Giga Watt

Giga Watt

Created using Figma
Created using Figma
WTTは最初の発行日から使用することができます。ギガワット施設の特徴的なインフラストラクチャは、多数の独立した鉱業部門で構成されています。このユニークなデザインにより、記録的な高速拡張が可能になり、新しいユニットがまだ構築されている間に最初のユニットを操作することができます。
  • 市場
    ペア
    価格
    ボリューム24H
    24H(価格)
    24時間(ボリューム)
  • YoBit
    WTT/BTC 8 days ago
    $ 0.0062
    $ 1.16
    -
    -
  • YoBit
    WTT/WAVES 9 days ago
    $ 0.0038
    $ 0.0034
    -
    -
  • YoBit
    WTT/RUR 1か月前
    $ 0.0033
    $ 0.0655
    -
    -
  • YoBit
    WTT/ETH 1か月前
    $ 0.0043
    $ 1.51
    -
    -
  • YoBit
    WTT/DOGE 1か月前
    $ 0.0046
    $ 0.1841
    -
    -
  • YoBit
    WTT/USD 1か月前
    $ 0.0123
    $ 9.85
    -
    -
  • ForkDelta
    WTT/ETH ] 1、Inf [%count%か月前
    $ 0.0217
    -
    -
    -
  • HitBTC
    WTT/DIMCOIN 1年前
    $ 0.4648
    $ 37.384 K
    -
    -
  • HitBTC
    WTT/ROK 1年前
    $ 0.4660
    $ 6.966 K
    -
    -
  • HitBTC
    WTT/MOBI 1年前
    $ 0.4647
    $ 35.735 K
    -
    -
  • Idex
    WTT/ETH 1年前
    $ 0.0177
    -
    -
    -
  • Everbloom
    WTT/ETH 1年前
    $ 0.0229
    $ 2.184 K
    -
    -
2017/06/02
2017/07/31
100% 完成した
$20 218 239
655
キャップ
ゴール
62% ゴール 完成した
ゴール 135 138.00 ETH
キャップ 135 138.00 ETH
past
  • 75 WTT
    =
    1 ETH
トークンの詳細
ティッカー
WTT
会社の詳細
登録国
United States
追加の詳細
カテゴリー
暗号化性

約 Giga Watt

について

Giga Wattは暗号メッキ施設で、5メガワットの 実行中のマイニングハードウェアに専用の利用可能な電力 開発にはさらに50メガワットの電力が必要です。ギガワットは ワシントン州に位置し、安く清潔にアクセスできます 水力発電は2.8セントでキロワット時。このレートは良いです 米国の全国平均である1キロワットあたり18セントを下回っている 中国の全国平均の11セントを下回る キロワット時。 CEOのDavid Carlsonによると、これらの低消費電力 ギガワットの経費は平均約500ドルとなります ビットコイン採掘。販売の目的はワットと呼ばれるERC20トークンです (WTT)は、ギガワットの鉱業基盤と 1ワットのマイニングパワーを表します。ギガワットのエネルギーとして プロジェクトがオンラインになり、施設が追加の電力を追加する リソースをグリッドに追加すると、追加のワット トークン。存在するよりもワットトークンは決してありません Gigaワット施設で利用可能な電力。

< / br>

Giga Wattの特徴的なインフラストラクチャは、多数の 独立した採鉱ユニット。このアプローチは、 農場の能力は、建設コストを最小限に抑え、 新たなユニットが稼動している間に 建てられた。鉱業施設を建設した私たちの豊富な経験から、 最高の技術を選択、構築、採用するための専門知識 鉱業。私たちは何がうまくいくのかを知り、あらゆる種類の鉱夫に適応する 最先端の独自仕様を実装しています ソリューション。

< / br>

特徴

- ギガワットプロジェクトは、ギガワット、 Inc.鉱業ホスティングサービスを提供する米国の会社、WA 施設、およびGigaWatt Pte。鉱山機械を販売している 世界中の顧客
- ギガワットを使用する権利を表すWTTトークン 施設の能力、50年間の賃貸料無料、1 ワットの鉱山設備消費電力
- 個人的に鉱業に興味がない、または所有していないトークン所有者 スペアトークンはそれらを借りることができます
- Giga Wattのクライアントは、次の3つのプールを利用できます。 ビットコインを採掘するためのスラッシュプール、EthereumとLitecoinPool用のNanoPool LTC用
- 透明性:2週間ごとの鉱業施設が利用可能 Wenatchee、WAの訪問者
- 鉱業施設の独自設計
- 電気とメンテナンスの手間がかかりません。ゼロ設定料金

