Kibo

Kibo

Created using Figma
Created using Figma
Kiboは世界初のスマートコンタクトベースのゲーム用Ethereumプラットフォームとなっています。このように、Kiboは、世界のあらゆる地域からの新たなレベルの透明性とロットの利用可能性とともに、ブロックチェーン技術をゲーム業界に導入しました。 分散型の新世代プラットフォームは、世界中の6000以上の独立したロトオフィスを統合し、そのような気持ちを持つ誰にとっても、国際的なゲームビジネスを容易に開始するための最初の道を開きます。
リスク:非常に高い
2016/09/30
2016/11/09
100% 完成した
$1 894 900
100% ゴール 完成した
past
トークンの詳細
ティッカー
KIBIT
追加の詳細
カテゴリー
プラットフォーム, エンターテインメント

特徴

- 絶対的な宝くじの組織と運営 透明で変更できない方法
- ビジネスモデルはMLMベースであるため、ユーザーは 会社に関わる他のユーザー
- 任意のユーザーが自分のオンライン宝くじを組織することを許可する

技術情報

技術的な詳細:  KIBOは、Ethereumに基づいてオンライン宝くじを分権化する スマート契約。現在、Ethereumのインフラはまだできません 分権化された部分を含む完全なソリューションを提供する インタフェース。地方分権化はまだ不可能であるため 現時点ではアプリケーションインタフェース自体は、KIBOプロジェクトは サーバーインフラストラクチャに部分的に実装されている そのようなケースのための標準的なソリューションと、 スマートコントラクトに基づく専門アプリケーション。ネットワークは 3つの主要なタイプの契約があります: - 契約管理 - a 他の全てのKIBOの相互作用を調整する契約 宝くじや投票契約などの契約。 - リポジトリ contract - ユーザーに関するデータを格納するために使用される契約。 フランチャイズパートナーとその関係 - 投票契約 - a すべての契約を管理するための問題のリストを格納する契約、 これらの問題についての決定を下すための条件が含まれます。ザ 投票および意思決定システムは、以下を可能にするように実施される: a)プラットフォームの開発、b)新しいゲームの追加 キッボの機能に介入する可能性なし 発生のためのアルゴリズム、c) 各パートナーの別々の支店。コントロールトークン所有者のみが持っています この契約の投票権。個人が宝くじを購入するとき チケットの費用のわずか68%が賞金プールに送られます。 1% 契約トークンホルダーに行く。別の17%は払い出しボーナス 回線ごとのブランチネットワークの場合最終的な14%は保有者に向かう KIBITトークンのうち、残りの14%のうち71%が 彼らは35万人のうち25万人を所有しているので トークン)。 ソースコード:  githubで部分的に開かれた 開発者の証拠:  パブリックチーム

アクティビティ

2.35
negative
5.0 4
ICO プロフィール ビジョン アクティビティ 潜在的な 製品 チーム
  • 情報の更新には時差がある可能性があるため、各ICOプロジェクトに関する正確な情報は、公式Webサイトまたはその他の通信チャネルを通じて検証する必要があります。
  • この情報は、ICO資金への投資に関する提案やアドバイスではありません。関連情報を自分で徹底的に調査し、ICOの参加を決定してください。
  • このコンテンツに関して修正すべき問題や問題があると思われる場合、またはご自身のICOプロジェクトをリストに載せたい場合は、電子メールでご連絡ください。
免責事項とリスクに関する警告をお読みください。 免責事項とリスクの警告を表示します。
    

免責事項&リスクの警告     

このオファーは、オファーと他の一般に公開されている情報によってのみ提供される情報に基づいています。トークンの販売または交換のイベントは、ICOholderとは全く無関係であり、ICOholderはそれに関与していません(技術サポートやプロモーションを含む)。 ICOholderとの関係がない人物からのトークンの売り上げは、顧客が全体のトークンセクター内で行われている活動を追跡するのを助けるためにのみ表示されます。この情報は、あなたが頼りにするべきアドバイスにはなりません。弊社サイトのコンテンツに基づいて、行動を取る、または控える前に、プロフェッショナルまたはスペシャリストの助言を得るか、またはお客様のデューデリジェンスを実施する必要があります。トークンの取得に関してコントリビュータによって入力された条件は、トークンの発行者とトークンの発行者であり、ICOholderはそのようなトークンの販売者ではありません。 ICOholderは、トークンの販売に関して第三者が行ったいかなる表明についても法的責任を負いません。また、契約違反の申し立ては、ここに記載されたトークン発行会社に対して直接行われなければなりません。     

このトークン販売の性質、妥当性または合法性について懸念がある場合は、 [email protected] までご連絡ください。あなたの懸念事項に関する詳細情報と一緒に。

Planning an ICO? We can help with a wide range of support for all stages of your ICO