BOLENUM

BOLENUM

Created using Figma
Created using Figma
アフリカをターゲットとする暗号化サービスプロバイダ。
リスク:非常に高い
2017/07/15
2017/08/14
100% 完成した
$18 606
293
100% ゴール 完成した
past
会社の詳細
登録国
Nigeria
追加の詳細
カテゴリー
プラットフォーム, 暗号化性, ビジネスサービス

約 BOLENUM

Bolenumについて

Bolenumプラットフォーム

Bolenumは、アフリカ大陸をターゲットとし、その後世界的に拡大するための暗号化および金融サービスプロバイダです。私たちのプラットフォームは、すべてのフォームの送金、受領、および交換の安全で簡単な手段を提供します。現在、エジプト、ナイジェリア、ガーナ、南アフリカでサービスを提供するものとする。

Bolenoトークン

Boleno(BLN)は、Bolenumの基本資産であるネイティブトークンです。このプロジェクトでは、Ethereumブロックチェーンによって強化されたエンドツーエンドの送金サービスを作成しようとしています。

Boleno BLNトークンは、Bolenumプロジェクト全体の燃料となり、生態系を強化し、ネットワーク全体で価値を移転するものとする。 BLNトークンは、安全な支払い送金、現地アフリカ通貨への引き出し、ボレニアム市場での買い物、Bolenum取引所での取引手数料の支払い、他のデジタル資産の新規上場に対する支払い、 p>

彼はボレノビデオ賞金


ビデオバウンティに参加したすべてのコミュニティメンバーに感謝したいと思います。慎重に検討した後、Adnan Khalil Algabalによって送られたビデオが選ばれました。したがって、彼は賞金の価格の勝者です。したがって、このビデオはBolenumプロジェクトの所有財産になります。

特徴

- ボレノトークンまたはBLNの目的は、価値のあるストアであり、取引のための安全な支払い手段です。
- ボレニアム取引所を使用して、ナイラやナポリなどのアフリカの通貨通貨に交換することができます。米ドルのような外国為替通貨
- ボレノ取引所は、ピアツーピア取引とピアツーピア・ファット・ファンドによる資金調達が可能なマーケット・ツイストと伝統的な取引特性を組み合わせます。
- ボレノトークンは、ボレニアム取引所と同様にサードパーティの暗号化取引所でも取引することができます。
- ボレニアム取引所と完全に互換性があり、トークンの引き出しと購入を容易にするボレナム財布を提供します< / p>

技術情報

技術的な詳細:&nbsp; Ethereum ERC20トークン ソースコード:&nbsp; いいえ 開発者の証拠:&nbsp; 匿名チーム

%name%ロードマップ

  • Aug 6

  • ICO announced
  • ステージ1

  • プロジェクトのセットアップGitのセットアップデータベースデザインのアクティビティベースの認証ロールのアクティビティマッピング
  • Aug 18

  • Presale starts
  • ステージ2

  • メールサインアップメール確認ソーシャルサインアップ(FacebookとGoogle+)メールログインソーシャルログイン管理別のユーザーを作成して別の役割を割り当てる
  • 続きを読む
  • Aug 23

  • ICO starts
  • ステージ3

  • イメージサーバユーザKYCユーザバンク情報SMSサービス統合2FA AUthentication(SMS)
    2FA(Google Authenticator)Bitcoind設定Ethereum設定BLN設定
  • Q4 2017

  • Wallets launch - allowing users to send and receive tokens, stake and host masternodes. Commence efforts to create STUB community governance. Trading STUB on public cryptocurrency exchanges. Money management consultants engaged for treasury.
  • ステージ4

  • 注文書作成注文BTC / ETH BTC / BLN ETH / BLN BLN /フィアット(ナイラ、ランドなど)BLN /任意のエテリアルトークン
    エスクローの機能と貿易フローの電子メールとSMS通知ビットコインの送信と受信BLNの送信と受信は、ウォレットの作成と送信
  • Q1 2018

  • TokenStub platform on Testweb. Ongoing marketing efforts with venues and performers. Aggressive mid-tier and top-tier influencer marketing campaigns.
  • ステージ5

  • 紛争が発生した場合の紛争の流れユーザ管理管理ユーザごとの管理トランザクション履歴管理ユーザアクティビティとトレードマーク管理者のTRansaction管理各チャットグループの管理ダッシュボード管理者設定ユーザ設定のバグ修正変更要求保守サポート新機能開発
  • Q2 2018

  • Android and iOS STUB wallets release. TokenStub platform public beta release. API development. Partnerships with independent ticketing brokers, venues and entertainers.
  • ボレニアム保障送金送金サービス

  • これは、多くの地方アフリカ地域において、エンドツーエンドの安全な決済ソリューションを提供するものである。これは2018年5月31日に配信されます
  • Q3 2018