技術情報

技術的な詳細:  WTTはERC-20 Ethereumトークンです 開発者の証拠:  パブリックチーム

%name%ロードマップ

  • May 19

  • Pre-sale start
  • June 2

  • Token Launch book building start. Pre-sale end.
  • July 15

  • 1 Giga Pod completed — 0.75 MW
  • July 31

  • Token Launch book building end
  • 続きを読む
  • August 1

  • 2 Giga Pods completed — 2.4 MW
  • August 7

  • First batch of tokens — 5,400,000 WTT
  • August 15

  • Expansion of the unit — 0.9 MW
  • September 1

  • 3 Giga Pods completed — 4.5 MW
  • September 15

  • 9 Giga Pods completed — 15 MW
  • October 1

  • 3 Giga Pods completed — 4.5 MW
  • November 15

  • 3 Giga Pods completed — 4.2 MW

アクティビティ

Giga Watt チーム

検証済み 0%

注意。確認されていないメンバーは実際にチームのメンバーではないというリスクがあります

Anar Babaev
CMO
未確認
Dmitry Khovratovich
Security and Smart Contract CTO
未確認
Edward Khaptakhaev
Legal counsel
未確認
Leonid Markin
Financial management
未確認
Daria Generalova
Communications and PR
未確認
Dave Carlson
CEO
未確認
Hayden Gill
VP of sales
未確認
Adam West
VP Business Development
未確認
Kyle Sidles
CTO
未確認
Jeffrey Field
Lead Engineer
未確認
Brian Armstrong
Operations Supervisor
未確認
Sinden Harum
Executive Manager
未確認

顧問

検証済み 0%

注意。確認されていないメンバーは実際にチームのメンバーではないというリスクがあります

7 ICO

$50 865 070

Nick Evdokimov
Advisor
未確認
$ 0.0079
-0.29%
Coin Stats
Daily, %:
-0.29%
Weekly, %:
105.09%
Monthly, %:
Market Info
Market Cap:
$ 50.296 K
Volume 24h:
$ 0.1173
Circ. Supply:
6.384 M WTT
Ticker:
WTT
ICO profit
X 3.2716256648936E-5
ICO Price~$240.64

%name%レビュー

crushcrypto.com
review

Opportunities:
- Annual yield of at least 36% if the tokens are rented out
- Savings can be even greater than 36% of token value per year if the tokens are being used for mining coins
- Company is legit – one of the biggest mining company in North America. Founder has been around the mining game for 4 years
- Company is transparent – it hosts open tour twice a month which allow the public to visit the facilities at WA, USA. This is done presumably because there were instances of cryptocurrency mining scams in the past.

Concerns
- The general trend is moving away from Proof-of-Work – once Proof-of-Stake can be proven that it is scalable, all the coins should move towards Proof-of-Stake which render Proof-of-Work and mining obsolete
- Even though mining is profitable now, mining difficulty is going to increase dramatically in the near future
- Asked the company on slack channel about the % of facility being rented out right now – only 23%
- If the demand is as high as they say, how come only 23% of the facility is rented out?
- Obtained opinions about Giga Watt’s services from several cryptocurrency miners – Giga Watt’s pricing is average to high. It sells miners at above retail price.
- Don't really understand the rationale of having this ICO and issuing tokens. If the mining operations is as profitable as it shows on their website, then it is better off for Giga Watt to just renting the facilities out for mining operations.
- Unlike most of the other ICOs, the tokens are not going to be used to facilitate anything (creating a network, a community, used as a virtual currency, etc.). I really don't see a need to issue blockchain tokens.

Conclusion:
I don’t like the ICO because there are several risks that are too great to ignore: 1) the risk of not being able to rent out the tokens, 2) the risk that Proof-of-Stake will replace Proof-of-Work, which makes Proof-of-Work obsolete.
Also, the ICO lasts for nine weeks which is longer than most ICOs. If the hard cap is not reached, then your contributions will be locked up during the entire period. Opportunity cost can be high given that cryptocurrency prices fluctuate so much recently.

続きを読む
  • 情報の更新には時差がある可能性があるため、各ICOプロジェクトに関する正確な情報は、公式Webサイトまたはその他の通信チャネルを通じて検証する必要があります。
  • この情報は、ICO資金への投資に関する提案やアドバイスではありません。関連情報を自分で徹底的に調査し、ICOの参加を決定してください。
  • このコンテンツに関して修正すべき問題や問題があると思われる場合、またはご自身のICOプロジェクトをリストに載せたい場合は、電子メールでご連絡ください。
免責事項とリスクに関する警告をお読みください。 免責事項とリスクの警告を表示します。
    

免責事項&リスクの警告     

このオファーは、オファーと他の一般に公開されている情報によってのみ提供される情報に基づいています。トークンの販売または交換のイベントは、ICOholderとは全く無関係であり、ICOholderはそれに関与していません(技術サポートやプロモーションを含む)。 ICOholderとの関係がない人物からのトークンの売り上げは、顧客が全体のトークンセクター内で行われている活動を追跡するのを助けるためにのみ表示されます。この情報は、あなたが頼りにするべきアドバイスにはなりません。弊社サイトのコンテンツに基づいて、行動を取る、または控える前に、プロフェッショナルまたはスペシャリストの助言を得るか、またはお客様のデューデリジェンスを実施する必要があります。トークンの取得に関してコントリビュータによって入力された条件は、トークンの発行者とトークンの発行者であり、ICOholderはそのようなトークンの販売者ではありません。 ICOholderは、トークンの販売に関して第三者が行ったいかなる表明についても法的責任を負いません。また、契約違反の申し立ては、ここに記載されたトークン発行会社に対して直接行われなければなりません。     

このトークン販売の性質、妥当性または合法性について懸念がある場合は、 [email protected] までご連絡ください。あなたの懸念事項に関する詳細情報と一緒に。

Planning an ICO? We can help with a wide range of support for all stages of your ICO