MEDIA Protocol

MEDIA Protocol

Created using Figma
Created using Figma

最後の更新

2018/04/18

MEDIAプロトコルは、あらゆるURLをコンテンツチェーンURLとのやり取りに基づいて消費者に配布することができるブロックチェーンウォレットに変換するスマートコントラクトです。 これにより、各参加者がネットワーク内のコンテンツの一部を成功させることに貢献したことの価値に基づいて、オーディエンスエコノミーが生まれます。 お客様へのメリット •対話しているコンテンツを中心に透明性のある経済に参加する •相互作用を交換して、より良いコンテンツへのスムーズなアクセスを実現 実施:MEDIAプロトコルはプロジェクトを実施するためのテクノロジとサポートを早期導入者に提供します。 •ベストプラクティスサポートに関するアドバイス •スマートコントラクトとのやり取りのためのパブリッシャポータルへのアクセス •サイトとアプリケーションのネットワーク全体にシームレスに統合するためのSDK アクションで見る:App StoreからCryptoCatnipをダウンロードする(code:cc2018)CryptoCatnipは、メディアプロトコルを使った暗号ニュースアグリゲータです。
Sale
4月, 2018
6月, 2018
100% 完成した
資金調達 - データなし
past
トークンの詳細
ティッカー
MPT
許容通貨
ETH
会社の詳細
登録国
Gibraltar
追加の詳細
プラットフォーム
Ethereum
ホワイトリスト
はい ,
KYC
はい
カテゴリー
メディア, 小売, ソフトウェア, コミュニケーション, ビッグデータ

約 MEDIA Protocol

MEDIAプロトコルについて

MEDIAプロトコルは、コンテンツ、データ、および金銭的インセンティブを含むインセンティブの交換のための直接的な経済を生み出すことによって、コンテンツ発行者と消費者との関係を分断します。メディアプロトコルにより、出版社、ブランド、およびコンテンツ制作者は、より透明で効率的で楽しいオンライン体験を追求して、最も関連性の高いコンテンツを配信できます。

今日では、コンテンツ配信は非効率的で、大規模な視聴者を制御するソーシャルプラットフォームと検索エンジンを介して仲介されています。これらのコンテンツ配信プラットフォームは、コンテンツの消費者から膨大な量の有益なエンゲージメントデータおよび嗜好データを収集しますが、その見返りとして作成者および発行者にはほとんど提供しません。 MEDIAプロトコルは、相互利益のためにこれらの関係者間の価値の交換を可能にします。このプロトコルの経済的機能は、バランスの取れた消費インセンティブを介してコンテンツを消費者に直接宣伝し、消費者がゲーテッドコンテンツに対して直接支払うこと、およびお気に入りのコンテンツ制作者および発行者に報酬を与えることができることです。このプロトコルは、現存するプラットフォームによって永続化されている規模の経済性を現在克服することができない、ローカライズされたコミュニティ中心のコンテンツ配信アプリケーションのエコシステムをサポートするように設計されています。

%name%ロードマップ

  • Q1 2017

  • Idea & Research.
  • Q4 2017

  • Whitepaper.
    Smart Contract
    Development.
  • Q1 2018

  • Business Paper.
    Security & Audits.
    App Launch.
    ICO Private Sale.
    Test Net Launch.
  • Q2 2018

  • Main Net Launch.
    ICO Public Sale.
    Publisher Platform.
  • 続きを読む
  • Q3 2018

  • Advanced
    Analytics.
    SDK/API
    Integration.

アクティビティ

投稿:
1 002
VERY HIGH
フォロワー:
1 296
LOW
好き:
1 242
LOW
評価:
4.90
VERY HIGH
フォロワー:
8 667
HIGH
ツイート:
460
HIGH
30日間の成長:
-62
メンバー:
5 731
HIGH
30日間の成長:
-468
年コミット:
0
ウォッチャー:
8
星:
12
フォーク:
3
未解決の問題:
0

イベントへの参加

MEDIA Protocol チーム

検証済み 8%

注意。確認されていないメンバーは実際にチームのメンバーではないというリスクがあります

3 ICO

$56 800 000

Thomas Graham
Co-founder
未確認
Martin Adams
Co-founder
未確認
James Tabor
CEO
検証済み
Mark White
CTO
未確認
Katya Volkova
Head Data Scientist
未確認
Julia Bohutska
Data Scientist
未確認
Gillis Van Den Broek...
Backend Developer
未確認
Mahmoud Hanafy
Backend Developer
未確認
Ahmed Mahran
Backend Developer
未確認
Sandra Lagarto
Product Manager
未確認
Vianney le Masne
Lead Designer
未確認
Sebastian Graham
Research & Strategy
未確認