  • Android and iOS apps for ticket exchange platform. Mass marketing efforts to promote awareness, increase market share and exert influence on the ticketing industry. Negotiations with Ticketmaster's former exclusive partners. Release of decentralized
    governance to the TokenStub community.
  • クロスボーダー/トークン支払いカード

  • これにより、アフリカの公益事業会社に対して、グローバルかつローカルでシームレスなカード決済サービスが提供されます。これは2019年5月30日に行われる
  • Q4 2018

  • Continue mass marketing efforts for awareness and penetration into foreign markets. STUB Platform upgrades, wallet upgrades, IOS & Android application upgrades.
  • ボレニアムウォレット

  • これにより、主要な携帯電話プラットフォームのほとんどで利用可能な安全で安全な暗号化された暗号化ウォレットが提供されます。これは、2019年12月28日に行われる
  • Q1 2019

  • Aggressive growth in market share along with platform add-ons for fan clubs. Additional APIs for 3rd party software developers. Initiatives for worldwide education and marketing.

アクティビティ

アクティビティ:
938
VERY HIGH
値する:
667
VERY HIGH
投稿:
16
VERY LOW
ビュー:
866
VERY LOW
ユーザー:
13
LOW
フォロワー:
3 553
MEDIUM
ツイート:
861
VERY HIGH
30日間の成長:

BOLENUM チーム

検証済み 0%

注意。確認されていないメンバーは実際にチームのメンバーではないというリスクがあります

Sean McHale
Chief Executive Officer
未確認
Erik Velie, Esq.
Chief Operating Officer
未確認
Dr. Philip Fernbach
Chief Strategy Officer
未確認
Brandon Stuart
Chief Marketing Officer
未確認
1.55
negative
5.0 15
ICO プロフィール ビジョン アクティビティ 潜在的な 製品 チーム

%name%レビュー

bitcoinexchangeguide.com
reviews

Ultimately, cryptocurrency startups are launching all over the world. However, the continent of Africa – which is already underserved by traditional banking institutions – isn’t as well-represented in the world of cryptocurrency. Bolenum wants to change that. The company is targeting its cryptocurrency and financial services at four countries to begin, including South Africa, Nigeria, Egypt, and Ghana, which together account for over 350 million people. In the future, Bolenum wants to expand globally (with a focus on the Global South).

The next step for Bolenum is to launch its digital token, the Boleno token (BLN). The ICO is scheduled to start on July 15, 2017 and last until August 14.

If Bolenum is successful, the company will be able to expand the use of cryptocurrency across the continent of Africa while solving crucial roadblocks along the way. The three core products offered by Bolenum include a wallet, an exchange, and a Boleno Token.

One issue with Bolenum is that there isn’t a lot of technical information in the company’s whitepaper. The whitepaper is just 7 pages long and provides basic information about the company’s goals and anticipated products. We would like to see more concrete information regarding timelines and project development. We also can’t find any information about the founders of the company, or its executive team.

Ultimately, there are some red flags about Bolenum that need to be addressed. The platform claims to have benevolent goals in mind – but we need a lot more information about the project.

続きを読む
  • 情報の更新には時差がある可能性があるため、各ICOプロジェクトに関する正確な情報は、公式Webサイトまたはその他の通信チャネルを通じて検証する必要があります。
  • この情報は、ICO資金への投資に関する提案やアドバイスではありません。関連情報を自分で徹底的に調査し、ICOの参加を決定してください。
  • このコンテンツに関して修正すべき問題や問題があると思われる場合、またはご自身のICOプロジェクトをリストに載せたい場合は、電子メールでご連絡ください。
免責事項とリスクに関する警告をお読みください。 免責事項とリスクの警告を表示します。
    

免責事項&amp;リスクの警告     

このオファーは、オファーと他の一般に公開されている情報によってのみ提供される情報に基づいています。トークンの販売または交換のイベントは、ICOholderとは全く無関係であり、ICOholderはそれに関与していません(技術サポートやプロモーションを含む)。 ICOholderとの関係がない人物からのトークンの売り上げは、顧客が全体のトークンセクター内で行われている活動を追跡するのを助けるためにのみ表示されます。この情報は、あなたが頼りにするべきアドバイスにはなりません。弊社サイトのコンテンツに基づいて、行動を取る、または控える前に、プロフェッショナルまたはスペシャリストの助言を得るか、またはお客様のデューデリジェンスを実施する必要があります。トークンの取得に関してコントリビュータによって入力された条件は、トークンの発行者とトークンの発行者であり、ICOholderはそのようなトークンの販売者ではありません。 ICOholderは、トークンの販売に関して第三者が行ったいかなる表明についても法的責任を負いません。また、契約違反の申し立ては、ここに記載されたトークン発行会社に対して直接行われなければなりません。     

このトークン販売の性質、妥当性または合法性について懸念がある場合は、 [email protected] までご連絡ください。あなたの懸念事項に関する詳細情報と一緒に。

Planning an ICO? We can help with a wide range of support for all stages of your ICO