection of the interests of bidders.

Last News

ICOs that might interest you

  • Because there may be time differences in information updates, accurate information about each ICO project should be verified through its official website or other communication channels.
  • This information is not a suggestion or advice on investing in ICO funding. Please thoroughly investigate the relevant information yourself and decide on ICO participation.
  • If you think there are issues or problems to be corrected on this content, or if you would like to submit your own ICO project to be listed, Please email us.
免責事項とリスクに関する警告をお読みください。 免責事項とリスクの警告を表示します。
    

免責事項&リスクの警告     

このオファーは、オファーと他の一般に公開されている情報によってのみ提供される情報に基づいています。トークンの販売または交換のイベントは、ICOholderとは全く無関係であり、ICOholderはそれに関与していません(技術サポートやプロモーションを含む)。 ICOholderとの関係がない人物からのトークンの売り上げは、顧客が全体のトークンセクター内で行われている活動を追跡するのを助けるためにのみ表示されます。この情報は、あなたが頼りにするべきアドバイスにはなりません。弊社サイトのコンテンツに基づいて、行動を取る、または控える前に、プロフェッショナルまたはスペシャリストの助言を得るか、またはお客様のデューデリジェンスを実施する必要があります。トークンの取得に関してコントリビュータによって入力された条件は、トークンの発行者とトークンの発行者であり、ICOholderはそのようなトークンの販売者ではありません。 ICOholderは、トークンの販売に関して第三者が行ったいかなる表明についても法的責任を負いません。また、契約違反の申し立ては、ここに記載されたトークン発行会社に対して直接行われなければなりません。     

このトークン販売の性質、妥当性または合法性について懸念がある場合は、 [email protected] までご連絡ください。あなたの懸念事項に関する詳細情報と一緒に。

Planning an ICO? We can help with a wide range of support for all stages of your ICO