顧問

検証済み 0%

注意。確認されていないメンバーは実際にチームのメンバーではないというリスクがあります

4 ICO

$6 809 650

Ned Scott
Advisor
未確認

7 ICO

$51 112 300

Andy Tian
Advisor
未確認
Dominique Delport
Advisor
未確認
Ted Wang
Advisor
未確認
Mark Adams
Advisor
未確認

元メンバー

Josef Sevcik
Blockchain Developer
Kostas Skourtis
Backend Developer
Artur Rashitov
Backend Developer
Ed Coleridge Smith
Mobile Consultant

MEDIA Protocol インタビュー

James Tabor
As a team member, сan you tell us about your role in the ICO project? What do you think about idea?
James is the CEO of MEDIA Protocol. James has over a decade's experience in advertising and commercial rights. Since 2011, James has founded several Big Data and AI startups using technology to bring clarity to the huge amount of data used to communicate with consumers, and change the way that advertising works.

MEDIA Protocol 最後のニュース

N/A
5.0 14
ICO プロフィール ビジョン アクティビティ 潜在的な 製品 チーム

%name%レビュー

icoexaminer.com
ICO review website

Even without the recent disclosures of social media data abuse it would have been hard to disagree with MEDIA Protocol’s interpretation that no middlemen are needed in the transfer of data, content and reward.

As the depth and reach of those scandals become wider known, the need to change the present system will become self-evident to even the most die-hard Facebook fan.

The question remains though, who will be the driver of that change? MEDIA Protocol have a clear vision of what is needed and appear to have positioned themselves in a unique position where there are no direct competitors to them taking on that mantle. While the likes of POET and even STEEM may have some overlap on the content side, it is perhaps the Brave platform and their BAT token who are the nearest in terms of the overall aims, but even here there are significant differences of approach.

With a minimum viable product already available, workable platform, quality team and advisers, MEDIA Protocol certainly merits further consideration.

How far that consideration goes for potential investors though will ultimately depend on the company nailing down a coherent roadmap and probably most important of all, establishing the ICO tokenomics at the earliest opportunity.

続きを読む
ICO Pantera
B+
続きを読む
thetechinsider.org
Review

Positives
CryptoCatnip: This is Media Protocol’s first app that is devoted to cryptocurrency news. An early version is currently out for iOS and Android, but won’t be completely functional until the token is released. Thus, giving users a decentralized news platform that tells them more detailed information about cryptocurrency.
Content Incentives: The Content Recommendation Server leverages the team’s current talent with artificial intelligence to connect users with content that they’re interested in. This makes it easier for new users to get involved in the platform and give them content that’s suited to them.
Open Source: Media Protocol is open source, making it easier for users to analyze the code and verify its stability and security.
Negatives
Roadmap Uncertainty: Media Protocol’s roadmap had a lack of a clear focus. It needs to have more direction to grow in the future.
Coin Offering Information: Media Protocol has little information in regards to the initial coin offering timelines.
Competition: There is a lot of competition that’s used from similar projects within the blockchain sector.

続きを読む
  • 情報の更新には時差がある可能性があるため、各ICOプロジェクトに関する正確な情報は、公式Webサイトまたはその他の通信チャネルを通じて検証する必要があります。
  • この情報は、ICO資金への投資に関する提案やアドバイスではありません。関連情報を自分で徹底的に調査し、ICOの参加を決定してください。
  • このコンテンツに関して修正すべき問題や問題があると思われる場合、またはご自身のICOプロジェクトをリストに載せたい場合は、電子メールでご連絡ください。
免責事項とリスクに関する警告をお読みください。 免責事項とリスクの警告を表示します。
    

免責事項&リスクの警告     

このオファーは、オファーと他の一般に公開されている情報によってのみ提供される情報に基づいています。トークンの販売または交換のイベントは、ICOholderとは全く無関係であり、ICOholderはそれに関与していません(技術サポートやプロモーションを含む)。 ICOholderとの関係がない人物からのトークンの売り上げは、顧客が全体のトークンセクター内で行われている活動を追跡するのを助けるためにのみ表示されます。この情報は、あなたが頼りにするべきアドバイスにはなりません。弊社サイトのコンテンツに基づいて、行動を取る、または控える前に、プロフェッショナルまたはスペシャリストの助言を得るか、またはお客様のデューデリジェンスを実施する必要があります。トークンの取得に関してコントリビュータによって入力された条件は、トークンの発行者とトークンの発行者であり、ICOholderはそのようなトークンの販売者ではありません。 ICOholderは、トークンの販売に関して第三者が行ったいかなる表明についても法的責任を負いません。また、契約違反の申し立ては、ここに記載されたトークン発行会社に対して直接行われなければなりません。     

このトークン販売の性質、妥当性または合法性について懸念がある場合は、 [email protected] までご連絡ください。あなたの懸念事項に関する詳細情報と一緒に。

Planning an ICO? We can help with a wide range of support for all stages of your ICO