Picipo

Picipo

Created using Figma
Building a social decentralised NFT management platform to promote the values ​​of the crypto community
  • 市場
    ペア
    価格
    ボリューム24H
    24H(価格)
    24時間(ボリューム)
  • Coinsbit
    PICIPO/ETH ] 1、Inf [%count%1年前
    $ 0.0070
    $ 51.787 K
    -1.38%
    10.22%
To be announced
トークンの詳細
ティッカー
PICIPO
追加の詳細
カテゴリー
プラットフォーム

約 Picipo

Since 2009, within the framework of the Web 3.0 concept, blockchain has proven its worth in creating a sustainable decentralized p2p payment system. Now users do not need intermediaries to make cross-border transfers or to pay for services.

Thereafter, blockchain has begun to prove its benefits not only in payments, but also in the development of decentralized finance (DeFi). Millions of people around the world were able to borrow, lend, exchange foreign currency assets without intermediaries and disclosing personal data.

The next step in the application of blockchain in Web 3.0 is creating value from objects, not just money. For this, NFT is used, the main task of which is to confirm ownership of a unique digital asset.

NFT art is a catalyst for the development of the NFT market and it is one of the first options for implementing the principle of uniqueness in Web 3.0. This is the simplest mechanics that has allowed millions of users to quickly understand and try the benefits of blockchain in the field of digital ownership of objects, while maintaining uniqueness.

For now, technical specialists see great potential in NFT, while not only uniqueness is important here, but also a combination of the following factors:

  • The ability to perceive a tokenized entity through the description parameters prior to acquisition.

  • Potential of the share/mortgage hypostasis in the aspect of the DAODEX concept. The point is that NFT can be backed by different assets and each NFT becomes a mini-ETF in this case.

  • Transition not only of the offline world to the online, but what is even more important and that was unlikely and poorly implemented without NFT - online to offline.

%name%ロードマップ

  • Q4 2021

  • Social mechanics. Stage 2: chats, voting, donation system.

    Special projects.

    Advertising cabinet (artworks promotion for Picipo tokens).

    Issue of Picipo token on BSC and listing on PancakeSwap.

    Picipo bridge launch ERC-20 - BEP2.

    Launch of Prize Draw using the governance token with burning afterwards.
  • Q1 2022

  • Launch of NFT Finance Stage 1: mechanics for ERC-20 loan - collateral of ERC-721; fractional NFTs.

    Implementation of the secondary market of ERC-721 and ERC-1155 tokens.
  • Q2 2022

  • DAO.

    NFT IDO (collaboration of artists).

Picipo チーム

検証済み 0%

注意。確認されていないメンバーは実際にチームのメンバーではないというリスクがあります

Sergei Rusak
Founder, CEO
未確認
Aleksei Mazgo
CTO
未確認
Valera Ivasenko
Head of product
未確認
Inga Makarenia
Research manager
未確認
Sergei Kononov
Blockchain developer
未確認
Pavel Voitehovich
Backend developer
未確認
Pavel Yankovski
Frontend developer
未確認
Sergei Kashko
DevOps
未確認

Picipo 最後のニュース

  • 情報の更新には時差がある可能性があるため、各ICOプロジェクトに関する正確な情報は、公式Webサイトまたはその他の通信チャネルを通じて検証する必要があります。
  • この情報は、ICO資金への投資に関する提案やアドバイスではありません。関連情報を自分で徹底的に調査し、ICOの参加を決定してください。
  • このコンテンツに関して修正すべき問題や問題があると思われる場合、またはご自身のICOプロジェクトをリストに載せたい場合は、電子メールでご連絡ください。
免責事項とリスクに関する警告をお読みください。 免責事項とリスクの警告を表示します。
    

免責事項&リスクの警告     

このオファーは、オファーと他の一般に公開されている情報によってのみ提供される情報に基づいています。トークンの販売または交換のイベントは、ICOholderとは全く無関係であり、ICOholderはそれに関与していません(技術サポートやプロモーションを含む)。 ICOholderとの関係がない人物からのトークンの売り上げは、顧客が全体のトークンセクター内で行われている活動を追跡するのを助けるためにのみ表示されます。この情報は、あなたが頼りにするべきアドバイスにはなりません。弊社サイトのコンテンツに基づいて、行動を取る、または控える前に、プロフェッショナルまたはスペシャリストの助言を得るか、またはお客様のデューデリジェンスを実施する必要があります。トークンの取得に関してコントリビュータによって入力された条件は、トークンの発行者とトークンの発行者であり、ICOholderはそのようなトークンの販売者ではありません。 ICOholderは、トークンの販売に関して第三者が行ったいかなる表明についても法的責任を負いません。また、契約違反の申し立ては、ここに記載されたトークン発行会社に対して直接行われなければなりません。     

このトークン販売の性質、妥当性または合法性について懸念がある場合は、 info@icoholder.com までご連絡ください。あなたの懸念事項に関する詳細情報と一緒に。